2015年11月11日

下町のロケット


なんかロケットが流行っているらしいので、写真集を作っておきます。


2232.jpg

左側 LE-7A 比較的新しい
右側 LE-7 古い


LE-7.gif

各部位の名前

液体水素と液体酸素を混合して火を着けて推力を出すという簡単な仕組みだけど、作ってみるとこんなにゴチャゴチャしてしまうという。

ノズルスカートが溶けないように、水素を循環させて冷やしてたりする。

この写真のはノズルスカートが短い低コストバージョンだと思う。
くわしくは知らない。


f0097913_145422100.jpg

接写1。



20343.jpg

接写2。


Mitsubishi_LE-7A.JPG

接写3。


以下、落ちたやつ(H-II 8号機)から引き揚げて展示してあるやつ。

images.jpg

20140427_2258964.jpg

20140427_2258986.jpg

この3枚目の写真は非常に価値が高いです。
なかなか見られるものじゃないと思います。

20140427_2258982.jpg

IMAG0383.jpg

なんか懐かしい感じ。

引き揚げて故障解析して、液体水素側のターボポンプの挙動に問題があったのでインデューサを設計変更したそうです。
マジメですね。

ほかの機種の燃焼室
cosmo15.jpg


写真はすべてネットで収集したものです。
念のため。


下町ロケットというドラマを見たら突っ込みどころが多すぎて笑ってたのですが、たぶんこういうのは言わないほうが良いのでしょうね。


こっちのほうが下町ロケットっぽい。

http://www.uematsudenki-camuirocket.com/


MRJ初飛行の日で、午前中ずっとライブ中継を見ていた割にはなぜかロケットの話題を書くという。
MRJさんはMU-300を随伴させて弊社の上空を飛んでいくのが肉眼で確認できました。

静かで綺麗な機体でしたよ。
posted by yoshiaki at 14:33 | 愛知 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下町ロケットは見る気なし、、なぜならナカシマ工業がでてくるから(笑)。
でも下町ロケットもロケット2も主人公の会社はうまく行きすぎだよなぁ。現実はもっと厳しいのに、、
Posted by まっどだいまる at 2015年11月14日 08:11

まっどだいまるさん


ナカシマ工業は良い当て馬だったみたいですよ。
わたしはたぶん2回くらいしかまともに見てないです。


自分たちの作ったバルブが動作しないとか言って、なぜかミスミで調達したと思われるロケットエンジンのどこにも使われていないボールバルブを一生懸命検査していたシーンでフフッとなりました。

だいたいが、バルブ屋さんがエンジンを分解して検査するなんてことできないですし。


使う前にテストベンチで動作テストするので、燃焼テストで責任の押し付け合いなんて事態にはならないですし。


小説版は読んでないですが、面白いのかな?

Posted by yoshiaki at 2015年11月19日 10:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429432877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック