2014年08月13日

[朗報]不治の病がなおりました 成人アトピー 尋常性乾癬


5年くらい前から成人アトピーのような症状を患っていましたが、治りました。

5年くらい前に、おしりがかゆいぞ〜と思ってたら、ひざのウラ、ひじの内側なども続けて痒くなり、アトピー状の肌荒れになってしまいました。


↓肌荒れ中のひじの内側の写真
<グロ注意><グロ注意>
201408132.jpg
<グロ注意><グロ注意>


5年ほども患っていたわりには写真がおヨメさんの持ってた、この1枚しかありません。
わたしは自分の弱点をあまり記録に残さない性格のようです。
これは比較的マシなときで、ヒドイ時は血が出てるし、皮が厚くてパリパリしてて、ウデを曲げるとひび割れるとかしてました。

アトピーは生死には影響ないと思いますが地味にうっとうしい病気です。

かゆいし、見た目がグロになるし、かゆいのであんまり寝られなかったりするし、聞くところによると不治の病で一生上手に付き合っていくしか無いとか言われるし。
技能的な仕事をしているときに、「痒っ」て手元が狂って製品をオシャカにしたこともあります。

男性は8の倍数の年齢ごとに体質が変わるとか養命酒かなんかのCMで言ってたので、32歳で発症した私はピッタリだね、とか思ってました。

誰か治してくれたら、500万円くらい払っても良いなと思うぐらいでした。

上記のような状態が今年の3月頃までつづいてたのですが、対策を取り始めて2ヶ月くらいでこんな感じに治りました。


<閲覧OK><閲覧OK>
201408131.jpg
<閲覧OK><閲覧OK>


アトピーに似た症状だったのですが、親や兄弟などは発症していないのでアトピーの要件である遺伝的要素はあまりなく、食生活の見直しとかストレス軽減とか、猫アレルギーだからココネ触らないとか、光線治療してみたり、その他いろいろ5年間も迷走したのですが、ついに原因発見。

原因調査の過程で、お嫁さんや社員さんに色々助けてもらいました。

お嫁さんは私が食事で悪いものを摂らないようにと、ナチュラルフードの資格をとって健康的な食事とお弁当を毎日作ってくれました。

社員さんはわたしをアレルゲンの猫から遠ざけるためにココネの面倒をみてくれました。

さて、原因をもったいぶらずに書きますと、

リンパの詰まり

が原因でした。


一般アトピー患者のように、かなり色々なことを試していたのですが(程度の差こそあれ、気持ちはわかると思います)、体の左右で症状の出方が違うな〜ということに以前から気付いていました。

右半身のほうが左半身より症状がヒドイのです。
特にウデ。
でも右の足は別にひどくありません。

なんでかな〜とは思っていたのですが、リンパマッサージの本を読んでいたら、合点がいきました。

リンパってこういう風に左右にアンバランスに分かれているのです。

junkan03.jpg

なんか症状のヒドさの別れ方がこんな感じでした。

そしてリンパの役割は、「排泄機能」と「免疫機能」だとのこと。
http://www.ajoylife.com/lymph/01.html

肌荒れは体の毒素が排泄されず、イヤイヤ皮膚から出てしまうものと言われています。

なんか頭の中でつながったのでリンパマッサージをやってみることにしました。

リンパドレナージュとかリンパマッサージのお店を探してみたのですが、田舎なので近くには見つからず、しかたく自力でやってみました。

基本は鎖骨の上のくぼんだところなので1週間ほどやってみると、ほんのすこ〜し良くなった気がしました。

視力が多少良くなった気もしました。
もともと2.0ですが、もっと良く見えるようになりました。

たいして効果がないと思いましたが、なにせ5年も患っていた不治の病なので気長にやろうと思いました。

朝の通勤中にクルマを運転しながらリンパマッサージをやっていたのですが、あるときわき腹を何気なく触ってみるとすごく痛い事に気づきました。
上のリンパの図の脇のところです。
筋肉痛のような痛みです。

この筋肉を使うような運動はしていないけどな〜とマッサージしていると、それほど痛くなくなりました。
会社に着いてから 小 をもよおして、排尿したものを見ると、うわっとなりました。
すごく茶色いのです。
コーラぐらい。
写真撮ろうと思って携帯取りに行こうと思ったら自動で流れてしまいました。ザンネン。
そこから日に日に良くなって、2ヶ月くらいで写真のように完治しました。
いまでもお嫁さんの作る料理は健康的で美味しいので、当時の療養食っぽいのを続けてもらっています。
これは夫婦の愛の勝利と言えましょう。

同じような症状で困ってる人がいたら役に立つかと思って、書いてみました。
役にたった人がいましたら、コメントください。
posted by yoshiaki at 18:36 | 愛知 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。

原因がわかり症状が良くなって本当によかったですね。

これでお嫁さんと安心してくっつけますね。
Posted by ZENKYU at 2014年08月13日 21:50
ZENKYUさん


ご無沙汰しております。

やはりエンジニアの基本は原因をしっかり特定することですね。


安心してくっつけます。
Posted by ヨシア機 at 2014年08月13日 22:52
かゆみのお供に、PVAというアンテドラッグが入った虫刺され薬をお勧めします。

ムヒアルファEXとか、それの類似品です。

アンテドラッグは皮膚の上では強のステロイドとして働き、血液中に入ると弱のステロイドに変化する成分です。

効果のわりに体に耐性がつきません。

虫刺され薬なので、かゆみにはかなり効果があります。
少しシミますが。
Posted by ヨシア機 at 2014年08月13日 22:59


そういえば、書いておきたいことがあります。


皮膚の病を患うと、まず最初に行くのが皮膚科だと思いますが、まったくオススメしません。


理由は、皮膚科医は非常にバカだからです。


賢い皮膚科医を一度も見たことがありません。


外科医や内科医などのまともな医者になれなかった学力の無い人が、最終的に行き着く誰でもなれるハキダメのような職業、それが皮膚科医です。



皮膚科医はアトピーについていつも「これは原因不明の病気」と言っていて、原因不明なので出来ることは対処療法しかありません。


「原因はわかりませんが、お薬(ステロイド)出しておきますね〜」


と考えなしにいつも言っています。



私たちのような技術者の場合は、なぜこの現象が起きるのか、原因はなんなのか、と追求していって真の原因に対してアプローチを取るのが一般的ですが、皮膚科医にはそれがありません。


論理的にものを考える習慣がないんだと思います。


治そうという責任感も無く、対処療法のステロイドを配るだけのクスリ配りマシーンです。



一言でまとめると、時間のムダです。

Posted by ヨシア機 at 2014年08月14日 11:03
健康法


http://www.net-dental.jp/what,s%20new!.htm

これはジェームス スキナーという人の無限健康法です。



リンパマッサージをやる、水をたくさん飲む、深呼吸をする、の3つを継続しています。


再発していません。

完治ですね。

Posted by yoshiaki at 2015年09月29日 08:29

体内の老廃物を尿によって排出するメニューを以下に示します。
アトピーじゃない人も、美肌になります。


===============================

・朝起きたら、うがいをする


・冷たすぎない水を400ml飲む


・深呼吸を5分間する(吸う2秒 止める8秒 吐く4秒)


・朝イチで排尿する(たぶん色がちょっと濃い)


・リンパマッサージを以下のようにする(15分くらい)
 -鎖骨まわりがリンパ液が戻って来るところなので、特にしっかり
 -肩
 -脇の下(しこりのようなものがあったら、優しく念入りに)
 -わき腹(痛いところを探して4本の指で全体に)
 -脇の下にもどる(鎖骨に向かってリンパを流すように)
 -肩(鎖骨に向かってリンパを流すように)
 -鎖骨まわり
 -首やそけい部、リンパ節の周りの痛いところをなども探してやってみる
 リンパ節が詰まっていると、その周辺に老廃物が溜まるのでリンパ節だけに集中しないで広範囲にやる


・リンパマッサージ後に水を500ml飲む


・朝〜正午までは排泄の時間なので、朝ごはんは摂らない。
 もしくは消化の負担がかからない旬の果物だけ。ヨーグルトなど余計なものを混ぜない。


・たくさん排尿する(泡立つような尿や色の濃い尿が出ているとしたら、それが薄い色になるまで)


・排尿したら、補うように水を飲む


・お昼ごはん前に深呼吸を5分間する(吸う2秒 止める8秒 吐く4秒)


・お昼ごはんは炭水化物と野菜を中心にする
 動物たんぱく質のものは避ける
 油を高温にする調理(揚げ物など)は避ける
 油はリノール酸を含んだものは痒みの原因になるので摂らない(オリーブオイルおすすめ)
 体内の酵素を消耗するので、たくさん食べ過ぎない


・夜ごはんは好きなように
 油を高温にする調理(揚げ物など)は避ける
 油はリノール酸を含んだものは痒みの原因になるので摂らない(オリーブオイルおすすめ)
 体内の酵素を消耗するので、たくさん食べ過ぎない


・入浴する(皮膚の保護のために、たまには入らなくても良い)


・入浴後にリンパマッサージをする


・入浴後に水を400ml飲む(もっとたくさん飲んでも良い)


・寝る前に深呼吸を5分間する(吸う2秒 止める8秒 吐く4秒)


・寝る前に水を400ml飲む


・24時くらいまでには寝る(22時から02時の間は寝ているのがおすすめ)

===============================



飲む水はミネラルウォーターでなくても、家庭用浄水器などでろ過したもので充分です。

鎖骨まわりが全身から流れてくるリンパの最終回収部です。
ここらへんのマッサージだけで、全身にアトピーがあっても良くなります。
足のほうが気になるなら、そけい部、ヒザの内側などもやっても良いです

リンパマッサージでリンパ節に詰まっている老廃物を動かしても、腎臓で処理できる単位時間あたりのキャパシティには限りがあるため毎日継続が必要です。

このテキストはパブリックドメインにします。
周りで同じように困っているかたが居らっしゃったら、ご自分の経験もまじえて教えてあげてください。
Posted by yoshiaki at 2016年04月04日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック