2009年09月20日

刃物 残留

外科医が患者の体内に「刃物残留」をやると新聞沙汰だょな、とくだらないこと考えたのはナイショにして。


いまやってる金型の微細ポケット加工に使ってるφ0.4のエンドミルが飛んで無くならず、なんとか残りました。

200909201.jpg

この写真、携帯で撮影したからぜんぜん刃先が見えてませんけど。


この刃物が飛んじゃうと、すべてが終わるという大きなヤマ場だったので、ふっ飛ばさないようにするためにパスを考えまくりました。

φ1のエンドミルが強くたくましく見えるし、φ2のエンドミルなんてどうやったら折れるの?みたいな感覚になってます。


残念なことに、0.2ccくらいのポケット体積を掘り起こすのに25分もかかる弱気なやりかたですが。


複合ポケット1個に38,000行で807kBのNCファイルが出てくるのが未体験ゾーンです。


CAMの演算量がとても多いので、ふだんはCAMには使わないワークステーションを引っ張り出してきて演算してます。
さすがに早い。


ドキドキしすぎて胃が痛いぃぃぅぅぅぅう。
posted by yoshiaki at 19:13 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕なんか50KB位が最高記録ですよ。。。
2Dの部品加工なら所詮そんなもんですね。

金型屋さんって時には600MB超えると聞きました。
雄鳥さんのカテゴリーならもっと凄いデータ量なんですかね((((;゚Д゚)))
Posted by けん at 2009年09月21日 07:40
けんさん

おなじパスでも、設定輪郭精度を0.01mmにするとデータ量少なくなり、0.001mmにすると3倍くらいに増えたりするので、あんまし容量はアテにならないんですけどね。。。

円弧をG2G3を使わずに点列データで出すとこれもまた。。。


うちもオークマ機で加工するときはがんばって60kBに抑えてデータ出します。

ロボドリルのときは無制限です。
でも小指サイズの部品だからデータ量大したことない。。。


雄鳥さんとこもだけど、孫受けさんとこなんかスゴいんじゃないかな〜。

削った面がテッカテカになってるから、あれはデータ量もスゴいはず。

Posted by ヨシア機 at 2009年09月21日 14:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック