2022年12月28日

シマダ機工 2023年のカレンダー

今年1年たいへんお世話になり、ありがとうございました。

2023年のシマダ機工カレンダーを以下に置きますので、ご参照よろしくお願いいたします。


posted by yoshiaki at 17:23 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

[ 新規設備投資 ] オークマ同時5軸マシニングセンタ MU-6300V-L を導入予定です

事業再構築補助金の第4回で採択されまして、オークマ同時5軸マシニングセンタ MU-6300V-Lを導入予定です。

この記事のPDF版資料はこちらからダウンロードください

スクリーンショット 2022-06-07 132701.png




ざっくりしたスペックとしては、

項目MU-6300V-L
テーブルサイズø630mm
ストロークX1450 Y1150 Z600 A+90/-120 C360°
最大ワーク寸法φ840 高さ450(APCにより高さ100減)
パレットチェンジャ6 APC
主軸仕様HSK-A63旋削仕様7MPスピンドルスルー
主軸回転速度20,000 RPM
工具収納本数200本マトリクス
機械の大きさ(W×D×H)4,850×2,990×3,525(APC込み7m x 7m x 高さ3.5m)
仕様展開旋削あり800RPM
同時5軸仕様ハイスペック/高精度仕様
クーラント仕様
スラッジレスタンク(シマダ機工向け特殊オプション)
クーラントチラー
オイルスキマ

の予定です。

現在はDMG DMU80Tという同時5軸マシニングセンタを所有しており、
同時5軸加工、位置決め5軸加工などで航空機部品、複雑形状部品などを加工しております。


このDMU80Tにくわえて5軸マシニング加工を増強するため、今回は機械の信頼性とアフターサービス体制の素晴らしさからオークマの5軸マシニングセンタを選定しました。


仕様はなるべく自動化省力化できる仕様とし、少ない人数でも自動で昼夜24時間、土日祝日も加工し続けてたくさんの価値を生み出し続ける、ということを目指しました。


ex_whs_cp132-1.jpg
2つのパレットに多面イケールを載せ、
単純形状の大量の製品を昼夜にわたって加工し続けます


加工費が安価なもので多方向からの加工が必要なものでも対応いたします


4軸マシニングセンタのような使い方となります
スクリーンショット 2022-08-23 164103.png
2つのパレットにピラミッド型治具と5軸バイスに載せ、
5軸ならではの複雑形状の小物中物製品を昼夜にわたって加工し続けます


5軸必須の加工でも出来高をどんどん上げていくことで、お客さまに安価で高品質の製品をお届けします


開発試作品などの単品小ロットの部品でもパレットチェンジャと200本のツーリングを使用しているため、すぐに加工する製品を切り替えて割り込み投入させることができます
スクリーンショット 2022-08-23 165016.png
1つのパレットに旋盤治具を載せ、
φ800程度までの立旋盤加工とマシニング加工をします


半導体製造装置部品でヘール加工が必要なシール溝をもつ部品なども対応します


スクリーンショット 2022-08-23 172656.png

1つのパレットは汎用治具を載せ、
φ800程度までの5軸マシニング加工をします。


インバータケースの削り出し開発品
ケース類の開発品
航空機部品
バイクやクルマなどの試作部品

などなど、現在5軸マシニングセンタで行なっている加工に対応します


このような形態でのお仕事を予定しています。



オプション類の選定は、加工のみで面粗度を向上させて磨き作業のリードタイムを削減して迅速にお客さまにお届けできるものや、切削液や切り粉処理など付帯作業を少なくして加工費を下げられるようなオプションを選びました(ほとんど全部盛りになりました)



人員体制は1台の機械に対して3人くらいでCAM作業および段取り作業をする予定です。
CAMはOPENMIND hyperMILL 5台を使用します。


スクリーンショット 2022-08-23 170622.pngスクリーンショット 2022-08-23 170647.png










posted by yoshiaki at 14:31 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

[ 新規設備投資 ] オークマ同時5軸マシニングセンタ MU-6300V-L を導入予定です(フワフワ版)



こちらの記事はフワフワ版の記事になります。

マジメ版投稿記事は以下になりますので、以下をご参照ください。



事業再構築補助金の第4回で採択されまして、オークマ同時5軸マシニングセンタ MU-6300V-Lを導入予定です。

スクリーンショット 2022-06-07 132701.png



ざっくりしたスペックとしては、

項目MU-6300V-L
テーブルサイズø630mm
ストロークX1450 Y1150 Z600 A+90/-120 C360°
最大ワーク寸法φ840 高さ450(APCにより高さ100減)
パレットチェンジャ6 APC
主軸仕様HSK-A63旋削仕様7MPスピンドルスルー
主軸回転速度20,000 RPM
工具収納本数200本マトリクス
機械の大きさ(W×D×H)4,850×2,990×3,525
仕様展開旋削あり800RPM
同時5軸仕様ハイスペック/高精度仕様
クーラント仕様スラッジレスタンク(シマダ機工向け特殊オプション)、クーラントチラー、オイルスキマ

の予定です。


6APCと200本ATCが面積が大きいらしいので現在の工場に赤の線でレイアウトしてみたところ、
スッキリ収まっていて、とてもいい感じです。

機械を4台は工場外に出さないといけないですね!!

FTCo7kjVEAM6Khp.jpg


機械を4台出したとしても南北にキツキツでAPCまわりの作業エリアが取れないようなので、
現工場での運用は諦めて、まだどこになるか不明の第2工場での運用を考えています。




今回の導入のいきさつは以下のようでした。


・DMG DMU80Tが故障しまくる

・だいたい2ヶ月に1回くらいはDMU80Tが致命的な故障をする

・森精機さんのサービスは古いDMG機の面倒も見てくれるので、とっても有り難くほんとうに助かっていますが、サービスの人が来るのに時間がかかる。
なかなか来てくれないので、部品を取り寄せて自力で部品交換作業などが多くてツライ。

・DMU80Tが次から次へと、いろんな部品がどんどん故障して仕事にならないのと、社員さんがDMU80Tで仕事をするのはもとより、仕事の予定をDMU80Tに入れるのを嫌がる(予定を入れておいても故障して納期がなくなった頃にみんなのところに降りかかる)

・たまにオークマの機械が壊れたときに、オークマのサービス体制の素晴らしさにみんなが感動する。
呼んだらほんとにすぐ来る。Amazonの当日宅配より早い。

・主力の航空機関連のお仕事が低空飛行なため、半導体製造装置まわりの量産品の仕事をぼちぼち受注し始めて、夜間にも安全に自動で稼働し続ける設備が欲しくなる

・DMU80Tがそろそろ寿命で5軸マシニングセンタを更新しないといけないのと、オークマのサービス体制の素晴らしさからオークマの5軸マシニングセンタと大雑把に決める(初期は国産機であれば、、、と牧野フライス製作所のDA300に仮選定していたが、ストロークが弊社の仕事に合わなかったので選定から外してオークマになる)

・「同時5軸の動きとか制御装置の使いやすさとかで選定するとハイデンハイン搭載のドイツ機ですよ!」という有識者の言葉に
「あ、じぶんドイツ機はもうコリゴリなんで国産機で」と耳を貸さない感じ。

・「ハイデンハイン搭載機の動きとかポルシェみたいなんですよ!」に対して
「あ、じぶんトヨタ プロボックスみたいな安定感が欲しいんで」と耳を貸さない感じ。

・「ハイデンハイン搭載機にオプション盛り盛りで」に対して
「あ、じぶんトヨタ プロボックス WRC2023みたいなダサい(失礼)ベース車両に盛りチューンな仕様が好きなんで」と耳を貸さない感じ。
EFdUA-MUwAMQbga.jpg

・どうせ再構築補助金?とかなんとか?なかなか採択されないんでしょ?ちょっと試しに行ってみる?というノリで12月の第4次公募にコンサルタントを使わず自力で申請書を作って応募してみたら、なぜか1発採択される

・3月はじめに採択されたものの、「え、ほんとに?買っていいの?うち大丈夫?まさか1発で採択されるとは思ってなくて、、、」みたいな逡巡をくりかえして6月になってしまっている(まだ交付申請書を提出していない)

・レイアウト図をオークマさんに出してもらって現工場にレイアウトしてみたら、ぜんぜん入らないので第2工場を探し始める



という感じになっています!

いまだにほんとに大丈夫、ウチ?の状態です!(財務的と置く場所的に)


事業計画書をいま読み返して見ても、コンセプトとしては間違っていないはずなんです。
なるべく人手をかけずに省力化して、少ない人数でも自動で昼夜24時間、土日祝日も加工し続けてたくさんの価値を生み出し続ける、ということを目指しました。
オプションなんかも加工後に磨き作業をしなくても良くしたり、切削液の処理や切り粉処理などの加工ではない付帯時間をなるべく少なくできるように考えて選びました(というか全部盛りにしました)

人員体制もちゃんと整っています。
1台の機械に3人くらいで寄ってたかってCAM作業をし、段取り作業をする予定です。


でも何か自信が無い、、、その理由は、、、、仕事が少ないこと、、、、




posted by yoshiaki at 17:09 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月28日

シマダ機工 2022年のカレンダー

弊社の2022年のカレンダーを以下に置きますので、ご参照お願いいたします。






posted by yoshiaki at 11:20 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする