2017年07月05日

TOC ICO 認定Jonah(ジョナ)になりました



ジョナコースを修了して、認定Jonah(ジョナ)になりました。

19642431_1425726370843234_3014477684927086285_n.jpg


19601141_1425726400843231_1720911952305070351_n.jpg


わーい。


1ヶ月くらい前からジョナコースに取り組んでいました。
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/450574257.html

セミナーパンフ http://www.goal-consulting.com/seminar/jonah170603.pdf (超オススメ)



ジョナとは、製造業のマネジメントをしている人では読んでいないほうが珍しいくらいの「ザ・ゴール」の中に出てくる登場人物の名を冠した資格です。


  

私の妻や社員さんもザ・ゴールは読んでるので、私の周りでは実に馴染み深い本。


私がザ・ゴールに出会った頃の話は以下にまとめてあります。

・TOC思考プロセスとの出会い編 (1) http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/441682406.html
・TOC思考プロセスとの出会い編 (2) http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/441684191.html
・TOC思考プロセスとの出会い編 (3) http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/441701746.html
・TOC思考プロセスとの出会い編 (4) http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/441704445.html
・TOC思考プロセスとの出会い編 (5) http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/441708480.html



ざっとそのジョナという登場人物の説明をしておくと、、、

・あと3ヶ月で閉鎖させられると決まった工場の工場長、アレックスロゴが行ってた大学の元先生。

・すごく忙しい人で、なかなかつかまらない。

・なぜか会社経営の指標について、素晴らしい知見をもっている。(TOIEだけ見る)

・あんまり教えてくれない。

・強烈に急所を突く質問をしてくる。

・どういう意図の質問なのか質問返しすると、すぐに「もう行かなきゃ」と言ってどっか行ってしまう。

・どっか行っちゃうので、話をした人は自分で「どういうことか」と考えさせられる。

・アレックスロゴが意識高い系でできるやつだと見抜いているから、そうしているとのウワサ。普通だとそのまま工場潰れてそう。

・「調子どう?」と自分から電話をかけてくることもある。

・自分から電話をかけてきたくせに、すぐに「もう行かなきゃ」と言って電話を切ってしまう。


という、「教えない」、「考えさせる」を基本にした人です。

コンサルタントがこんな感じだったらすぐにクビになると思いますが、この人物は 始祖ジョナ なので。


わたしは電話で話すのも好きだし、懇切丁寧に教えるタイプなのでこの 始祖ジョナ とは人物像が違いますが、この人物の役割を担うのが 認定ジョナ です。


ちなみにこのジョナコースでも思考プロセスを教えてはもらえますが、ずっと「考えさせる」のスタイルでした。

自分で考えることで身に付くし、やってみることで脊髄反射レベルまで身に染みるのです。

このセミナーから帰ってくると周りの人に「なんかやつれてますね」と心配されるくらい、トレーニングを積んでエネルギーを燃やしていました。


資格の名前はザ・ゴールに出てきた「ジョナ」なのですが、実はセミナーの中身はザ・ゴール2で紹介されている「思考プロセス」のほうだというのが、名前とちょっとチグハグ感w

こっちでは、ジョナはロゴ夫妻の思い出話の中でしか出てきません。

  




さて、めでたくジョナとなったので、「直感ヒラメキ」型の経営スタイルを、「直感ヒラメキよく考える」型のスタイルにして大躍進したいと思います。



また、さまざまな社会問題も視覚化して解決の一助となるように頑張りたいと思います。

問題解決アプリsekasuku[セカスク]  https://sekasuku.com/


まだひよっこジョナなので、自分のトレーニングも兼ねてsekasukuの中にわたしが常駐して無料で経営コンサルティングをしたいと思います。

一応得意分野は 製造業 になります。

大企業に8年ほど所属していたことも有るので大企業の全体最適ももちろんできると思いますが、中小企業をパワーアップするほうが楽しいですよね。

ジョナとしては ひよっこ ですが、業種的に成長させるのが難しい部品加工の製造業で、組織化してラットレースから抜け出しているという実績がありますので中小企業のコンサルティングには向いていると思います。


ご希望のかたはsekasukuにログインして、私に個人チャットで話しかけてください。

アカウント名: yoshiaki です。

全体チャットで叫んでもらっても良いですよ。


https://sekasuku.com/


posted by yoshiaki at 10:04 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

本日から新人が入社しました(情報技師)



お久しぶりに新人が入社して、8人体制になりました。


採用したのは情報技師候補、22歳の女性です。



新人入社のときの恒例となった集合写真は天気が悪くて撮れていないので、かわりにさいきんお昼ごはんで食べた海産物の集合写真でも載せておきますね。

1C1502B5-2B7B-4A5F-97B0-62163D414537.JPG


前回入社の記事は2014年06月なので、3年も前になるのですね。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/398591049.html


会社がだいぶ組織だってきて事務作業全般がとても増えており、なおかつ代表取締役が仕事をしないため情報技師の仕事負担がなかなか大変な状況になっていました。


情報技師は情報を取り扱うだけでなく、お給料計算や社会保険などの総務系の仕事をしたり、経理の仕事もしたり、お客さんのところに納品行ったり梱包発送したり、電話嫌いな代表取締役に変わって電話に出たり、マーケティングしたり、掃除したり、おやつを買ったりなどの多岐にわたる仕事をおこないます。


1人ではキツイですよね。
代表取締役は仕事しないし。


というわけで、情報技師を多重化 / 冗長化しようというコンセプトで今回の採用にいたりました。


しばらくは現在のエース情報技師のもとでシステムエンジニアとしての基本を学び、未来のエース情報エンジニアになっていただきたいと思っています。



posted by yoshiaki at 17:47 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

[自社製品] ハンドスピにゃー 


弊社の社員さんが、バカ売れの自社商品を開発しました。

IMG_1974.JPG

ハンドスピナーという名前で手の中でクルクル回して遊ぶという、どうでも良


画期的なおもちゃです!!


もともとはADHDの人とかの気を紛らわせるための医療器具として生まれたものらしいですが、オフィスワークなどでストレスが溜まるような人とかに流行っているらしいです。


半年くらい前から欧米方面で流行っているらしいですが、日本でも話が出始めたころに流行りモノにすぐ飛びつ


流行の最先端をいく弊社のYMD社員が買って試してみたところ、現在の市販品はジャーっと音がする質感の悪い中国製ばかりだったので自分で作ってみようと思ったそうです。


というわけで、本体の素材選定やデザイン、機械加工、表面の磨き処理や、ベアリングのチューニングまでをYMD社員がぜんぶ1人でやって、とても滑らかで静かに回るハンドスピにゃーを誕生させました。

デザインも機械加工屋さんっぽく、削り出しでボールエンドミルの加工目が美しく出るように調整しています。

こだわりすぎて作るのすごく面倒くさいみたいですが。。。


会社があまり忙しくないときは商品開発などを普通の業務時間におこなうのですが、なんだか航空機業界のゴールドラッシュと時期がかぶってしまったため、残業や持ち帰りで夜な夜な開発を進めたようです。


これを開発したよーとTwitterで告知したところ、すぐに東京大学のクイズ王 伊沢さまが運営するQuizKnock(クイズノック)さまにも取り上げて頂けるなど、日本初の[完全日本製]ハンドスピナーっぽい扱いをしていただきました。





ハンドスピにゃーの紹介ページはこちら。

http://quizknock.com/hand-spinner-nya/


QuizKnock(クイズノック)さまは、クイズを切り口にした凄く楽しいメディアですね。

毎朝更新される朝Knockなんかは定期購読にとても良いと思います。

http://quizknock.com/category/morning/




東急ハンズ名古屋店さま(JR名古屋タカシマヤ内)の店舗販売でも扱っていただけるなど、なんだかすごい勢いです。

https://nagoya.tokyu-hands.co.jp/sp/topics/detail.html?post=2348

先週くらいに店舗販売していただいたのですが、お昼すぎには完売となりました。

なかなか生産が追いつかない状態ですが、東急ハンズさまでは6月17日に再販していただけることになりました。

お近くの方は、ぜひお買い求めください。


弊社の販売サイトでも販売(売り切れているので予約販売です。届くまでにけっこう時間がかかりますので、早く欲しいかたは東急ハンズの方が良いと思います。)しておりますので、興味がありましたらどうぞお買い求めください。




販売を始めるとBASEからじゃんじゃん [商品購入通知:BASEショップにて商品が購入されました。]のメールが来るので、うれしいような、忙しくて大変なような。

本日第2ロットの一部を出荷します。


IMG_1976.JPGIMG_1977.JPG

出荷作業もなかなか大変。



posted by yoshiaki at 13:12 | 愛知 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

5軸用にバイスを買ってみた



IMG_1958.JPG


LANGのMakro Grip( http://www.aichi-sangyo.co.jp/products/lang/MakroGrip_CenteringVice.html )に似てるけど、Schunkのヤツです。


LANGのはこういうの ( http://www.aichi-sangyo.co.jp/products/lang/StampingUnit.html )でスタンプマークをワークにつけておかないと使えないですが、Schunkのはスタンプなしでそのままガッチリつかめるとのこと。



LANGのMakro Gripは把握力 77シリーズで 14kNだそうです( https://www.lang-technik.de/en/produkt/makro-grip-77-zentrierspanner.html )が、Schunkのウチが買ったやつは25kNの把握力。


ガシッと食いつきました。

92B4B3B1-88BB-4886-9E70-E13D6023FBC2.JPG



Schunkの人いわく、LANG製品を採用していたところで、どんどんLANG製品を駆逐してSchunk製品に切り替わっていってるそうです。



ウチが使っているお手製のコレ( http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/382690146.html )よりは設計は劣りますが、まあ市販品としては上出来じゃないかと思います。


このSchunkのバイスは、この前オークママシンフェアに行った時に置いてあるのを見かけて、社員さんが「これ欲しい!」と言って買ってました。


社員さんたち、前職で工具や材料を買うときにイチイチ上司の許可を取らないといけなかったのが染み付いているせいか「買っていいですか?」と聞いてくるんですけど、ヘンなものは買わないと信頼しているので、そのまま買えば良いと思うんですよね。


posted by yoshiaki at 10:43 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする