2016年04月11日

ジェットエンジン


このあいだ、まえ勤めてた会社の人と会って、こういう本があると教えてもらったので買いました。



Rolls Royce発行のジェットエンジンのまとめ本。

挿絵とかが、関係者じゃないとなかなか見られないようなヤツを使ってて貴重です。


2011年発行の本なので、Trent1000の話題がすこし載ってました。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/218949060.html


いまだに787は乗ったことないです。

posted by yoshiaki at 11:51 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

クレーター特集


セダンクレーター



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E6%A0%B8%E5%AE%9F%E9%A8%93



チャガン湖




http://karapaia.livedoor.biz/archives/52212013.html



クレーター特集を作ろうと思ったんですが、すでに良いまとめがありました。

http://matome.naver.jp/odai/2132097760276474701

行ってみたいところと、近づくと死ねるところがありますね。


Google Mapを見ていると、知らない間に時間が過ぎています。


西沙諸島ウッディー島




南沙諸島の滑走路が有る島




その近くのスビ環礁




https://thepage.jp/detail/20150818-00000002-wordleaf
posted by yoshiaki at 12:36 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

今年も良いお正月


とりあえず書き初めしました。

IMG_7340.JPG

今年の会社用は「熟成」

現在の体制で熟成させ、十分な成功を収めようと思います。

個人用は「挑戦」

新規事業で挑戦します。
おヨメさんも今年は「挑戦」だそうです。



お正月恒例でお餅つきをしました。

FullSizeRender 2.jpg

IMG_7281.JPG

ちょっと餅米を蒸しすぎて柔らかすぎでしたけど、みんなつきたてのお餅は美味しいと喜んでいました。


そのあとで羽根つきの代わりにバドミントンとかやってたのですが。。。

IMG_7289.JPG

若者たちがバドミントンをやっているのを後ろから眺めるおばあちゃん(74歳)。。。


じれったくなって参戦!



若者を叩きのめす!w


バドミントンに30分くらいフル参戦したあとに、バスケのパス練にも手を出すおばあちゃん。




楽しかったみたいですw



凧あげは良いのが売ってなくて、中止。

正月明けに社員さんたちともう何回か餅つきをしようと計画中です。


今年も良いお正月の過ごしかたが出来ました。
posted by yoshiaki at 13:17 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

ロケット


IMG_6941.JPG

先日行われたH-IIA 29号機の打ち上げ、前回のMRJ初フライトに引き続き、情報技師からのサジェストによりライブで見ることになりました。
さすがインフォメーション担当。



謎の船舶侵入でちょっとだけ発射が遅れたものの、無事に打ち上がって良かったです。

d910537fb91a8355c03f4b9b6a0a9719.jpg



わたしがMHI社内にいたときは航空機エンジン担当だったので航空機のイベントは多少興味がありましたが、ロケットの方はあんまり関心がありませんでした。

なんか社内でもあんまりアナウンスが無かったんですよね。

ライブ放送の視聴者数、MRJの初フライトは100万人くらいがUstreamで見ていたのに対して、今回のロケット打ち上げはyoutubeで4万人なので世間も似たような。。。下町ロケット効果が出てませんね。

まあ29号機だしね!

今回の打ち上げは恒例の「りふとーふ」がちょっと遅かったですね。

4基のSRBで加速が早すぎたのかなw


打ち上げの合間に今回のロケットの特徴の説明をしていましたが、けっこう初めて知ったことがあって勉強になりました。


日本は北緯30度くらいの種子島からロケット打ち上げしていますが、これが商業的に不利なんだそうです。
もちろん赤道付近で打ち上げたほうが有利だというのは知っていますが、遠心力の違いで燃料いっぱい食うからだと思っていました。(たしかそういう説明を受けた覚えがある)


静止軌道(赤道上)に対して緯度が大きい射場から打上げられると、トランスファー軌道に打上げられた人工衛星が自力で軌道の角度修正をしてドリフト軌道を進んでいくため燃料いっぱい食うので、姿勢制御に使える燃料が少なくなって衛星の寿命が短くなるそうです。

人工衛星のユーザーとしてはバカ高い衛星はなるべく長く使いたいので、静止軌道上での残存燃料を多く持っていたいのです。
したがって人工衛星ユーザーは軌道の角度修正に燃料を消費しなくて済む赤道近辺の射場での打ち上げを希望するのだそうです。

SAT-LAUNCH2.GIF


ロケット側の都合じゃなくて衛星側の都合だったんですね。


この問題点に対して、H-IIAの2段目ロケットエンジンであるLE-5Bが頑張って宇宙空間で再着火しまくってドリフト軌道も運んでくれるので、人工衛星が角度修正で燃料を使うことなくロケットエンジンがそれを負担してくれるので、緯度が高い種子島から打上げられた人工衛星でも寿命が長いんだぜ!という衛星にやさしい打上げ方法になったんだそうです。

imgs_1600.jpg

1124002ロケット.jpg

再々着火とか、スゴいことなんですよ。


アリアン打上げ場の北緯5度ギアナ宇宙センターとか場所が良いのでもともと衛星にはやさしく、ロケットも近々アリアン6にアップデートされるのでなかなか手ごわい相手だと思いますが、北緯28度ケープカナベラルや、プロトンを打ち上げる北緯45度バイコヌールとは良い勝負になるのではないかと期待。

lif1511240029-n1.jpg


https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zRA2tj0acku0.kZe-G8FcMLmE&hl=en_JP


最近ニッポン来てますね〜。


あ、H-IIA打ち上げ費用を安くするために、もっと下町の工場を活用したほうが良いですよ。
バルブとかねw


posted by yoshiaki at 17:28 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

地下


私は鉱物に興味を持っていて、いつかは飛行石を手に入れたいと常々思っているのですが。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/419963607.html 石
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/420390970.html 生命と時間
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/425328034.html 石


旅行に行くと、だいたい現地で石を拾って帰ってきます。
自宅の本棚に隕石とか珊瑚とか普通の石とかいっぱい。


この動画をみたら、ドリルカーをわが社で作らないと!と思いました。





いままで人類ががんばって掘ったのは、ロシアのコラ半島で12kmくらいだそうです。

http://logmi.jp/106428


うーん、なかなか。

posted by yoshiaki at 09:49 | 愛知 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

MRJ











11月11日、MRJが初フライトの日だとは知っていたものの、あまり関心がなかったためポケーッとしていたら「今日はMRJの初飛行の日だとか」と情報技師が言いました。

ああそう言えばそうだった。
ネットで中継するかもな〜とUstreamを見てみたら、まさにいまから滑走路に入るところでした。


MRJの仕事はよく出回っているものの、あまりにも商売にならないナイスな価格なので忌避していましたが、飛ぶとなるとちょっと興味がわきますねw


離陸は機体が軽かったせいか、すごく短い滑走距離で離陸しましたね。

飛んだな〜!となったすぐ後、あ、このコースはうちの会社の上を飛ぶわ〜と思っていたらシュイーンというエンジン音で上空にやって来ました。

機体をキラキラさせながら自衛隊機とMU-300を伴って東方へと飛んでいきました。


富士山一周とかするのかと思ってましたが、渥美半島の南の方の自衛隊機の演習コース?を飛んでいたようです。

フライトレーダーでどこを飛んでいるか、追っかけました。

201511131.jpg


まあ、そんなことをやっていたら午前中はなんも仕事できませんでしたね。


機体は主翼に737みたいなウィングレットが付いてるんですね。
よく売れてる機体のイイトコどりで研究費削減を/rya


エンジンはさすがP&WのGTF、静かでとても良さそうと思いました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC_PW1000G

787で受注できなかった悔しさをMRJに買うよね?買ってくれるよね?ぼくたち長年のパートナーだよね?と言ってぶつけた感がありますが、ミリオタはP&Wの設計が一番だって分かってると思うんだけどなぁ。


機体の仕事はまあやらないとして、エンジンの仕事はよく売れるようだったらやりたいな。


うちに帰ってから珍しくTVをつけてニュースを見ました。

どっかのTV局が「風たちぬでやってたゼロ戦の技術をどうのこうの〜」とか言ってましたが、エンジンは鬼畜米英(笑)とのコラボですけどそこらへん大丈夫ですか。

posted by yoshiaki at 13:07 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

下町のロケット


なんかロケットが流行っているらしいので、写真集を作っておきます。


2232.jpg

左側 LE-7A 比較的新しい
右側 LE-7 古い


LE-7.gif

各部位の名前

液体水素と液体酸素を混合して火を着けて推力を出すという簡単な仕組みだけど、作ってみるとこんなにゴチャゴチャしてしまうという。

ノズルスカートが溶けないように、水素を循環させて冷やしてたりする。

この写真のはノズルスカートが短い低コストバージョンだと思う。
くわしくは知らない。


f0097913_145422100.jpg

接写1。



20343.jpg

接写2。


Mitsubishi_LE-7A.JPG

接写3。


以下、落ちたやつ(H-II 8号機)から引き揚げて展示してあるやつ。

images.jpg

20140427_2258964.jpg

20140427_2258986.jpg

この3枚目の写真は非常に価値が高いです。
なかなか見られるものじゃないと思います。

20140427_2258982.jpg

IMAG0383.jpg

なんか懐かしい感じ。

引き揚げて故障解析して、液体水素側のターボポンプの挙動に問題があったのでインデューサを設計変更したそうです。
マジメですね。

ほかの機種の燃焼室
cosmo15.jpg


写真はすべてネットで収集したものです。
念のため。


下町ロケットというドラマを見たら突っ込みどころが多すぎて笑ってたのですが、たぶんこういうのは言わないほうが良いのでしょうね。


こっちのほうが下町ロケットっぽい。

http://www.uematsudenki-camuirocket.com/


MRJ初飛行の日で、午前中ずっとライブ中継を見ていた割にはなぜかロケットの話題を書くという。
MRJさんはMU-300を随伴させて弊社の上空を飛んでいくのが肉眼で確認できました。

静かで綺麗な機体でしたよ。
posted by yoshiaki at 14:33 | 愛知 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

桜ともみじ


神社を散歩していたら、もみじと桜が同時に楽しめるところがありました。

IMG_6873.JPG

posted by yoshiaki at 15:47 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

要塞のような島


むかし、まだリーマンショック前で天然ガスがすごく高かったころ、ロシアのガスプロムやら、カタールやらが調子づいてました。

ノルウェイもスタットオイル社がハンメルフェスト近辺の島にLNGプラントを建設しているとNHKの特集でやっていました。

総工費1兆円超えですが、こんなん4年で取り返せるぜ〜と言ってました。

http://waratte.nosmilenolife.jp/edn/edn080611.html



なぜかさいきん唐突に思い出して、googleMapでどこらへんだろうと見てみました。


https://www.google.co.jp/maps/place/70%C2%B041'16.5%22N+23%C2%B035'53.8%22E/@70.7412585,23.4731316,2159a,20y,144h,77.73t/data=!3m1!1e3!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

(PCだとshiftキーやctrlキーを押しながらマウスの左ドラッグで角度変えられます。スマホはたぶん2本の指でドラッグすると角度変えられます。)

もう完成してだいぶ前から稼働していると思いますが、写真はまだ完成前の時のもののようです。

アークティックプリンセスが寄港していますね。


バレンツ海と北極海の氷がなにがしかの理由で少なくなったので、スエズ運河シンガポール経由日本行きから、北極海ベーリング海峡経由日本行きという面白い航路で日本に来るようになっているそうです。

d00099_fig02.jpg

 (゜д゜)<あらやだ! ものすごい近道。


タンカーの前に砕氷船に走ってもらって氷を割りながら進むらしいです。

リーマンショック後は天然ガスが安くなってしまっているので、採算とれるのかわかりませんが。

http://finviz.com/futures_charts.ashx?t=NG&p=m1

posted by yoshiaki at 13:52 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

楽しそう


社員さんが楽しそうに仕事をしていたので、撮ってみました。

IMG_6368.JPG


納期の都合により設備2台を使用して仕事を進めているのですが、治具のプレートが1個しかないのに設備間をまたぐ工程となっているため、治具をすばやく移動しようと2人がかりで急いでネジを外しているようです。


その製品が技術的に加工できるのかという検証もソコソコにして、垂直立ち上げで生産することになってしまったので治具の投入が追いつかず、この写真のような風景となりました。


設備のほうを止めて治具に集中しているので、どこにボトルネックがあるかをちゃんと認識できているようですね。
(明日から治具は複数持ちになります。)


たまにはこういう火のついたプロジェクトのヘルプも良いものだと思いました。

お客さまに感謝していいただけて救世主あつかいしてもらえるのと、他社さんがぜんぜん加工出来なかったというものを自分たちがスイスイと加工できると、なんか楽しい気分になるみたいです。

posted by yoshiaki at 20:54 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

こうじ


わたくしの嫁がパワフルな主婦層に囲まれた職場に勤めております。
最近その職場で "塩こうじ" は自分で作ったほうが美味しくていっぱい出来るという話を聞いたらしく、教えてくれました。

塩こうじというもの、けっこう前に流行ってたのでスーパーでチューブのやつを買って使った覚えがありますが、塩味の甘酒のようなもので、コクのある塩味。
そんなに流行るほど美味しいか?という認識だったのですが、使いかたを間違っていたようです。

これはソースのようにかけて使うとただの塩味調味料ですが、漬け込んで使うと真価を発揮するものでした。

ちゃんと使ってみようということでお肉の表面に塩こうじを塗って30分程度おいてから焼いただけのものをお嫁さんが作ってくれましたが、エイジングされたお肉のように旨味があり、食感もとても良かったです。

パッケージによると、

「こうじの中にたくさんの消化酵素が含まれていて、食材のたんぱく質やデンプンを分解してアミノ酸や糖を生成し、美味しく、消化吸収されやすくします」

だそうです。

とても気に入ったのでお嫁さんの職場の先輩たちが言っていたように自分たちで塩こうじを作ってみようということで、スーパーで "板こうじ" を買いました。
あんまり意識したことがなかったので知りませんでしたが、ふつうにスーパーにこんなものが売ってるんですね。

http://www.isesou.co.jp/


作り方はこんな感じでとても簡単です。




伊勢惣さんの作り方のページもあるけど、ちょっと挙動不審なのが気になる。

http://www.isesou.co.jp/kouji/shiokouji.shtml



さいきん会社の事務所でぬか漬けをつける人も現れたし、発酵食品の自作ブームきてますね。

田舎なので近所の人は自分の家で味噌を作っているところもあるらしいですが、なんかスーパーに完成品が置いてあるので発酵食品を自作するという概念が無かったのです。



塩こうじが出来るまで、こうじの読みものを読んで勉強してみたいと思います。

http://www.isesou.co.jp/kouji/index.shtml

http://ameblo.jp/dr-kimbow/entry-11192997499.html



こうじの美白水(以下リンクのレシピの一番下)にも興味がある。。。

http://www.isesou.co.jp/kouji/recipe.shtml


これがあったらSK-Uいらないでしょ。

http://www.sk-ii.jp/ja/the-miracle-of-pitera.aspx

posted by yoshiaki at 12:01 | 愛知 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

福島正伸さんの 真経営学


福島正伸さんの「真経営学」、限定1000セットですが販売開始直後にポチして買うことが出来ました。
iPhoneに入れて、通勤中などに聞こうと思います。


IMG_6230.JPG

写真にあるオクラはCDの大きさが分からないといけないと思って、サイズ比較用に置いておきました。
情報技師が生産したものです。




販売ページは消えてしまったようなので、福島正伸さんの紹介用にトップページを貼っておきます。

http://www.entre.co.jp/index_top.html


むかし村田ボーリング技研さん主催の講演に行って、とても印象深かったかたです。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/183775901.html


仕事が終わって帰る時に、「お疲れさまでした〜」と言って帰るのではなくて、「世界を変えてきます!」と言って会社から出かけるスタイルにするとテンション上がるよ、と教えてくれたかたでも有ります。


まあ、すごいヘンな人ですよ。

posted by yoshiaki at 18:44 | 愛知 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

ハチの巣


IMG_6140.JPG


コルト M1911です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/M1911

これでハチの巣にしてやる的な。





ではなくてですね。


この時期になるとハチの巣が建物の軒下にたくさん出来るので、それを撃ち落とすのに調度良いと思って買ってみました。

竿とかで取るよりも効率的です。


さっそくアシナガバチの巣を4個ほど除去しました。

3年くらい前にアシナガバチに刺された時に、すごくダルくなって下痢もして病院に行ったのですが、次に刺されると危険かもよ、と言われたので予防です。

2年くらい前は業者さんにハチの巣を取ってもらったのですが、掃除機でとってましたね。


買ったのはコレです。




このエアガンはすごく真っ直ぐ弾が飛ぶので、ビシバシ撃ち落とせます。
風がなければ20mくらい先の500円玉でも当てられそうです。


屋外で使用するため弾の回収が出来ないので、生分解性プラスチックの弾にしました。




ハチの巣とりがちょっと楽しいです。
posted by yoshiaki at 17:17 | 愛知 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

justice


世界を救うためには何が正義であるのかを把握しておく必要がありますので、すごく文系な勉強をしています。

ユーザには正義、原則に基づいた議論によって世界を変えていって欲しいので、システムがそれを促すように設計したいからです。


正義の講義で高名なマイケルサンデルのハーバード白熱教室@東京大学の動画をiTunes Uで見てます。

http://todai.tv/contents-list/events/ujv9zy/ujv9zy
(非iTunesユーザのために東大TVのリンクにしておきました)


沢山の人の命を救うためには1人の人を殺してでも、残りが生き延びても良いと考える功利主義者は、このケースだと冷酷非道だと非難されるのに、お金持ちに重課税して貧しいたくさんの人を助けるというケースだと拍手喝采を浴びます。
(功利主義とはなるべくたくさんの人をなるべく幸福にすることを原則にする主義)

同じ功利主義でもケースが違うとまったく違う評価になることを学生と議論しながら浮かび上がらせるという面白い講義のしかたをします。

顔がプーチンさんに似ててちょっと恐いんですけど。

他に普遍的な道徳を基準にものごとを考えるカント主義、生まれや習慣によって正義は変わるでしょうと考えるアリストテレス的な主義と、先ほどの功利主義の3つの視点から正義とは何かを学生と共に議論します。


結論らしきものは出ませんが、たいへんに面白い講義でした。


iTunes Universityはすごいです。

英語の講義ばかりなので完全に内容把握するのは困難ですが、Stanford Univ.のテック関連の講義もたくさんあって楽しいです。

iTunes Uだけでapple支持派になる理由が出来ますね。

posted by yoshiaki at 22:26 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

生命と時間


たまたま立ち寄った石の博物館から興味が始まって、お嫁さんが買ってきた「宇宙のヒミツ」を読んでからというもの、少しサイエンス熱が出てきました。

まったくなんにも無かったところから、あり得ないような確率で唐突にビッグバンして、それでも水素とヘリウムしか無かったようなところから核融合を繰り返して物質がどんどん出来ていくなんて面白すぎます。

質量が無かったところから、どんどん質量が増えてるってことですよね。

それで物質だけでなく、我思うゆえに我ありとか言っちゃうような生命が出来るなんて。。。?

何もないところから宇宙ができるという凄い偶然が実現されたくらいだから、生命ができるのは大した確率じゃないのかと思って調べてみると、やっぱりなかなか難しいんじゃないかな、と思います。

http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/7187738.html

この人の書いてること検証してませんけど。
でも、すごく長い時間をかけたとしても、生命が生まれることは不自然なことのように思えてきます。

彗星(汚れた雪だるま)にくっついていたであろう、なにがしかの完成された細胞が地球に降り注いで、それが育ったのが地球の生命かなと考えました。

たぶん植物、昆虫、脊椎動物など、それぞれ進化したんじゃなくて色んな星から色んな種類の細胞をもらって来てるのかも。

どこでその元々の細胞が発生したのか、というのは分かりませんが。

たぶんキー坊は宇宙のどこかに居る!

526x297-bc1.jpg



さっきのリンクで進化論も生命の誕生もどっちも怪しいよ、と書いてありましたが。

まあ、でも似てますよね。
猿と人間。

猿の細胞が宇宙から降り注いで、人間の細胞が宇宙から降り注いで、魚も、鳥も、トカゲも、なんてさすがにそんなに頻繁に細胞は降り注がないでしょう。

多少は派生すると思います。

人間は400万年くらい前にアフリカの南のほうで猿から派生して、長い時間をかけて進化して世界中にちらばって住むようになったと習ったように思います。

evolution-variations11-1.jpg


これも調べてみました。

http://www14.plala.or.jp/tm86/newpage3.html

やはり、どうも猿から時間をかけて進化したわけではなさそう。
ファーブルさんのところの説明が面白い。


まあ読んで思うのは、長い時間をかけた派生ではなくて、知的な何者かによる遺伝子への介入ですかね。


ある時代に前駆生物が全く居ないのに、いきなり完成型で現れる生物がいるそうです。
三葉虫とか魚とか、人間もそうです。

人間が栽培してる小麦とかも、野生のものと栽培品種では別の生物と言えるくらい染色体の数が違うとか。

現代の人間がそうとうな技術と時間をかけて品種改良(緩慢な遺伝子操作)を繰り返してるようなことを、培養室も持っていない古代の弥生人がどれくらいの期間でやったのかわかりませんが成し遂げたとか、なかなか考えづらいものです。


うーん、怪しいオカルト的な世界の話かと思ったら、意外と納得できるのが面白い。


あまりオカルト的な分野には足を突っ込まない派なのですが、技術的な興味でオーパーツの写真を見るのが好きです。

http://www.fknews-2ch.net/archives/24616763.html

ロシアで見つかった0.003mmのスプリングとか、現代の工場からの廃棄物だからニセモノだとか言われてますが、0.003mmのスプリングは現在のテクノロジーでも充分にオーバーテクノロジーなんですけど。

http://blogs.yahoo.co.jp/to7002/35963979.html

ほんとに作ってたとしたら、おそロシア。(すみません、どうしても言いたかったです)


今の4000年くらい歴史が残ってる人間系統の前にも人間的なやつが居たんだろうな〜と思うと面白いです。

人類が誕生してから399万6000年くらいは空白期間ってことですけど、その間に30回くらいは人類の文明の興亡があってもおかしくないですよね。

posted by yoshiaki at 14:30 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日


鉱物好きです。

別に集めているわけでもないのですが、コレクションが増えました。

IMG_5619.JPG

西サハラに落ちた隕石です。

モロッコに岐阜大学の教授が買い付けに行ったものだそうです。

石の博物館で売ってたので、ついうっかり買ってしまいました。


旅行に行く人におみやげ何がいい?と聞かれると、だいたい「石」とこたえます。

最近はエアーズロックの石とウユニ塩湖の塩をもらいました。

石の博物館でお嫁さんに地球がどうやって出来たか、という説明をサラっとしたら
興味をもったらしく、お嫁さんが「宇宙のヒミツ」という本を買ってきました。



その本によりますと、ビッグバン直後の宇宙にははじめ水素とヘリウムしか無かったらしいのですが、

1.水素とヘリウムがお互いの重力(万有引力)で集まって星になる
2.たくさん集まって重たくなると赤色巨星(太陽みたいなやつ)になる
3.水素とヘリウムの元素が高温高圧環境下で核融合して重たい元素が出来る
4.すごく重たくなると超新星爆発で重たい元素が宇宙のチリとなってばらまかれる
5.他の場所で重たい元素が集まって星になる
6.たくさん集まると核融合してもっと重たい元素になって超新星爆発でまたばらまかれて。。。

という繰り返しで現在のようにたくさんの元素ができているらしいです。

つまり、モトはみんな水素とヘリウム、そして宇宙のチリだったということです。

石も鉄もインコネルも同じ宇宙のチリです。
コミュ症のでゅふって笑うキモ○タと、スーパーモデルは同じ宇宙のチリですよ。
自民党と民主党も同じ宇宙のチリですよ。
10式とフクピョも同じ宇宙のチリなわけですよ。


石からずいぶん話題がひろがってしまいましたね。



というわけで、父方のお墓参りして家紋見たら、これでした。

IMG_5604.JPG

丸に笹竜胆。


以上、石の話題でした。

石って本当におもしろいですね。
posted by yoshiaki at 21:25 | 愛知 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

本当に結婚できてよかったね みずたにん


IMG_4958.JPG


3月1日の大安吉日に、みずたにん の結婚式と披露宴と二次会に参加してきました。


結婚できない四天王 の最後の1人がようやく陥落した日でした。


前に勤めていた会社の同い年の後輩です。

仕事もスポーツも上達は早くないのですが、「根気よくやり続ける」というジェームススキナーがオススメする手法により、最終的には高いレベルでプロフェッショナルになるという人物です。

私は前の職場では人を褒めるということが、ほぼ無かったのですが、みずたにん は私に褒められたことがある数少ない人物です。

「良い仕事のやり方だね」とすごく控えめに褒めました。

たぶん本人はボケっとしていて聞いてなかっただろうけど。


そんな みずたにん、事あるごとに「こんど合コンがあって」とか「いい感じのひとがいるんですよ」とか5〜6年聞き続けましたが、心折れることなく根気よく挑戦し続けたんだね、だから今日という日があるんだね、と思いました。


本当に結婚できてよかったね みずたにん


・・・いえ、上から目線じゃないですよ。

posted by yoshiaki at 17:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

火事


手仕上げ室の中で集じん機をつけて大量の6-4チタンの製品をベルトサンダーでバリ取り仕上げしてたら、なんか焦げ臭い。

どこかでゴミでも燃やしているのかと手仕上げ室を出て周りを見渡しても煙が上がっているところがない。
焦げ臭も無くなる。

手仕上げに戻るとやっぱり焦げ臭い。

なんだろうと思っていたら、集じん機からもくもくと黒煙が。。。!

あわててみんなを呼んで手仕上げ室から集じん機を引っ張りだしてもらい、消火活動しました。


IMG_4906.JPG


チタンの粉じんは燃えやすく、なかなか火が消えないので消火器2本使いました。


萌えた部分はフィルターだけで筐体やモーターは生きているようなので修理して使うか、前から欲しかったテーブルタイプ ( http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/shmd-1600p.htm ) に変更するか、ちょっと悩むところです。
posted by yoshiaki at 13:39 | 愛知 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

ひとまずバランスチェア


年末にしていたイス検討。
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/411362606.html


おおむねバランスチェアを買うつもりでいたのですが、やはり評判だけじゃなくて、座ってみないと分からないでしょうと言うことで試し座りに行ってみました。

従来型のイスは大塚家具へ。

IMG_4637.jpg


日本人の体には日本メーカーのイスが一番合うはずだ!と思っていたのですが、オカムラのサブリナに一番初めに座ってみたところ、安っぽくてイマイチ。

http://www.chair-kingdom.com/fs/isuoukoku/c/sabrina/

見た目は良いんですけどね。
ドクターズというドラマのオフィスに使われているのをチラ見しました。
でも良いイスを使ってるので、良いオフィスだな。

置いてあるイスにかたっぱしから座っていって、一番しっくり来るのが意外なことにハーマンミラーのアーロンチェアでした。

これは無いと思っていたのですが。

じゃっかん前のめりなのがプログラマ用途にはぴったりだから、私に合うのかな。

同じハーマンミラーのエンボディチェアはイマイチでしたから。

私が求めているのは、ゆったりとリクライニングができるイスではなくて、長時間集中して作業をするためのイスですからね。

まあ、値札を見ると19まんえんとか書いてるので、ちょっと買う気にはなりませんが。


場所移動してバランスチェアが置いてあるところに行き、けっこう長い時間ためし座りして結局バランスチェアを買いました。

IMG_4660.jpg


分解状態で届くので自分で組立てるのですが、ネジ穴位置がズレまくりでうまく組立てられません。。。

IMG_4657.jpg

IMG_4656.jpg

位置決めピンを傾けながら無理矢理に組立てましたが、しばらく使ったら位置決めピンが折れそう。
正規代理店で買ったので、壊れたらメーカー保証で無料交換してもらおうと思います。

これが北欧品質というやつか。。。


肝心の座り心地は、長時間座ってても疲れませんが、スネが痛くなってきます。

あと腰と背骨がたまにポキッといいます。


けっこう良い。


もうひとつ検討していた、ムーブというスツールのほうは、イマイチでした。

http://www.muratakagu.co.jp/products/detail.php?product_id=103238

横に移動するときの操作性がちょっと悪いのと、思った方向に動きづらいです。
慣れの問題かもしれませんが。

前傾姿勢になると、カクッといきなりたくさん動くのもちょっと。

ガス昇降のレバーがどこにあるのかわからず、探さないといけません。

こういうスツールのほうが良い気がします。

http://www.kokochi-e.net/products/prd_849.html


パクりものを見つけました。
http://www.muratakagu.co.jp/products/detail.php?product_id=110271
posted by yoshiaki at 18:25 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氷の金型 アイスモールド



バーとかでアイスピック使ってチャカチャカと丸い氷削ってくれますよね。

と、書いては見たものの、私はお酒を飲みませんのでバーも行きませんし、やってるところを見たこともないのですが(笑


ちょっと前にお客さまに教えていただいたのですが、トレンドたまごという番組で紹介されてた
「氷の金型」でそれを簡単に作ることができて、バーにバカ売れしてるらしいよ、と。

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/toretama3000/?movid=20020507


正式名称は アイスモールド というそうです。

http://www.taisin-ss.co.jp/icemold/index.html


買ってみました。(しかしプレゼント用に買ったので、もう手元にはありません)

IMG_4639.JPG
IMG_4644.JPG

ちっちゃいサッカーボールが作れるタイプ。


同業者さんが作ってるので、どうやって作ってるのか一目瞭然だし、ちょっとなーというところも有りますが、おもしろいです。

こういうのが売れるんですね。

話題性ですかね。


何回か連続して作ると金型がキンキンに冷えてしまうので成形速度がゆっくりになります。

熱湯であっためてから作ると猛烈に早く溶けて、サッカーボールを取り出す前に形がおかしくなってしまいます。

なにごともホドホドが肝心です。

posted by yoshiaki at 17:20 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする