2008年04月11日

コロミル390

Sandvikのコロミル390、うちにはφ20とφ16があります。

小径のスローアウェイエンドミルはひとつのメーカーに絞りきれず、三菱とSandvikとSECOツールが混在してしまいました。
三菱だけでもチップ形状の違うやつが混ざってます。


コストパフォーマンスをみると三菱がいちばん良いのですが、性能だけで見るとSECOがいちばんのお気に入りでした。

Sandvikのコロミル390はキー溝を加工しても深さ7mmで0.07mmもテーパになるし、そろそろSandvikを捨てようかなと思ってたのですが。。。

チップがM級だったのに気付き、E級に変えてみました。
そしたら、キー溝のテーパがもう、消えうせました。
超まっすぐ。

でもチップが1個1000円オーバーなのはどうなんだ。

三菱のはM級でもテーパ出ないで650円だぞ。

難削材の加工がなければSandvikでなくても良いのに。。。

まだまだチップの在庫管理が煩雑な日々が続きそうです。
posted by yoshiaki at 21:29 | 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば三菱APXのチップってコロミル390のボディにくっついた気がします。

三菱の営業の人がこっそり教えてくれたような。
Posted by yoshiaki at 2008年04月19日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック