2020年04月30日

Salesforce(セールスフォース)を問題解決鉄工所で導入します


whatis-jumbo-astro-product.png






目次
  1. 困っていたこと
    案件管理が多くなって煩雑だという悩みがあってSaaSの顧客管理とか案件管理とかするソフトウェアどっか使ってるところないですか?とTwitterでつぶやいたのがきっかけで鉄工所でSalesforce(セールスフォース)を導入することになりました。
    わたしの周りだと白銅さんが使っていてウェブでの見積もりを個別にケアしたりとか、むかしからシステムがすごいと思ってました。

  2. Salesforce(セールスフォース)で解決すること
    Salesforce(セールスフォース)を使うと事務処理がいろいろなアプリに散らばって連携するのが大変だったものが1つにまとまってデータの流れが自動化できて、案件管理が漏れずにしやすくなってラクになります。浮いた時間でお客さまのニーズの深堀りフォローできるようになって売上が上る見込みです。
    超大企業が使っているようなシステムの導入でパワーを得ることが出来るのでは、と期待してます。

  3. Salesforce(セールスフォース)の導入方法
    Salesforce(セールスフォース)の導入方法は、ウェブから申し込むこともできるのですが営業さんが担当としてついてくれたほうが価格提案をしてくれたりしますので、営業さんに問い合わせるか、こちらのコメント欄にお問い合わせいただければ営業さんにお繋ぎします。



1. 困っていたこと


シマダ機工には毎日毎日、次から次へとメールやFAXで見積もり依頼や発注が飛んでくるので案件管理がとても大変です。

シマダ機工は少人数(10人程度)の鉄工所なんですが、規模のわりにはなかなかIT化が進んでいるほうだと思います。

しかし、FAX(PDFに自動変換されてメールになります)とかメールが来たら、それをチャットにコピペしてファイルサーバに保存して、工程管理ソフトに入力して、納品したらデータを販売ソフトに転送して、販売ソフトから会計ソフトに転送して、となかなか煩雑なことをしていました。

IT化は会社の成長とともに次々に導入してきたのでゴッチャゴチャになっているのです。

あと前々から見積もりや案件管理を社員のみんなにも出来るようにしたいと思っていましたが、手順が煩雑なので時間がかかるわりに楽しさがないという難点がありました。

なんか改善する方法はないもんか、とうっすらCRM(顧客とか案件を管理するソフトウェア)が解決してくれるんじゃないかと思いつつTwitterでこんなつぶやきをしました。




そしたらSalesforce(セールスフォース)の人に見つかってしまい、導入することになったわけです。(あんまりヘタなことつぶやけない)

押し売りされたわけではなくて、実のところSalesforce(セールスフォース)が前々から欲しいと思っていたので引き寄せたようなものなのですが。

このシステムはCRMと呼ばれるもので、顧客とか案件を管理するソフトウェアです(他にも色々できます)

わたしの周りだと 白銅 さんという材料屋さんが使っていて、ウェブで見積もりしたものを個別にケアしたりとか、特注品に対応したりとか、システムがすごいと思ってました。
ミスミさんの材料屋さんだと個別対応なんてまったくできないですよね。



2.Salesforce(セールスフォース)で解決すること


見積もり作業とか、社長にしかできないとか長年の経験を積んだ営業さんしかできないとかよくあると思いますが(これは自社のこと)、見積もり要領の横展開がしやすいシステムなので「誰にでも見積もりできる」とは言いませんがけっこう委譲できるようになると思います。
案件のフェイズがどこまで進んでいるのか、みんなが見て認識(認識ここ大事)できます。


Salesforce(セールスフォース)を使うと事務処理がいろいろなアプリに散らばって連携するのが大変だったものを1つにまとめて自動化できます。
シマダ機工の場合だとメール、チャット、ファイルサーバ、工程管理ソフト、スケジュール管理ソフト、カレンダー、販売管理ソフト、会計管理ソフトなどデータ連携が煩雑で大変だったものを、データの流れを自動化できてラクになります。


浮いた時間とお客さまのニーズへ注目する機能を使ってお客さまのニーズを深堀りフォローできるようになって、お客さまの成功に貢献して売上が上る見込みです。
大企業が使っているようなシステムを導入することで全体的なパワーの底上げができるのでは、と期待してます。
前述の白銅さんのようなきめ細かいサービスの提供をシマダ機工もやりたいです。




みかん農家がSalesforce(セールスフォース)を使っている例




アストンマーチンがSalesforce(セールスフォース)を使っている例




酪農家がSalesforce(セールスフォース)を使っている例




鋳物屋さんがSalesforce(セールスフォース)を使っている例




ハーマンミラー(アーロンチェアで有名なとこ)がSalesforce(セールスフォース)を使っている例



エネルギーなどの重工メーカーがSalesforce(セールスフォース)を使っている例



ほかのシステムも検討してみたんですが、Kintoneとか。。。
Salesforce(セールスフォース)に比べると価格は安いのですが、コミュニティの充実度とかサポート体制などがSalesforce(セールスフォース)はしっかり整っています。

月に数万円の差額を浮かせるために中途半端なものを使ってストレスを感じるより、イチバン良いものを使って差額分よりもっと金額的な効果を出したほうが良いでしょ、という考えかたでSalesforce(セールスフォース)に軍配が上がりました。




3.Salesforce(セールスフォース)の導入方法


Salesforce(セールスフォース)の導入方法は、ウェブから申し込むこともできます。( https://www.salesforce.com/jp/editions-pricing/sales-cloud/
シマダ機工の加入したプランだと18,000円/人月です。(20人だと月に36万円、年に432万円とか)

営業職さん1人ぶんの年収よりちょっと少ないくらいの金額で20人がハイパフォーマーに変化する、と聞いたら身を乗り出す経営者さんは多いと思いますが、そういうことです。


導入されるときはウェブから直接申し込むより営業さんが担当としてついてくれたほうが価格提案をしてくれたりしますので、ご自分で営業さんに問い合わせるか、こちらのコメント欄にお問い合わせいただければ営業さんにお繋ぎします。


シマダ機工のようにTwitterでつぶやくのも面白いかもしれませんね。






というわけで、シマダ機工はお客さまの成功に貢献できるよう体制強化中です。
設備投資や人材育成をしないで利益をあげたい会社さま、社内が仕事で溢れかえっている会社さま、ぜひ、シマダ機工[マシニング加工.com]に金属加工、マシニング加工のお仕事のご依頼をください










posted by yoshiaki at 06:48 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。