2019年10月29日

大きい径のPTタップ



大きい径のネジの話題をふたたび。




今回はPTについて。


1インチ以上のPTってBT50のホルダでもタップコレットが市販されていないと思うのですが、みなさんどうやって機械に取り付けて加工してるんでしょうか。


シマダ機工では手作りのアダプタをサイドロックホルダに取り付けてPT1インチのタップをつけています。

スプリングのテンションは掛けていなくて、切り込んで行くときはリジッド、返ってくるときはプラプラです。


IMG_0406.jpeg


1インチよりもっと大きい径のPTになると汎用旋盤を使ったり(右手でX軸を少しずつ動かしながらネジ送りするアレなやつ)、お客さまにラジアルボール盤でやっちゃってくださいとお願いしたりで、あんまり得意な感じでは無いです。




しかしながら、知らんうちにCAMがテーパネジに対応していたみたいです。

コメント 2019-10-29 101139.png



テーパ角度のところに1/16の角度を入れてスレッドミルに55度のチップをつけて、ぺぺっと計算すれば非力なBT30の機械でもPT1インチやそれ以上のPTが切れるのでは。。。


色んなことがNCで解決できるなんて、いい時代になったものです。


それでもやっぱりBT50がもってるパワーって捨てがたいです。





posted by yoshiaki at 10:35 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。