2018年11月30日

5軸を操作できるオペレータの増強計画



弊社に1台しかない5軸マシニングセンタ、DMG DMU 80T。


かなり使いにくい機械ではありますが、されど5軸なので仕事が集中してボトルネックになりやすい設備です。


「ボトルネック」


よく使われる言葉ですが、これほど理解されずにまことしやかに使われる言葉もあまりない。

ただしいボトルネックと、その正しい解消方法はこちらです。


TOC思考プロセスとの出会い編 (3) シマダ、会社でTOCを使うってよ




というわけで、

 2.ボトルネックを「徹底活用する」 


を実行するために使える人を増やそうと複数人のトレーニングを開始しました。

いちおう全員がひと通りさわれるようにしていきたいです。


DtKavs6VYAALkkB.jpg



操作パネルの使いにくさ、エラーメッセージの多さにトホホ感がありますが、「ハイデンハイン、ドイツ人の気骨とはこういうものだ!」と体育会系で身体に覚え込ませます。


わたしも3年ぶりくらいに触りましたが、操作方法をあんまり覚えていませんでした。

あまりの使いにくさから、3年前に書き記しておいた秘伝のマニュアルを読みながら「どうやるんだっけ?」と言いつつ、最近触った社員さんに使い方を教えてもらいつつ、初学者に教えていくという謎なトレーニングとなりました。


ちゃんと理解して動かせるようになるには1ヶ月くらいはかかるかな。。。。




機械が古くてあんまり良い動きはしないので、5軸ぜんぶを同時に動かすような加工はしないで控えめに。






横型の5軸マシニングセンタが欲しいな。。。







posted by yoshiaki at 18:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。