2018年10月02日

日々爆速 機械がよく壊れた9月でした



9月はとても忙しかったです。。。

仕事のボリュームは多いし、イベントも盛りだくさんでした。


こういうときにかぎって機械ってよく壊れるんですよね。

サーボアンプや通信関係の基板がじゃんじゃん壊れました。200万円分くらい。

あまりにも頻繁に壊れるので、「なんか電源がおかしいんじゃない?電圧が高すぎるとか」と中部電力さんにクレームをしてみたら。。。


なんと測定に来てくれました。

IMG_8959.jpeg

1週間に渡って電源品質アナライザ (HIOKI PW3198)で電源品質を測定してくれて、電圧は高すぎなくて「高調波」という電流波形のひずみが13%くらいありますと教えてくれました。


ただ、この「高調波」は中部電力が悪いんじゃなくて、シマダ機工さんの中から出てますよ、と。


シマダ機工さんが電流波形をひずませて周りの工場や家庭に迷惑をかけている状態なので改善をお願いしますね、と中部電力のかたに言われました。

しかし「高調波」というのは聞き慣れないものだし電気関係はシロウトだし、どうしたものか。。。と思っていたら、またしても中部電力のかたが 「測定して発生源を特定しますよ」 といって来てくれました。


機械を全部止めて、1台ずつ電源入れて、主軸を回してみたりテーブル動かしてみたり。



犯人はオークマ MC-60VAE という機械で、主軸のブレーキをかけるときに高調波がでて、22%くらいひずみを出すということが分かりました。

IMG_8964.jpeg


なんでこの主軸ブレーキで高調波がでるかはオークマさんに問い合わせ中なんですが、ともかく中部電力の現場のかたの真摯さと機転のきくところに感服いたしました。


中部電力ってこんなマジメな人ばっかりなんでしょうか。。。


クレームしたのに対して優しさいっぱいで返されて、「なんと自分は小さいことか。明日からマジメに生きよう」と思ってしまいました。




posted by yoshiaki at 23:48 | 愛知 ☁ | Comment(4) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして 富士井 といいます
シマダ機工さんとは 自社ですよね

機械故障の原因 よく特定できましたね
勉強になりました

シマダ機工さん中部電力さんに関心しました



Posted by 富士井 at 2018年10月04日 07:25
読んでいて昔あったことを思い出したのですが、、
その時はメインの漏電ブレーカーが落ちまくって2回ほどメインの漏電ブレーカーを新品に取り換えたり社内の機械のサーボも壊れたりして大変でした。
結局全機械ごとに漏電ブレーカーを取り付け様子を見ていたらバリアクシス730が落ちまくることが判明。その後マザックが何回か来てどこがおかしいか調べても原因不明。1か月ほどしてツールチェンジ用モーター用のサーボが壊れてやっとツールチェンジ用モーターが漏電していることが判明して取り換えたことがありました。
多分治るまでにもう少し時間がかかるかと思いますががんばってください。
Posted by まっどだいまる at 2018年10月05日 00:28

富士井さま


コメントありがとうございます。

シマダ機工は自社のことです。

原因が特定できたのはひとえに中部電力の担当者さんのおかげです。


オークマさんの中では、まだ検討中のようです。



Posted by yoshiaki at 2018年10月08日 22:02

まっどだいまるさん


漏電ブレーカ、機械ごとにやってなかったんですね。

うちも7〜8年くらい前まで先代社長が自力で配線した謎めいた電気配線だったので苦労してました。

やはり特定するためには切り分けが必要ですね。




Posted by yoshiaki at 2018年10月08日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。