2017年05月29日

オークママシンフェア



ここのところあんまり展示会とか行かないんですが、地元なのでチラっと見てきました。

弊社にあるNC旋盤の LB-15 は博物館入りの機種だということを、改めて認識しました。


弊社にある、MC-60VAE 、 MC-5VAのような質実剛健な機械はもう今のオークマには置いてなくて、IT武装した「チャラチャラした」感じになっていますね。

まあそれでも良いんですけど。
使いやすいですからね。

こういう感じの機種ラインナップだと、森精機を買おうか。。。となってしまうんですけど。



置いてある展示機のなかで、ちょっと気になったのがコレ。





http://www.okuma.co.jp/product/new/mu_s600v/index.html


新製品のようです。


横幅 1,400 奥行き 3,315のコンパクトサイズで最大製品サイズφ600 H350の5軸です。


X軸のテーブル側が動いて、下の方で製品を隣の機械に受け渡すというのが面白かったです。


B軸移動量( 0 - +92)が少なくて負角の加工ができないようですが、大量生産ライン向けなのでそういう仕様なのでしょうね。



posted by yoshiaki at 10:53 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450327325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック