2016年05月07日

はじめの一歩を踏みだそう 本紹介


前から紹介しようとは思っていたのですが、コメント欄で本の紹介をリクエストしていただいたので紹介します。





コミック版のほう。
最近、いろいろなビジネス書がコミック版で出ているので良いですね。
コミック版で興味を持ったら原作を読みに行ってもよいし、類似の書籍をあたっても良いですしね。

コミック版だと親しみやすくてうちのおヨメさんでも難なく読めるので、7つの習慣のあの話しだよ、とか言っても通じたりします。
うちのおヨメさんはけっこう勉強熱心で、私が読んでいるビジネス書などを読もうとしていますが経営関係の本を読むにはまだちょっと若いのと、異分野すぎるのでコミック版のとっかかりの良さはけっこう大事です。


それはさておき、紹介する本は起業の話です。

これから起業というよりはもうすでに始めていて、少人数でがんばっているけどなかなかラットレースから抜け出せなくて悩み始めた人向けです。

主人公は子供の頃からパイを作るのが大好きで得意だったので、パイを作って売るお店を開いて、美味しいと評判になっています。
しかし来る日も来る日も自分が職人としてパイを作り続け、病気になってもお店を休めず、スタッフさんたちにはなかなか仕事を任せられず、たまにスタッフさんは辞めてしまい、、、

と疲れてイヤになってサラリーマンのほうがラクなんじゃん?と思ったところにオッサンが現れてどうしたら良いか教えてくれるという内容。

何年か前の自分でもあり、無数のスモールビジネスオーナーにも共感するところが多々あると思います。


なにを教えてくれるかというと、、なんだっけ。

手元に本が無いので確認できず、あとから書き直すかも知れませんが、私はISO 9001で要求されるツールにかなりの共通点を見ました。

組織表とかですね。
組織がどんな機能をもっており、そこに誰を割り当てるか。
1人の時はぜんぶの機能に自分の名前を書いたりします。
弊社がISO9001を取得した時に作成した組織表もそうなっていました。


つまり言いたいことというのは、組織としての仕組みづくりをしないと、人数がいくらたくさんいても組織にはならないということです。
少人数の企業でも大企業がもっているような仕組みを作ると、ミニチュア版ですがうまく回ります。

文書による伝達、マニュアル化、管理職の導入などが代表的な仕組みです。

20人くらいの社員を抱えてても、7人のうちより組織化できてないところはたくさんあります。


本来、サラリーマンをやめて起業した理由というのは
「お金持ちになるぜ、ぐえっへっへ(@¥皿¥@)」
ではなくて
「わたしのこのxxxでみんなを幸せにしたい(´ー`*)」
なはずです。

最初のうちはxxxを自分が職人として作り続けるのは良いですが、みんなにxxxを届けてたくさんの人を幸せにするには1人ではなくて組織でやるべきです。

だって、あなたが作るxxxはすごく良いわりにリーズナブルで、他の人ではなかなかマネできない素敵なxxxなんですよ?

わたしがこのxxxの作りかたをスタッフさんたちに教えて、たくさん作ってみんなに提供すればxxxがなかなか手に入らなくて仕方なくyyyを買っていた人たちもxxxが手に入って喜んでくれるんです。

そのうち販売も、新人に作り方を教える教えかたも、会計も教えていって、xxxの進化のさせ方も教えて、わたしが居なくてもxxxはみんなのところに提供されてみんなを幸せにするんです。


。。。というストーリを実現するものですね。
大企業もxxxのところに自社の商品を代入して、同じことをやっているのです。


「自分がいちばんxxxを作るのがうまいから、スタッフたちにはまだまだ任せてられんわー」

と言って人を雇ったり辞めさせたりで家族経営や少人数でやっている人向けの話でした。

最近Webサイトもできたみたいです。

http://entre-s.com/pov_mail/


posted by yoshiaki at 14:29 | 愛知 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リクエストに答えていただきありがとうございますm(_ _)m
そういえば7つの習慣も、世界的にあんなに有名な本なのにこのサイトで紹介されるまで知りませんでした。
知らないと本屋で見てもスルーしちゃうもんですね。

今回の本は、今の自分の状況にリンクしてそうで読むのが楽しみです。
Posted by sosu at 2016年05月07日 16:40
sosuさま


7つの習慣はいつ紹介したんでしたか。。。
けっこう前からブログを見ていただいてるのですか?

まだいくつか紹介したいカクシダマの本ありますよ。


200ページ未満の文庫本ですが、読むのに10ヶ月かかるやつとか。
わたしはいま6ヶ月目ですね。


Posted by yoshiaki at 2016年05月07日 21:07
早速読みました。今までの本にくらべてグッと身近な話なのでのめりこみました。

TOCは、会社には作業者が二人なのでボトルネックは目で見てわかるし。。。
探して、資源集中してなんてやってたら逆に手間が増えるんじゃないか!!などと思ってたのですが
小さい会社の時に大企業の用に振舞うというのはとても新鮮でした。

作業者が便利になるような仕組みを作っていくのは、とても好きな作業なので
まずは仕組み作りと組織図から作っていこうと思います。

いつも面白い本の紹介ありがとうございます。

7つの習慣は紹介ではなく、ブログ内でさらりとふれていただけかもしれません。
Posted by sosu at 2016年05月12日 09:07

sosuさま



紹介した本をすぐに読んでもらえると、なんか嬉しいですね。


おっしゃる通り、TOCを小さい組織の「組織」にスコープを当てると面倒なだけです。


TOCを使う前に、「上空10000mから対象を眺めて、どこに当てはめるかを考える」をおこなう必要があります。



ちなみに、今回の仕組みの話はむかし書いた記事の4番に当たります。

投資の順番 http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/437801173.html


Posted by yoshiaki at 2016年05月12日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック