2015年12月15日

薄っぺらい製缶


IMG_7087.JPG

製缶5種類。

自動車部品を加工する専用機の部品だと思います。

こちらを加工したのはOさん。( http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/366970511.html )

非常に手早く完成させていました。


この製缶は板厚10mmで薄くて、けっこう強度が弱いためクランプひずみで平面度や直角度を悪化させないようにクランプしたり、加工時にビビらないように調整したりなどの段取りテクニックが必要なものです。


3D加工で金型みたいなのブイブイ加工してると高尚な仕事をしてると思いがちですが、ウチでは製缶の加工のほうが高レベル技術者向けです。

人間の手作業がそのまま精度に反映されるからです。

こういった部品の図面は最終製品を組立てたり、機械を使用するうえで要求されるにもかかわらず、設計者が図面に平面度や直角度、穴位置度などの"幾何公差"を書かないことが多く、加工者まかせになっています。

「L字型のブラケットなんだから直角に作るのは当たり前でしょ〜」

という感じです。

サラリーマンだった時はごていねいも顧客に図面を修正するように依頼して明確化してもらっていましたが、現在は最終製品での部品の使われ方を想像して"意図を汲む"ようになり、あまり製図者に指摘しなくなってしまいました。

1回しか作らない機械で図面を何百枚も出図し、次から次へといろんな機械を作っていく業界であるため、あんまり図面にこだわってられないのです。


加工者が機械に対する深い知識を持っているのであれば、"常識"に頼るのはある程度良いやり方かもしれないですね。


加工者の常識レベルが高い所にあれば、「なんだか御社で作った部品は組み立てやすいですね〜」とか「他の会社で作ってた時は部品がよく壊れてて大変でしたが、なんだか御社で作った部品は長持ちしますね〜」とかお客さんの所に行ったときに言ってもらえるわけです。



価格や納期遵守率、不具合率のように定量的に評価できるものじゃないので、お客さんのマネジメント層には理解されないところですが、薄っぺらいデータ(たとえば価格が安いとか)を理由にして加工業者を選ぶと小銭を稼げても顧客の信頼を失うことになるんですよ〜と説明。。。したいもんですね。

posted by yoshiaki at 11:42 | 愛知 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この手の部品は御社へ常に随意発注です笑
安いからではなく信頼してるからこそ随意発注が日本の技術を支えていると私は考えます
先日お願いした下町ロボットもしかりです
今後ともよろしくお願い致します
Posted by 安心随意発注 at 2015年12月15日 18:46
安心随意発注さま


コメントありがとうございます。

ある程度の慣習は大事ですよね〜。


ちなみに大企業の場合でも、図面に直接指示を書きまくる場合と、"スペック"と呼ばれる「こうやって欲しいんだ〜」を列記した慣例集を図面注記から呼び出すスタイルをとっている場合があります。

スペック呼び出しは良いやり方だと思うので、そのうち導入されることをおすすめします。


下町ロボット、そのうち名古屋にも来ますかね。

動いているところが、ちょっと見てみたいです。


こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by yoshiaki at 2015年12月17日 14:07
また下町ロボットの依頼が来そうです
次はジムトフへの出店用との事です
恐らくビッグサイトですね
また特急依頼になると思いますが
記憶に残る仕事なのでよろしく願いします
Posted by 下町ロボット at 2015年12月23日 21:54
下町ロボットさま


お世話になります。

JIMTOFだとちょっと先ですね。


展示が終わった下町ロボットたちはどこに行っちゃうんでしょうか。

見たいのに。



そういえばこの記事で話題にした幾何公差を意識して製品づくりをするという動作を会社にシステムに盛り込みました。


とてもよい仕組みだと思いますので、こんど見せますね。

Posted by yoshiaki at 2015年12月26日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック