2015年07月24日

データの遠隔バックアップ


先日更新したファイルサーバの遠隔バックアップシステムを作りました。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/416575599.html

こんなイメージです。

f02_b.jpg

ファイルサーバには重要なデータがたくさん入っているため、これが使えなくなったときのことを考えたら怖くなってバックアップ無しではいられません。


どのようなシステムにするかを考えるときに、以下のデータ消失リスクを考慮しました。

・ネットワーク上のデータのうっかり削除 => ネットワーク上のファイルを削除した場合は普通は復元できないが、ファイルサーバのゴミ箱機能で復活できるよう対応済み。

・データの誤編集とうっかり上書き保存 => ファイル世代管理でちょっと古い編集も復活できるよう対応済み。上書き保存のたびに古いデータを全世代にわたって保管して、新しいデータを新規保存という処理をしている。

・ハードディスクの故障 => RAID1でハードディスクをミラーリングしているので、ハードディスク間で同時に同じデータが壊れない限りは復活できるよう対応済み。ハードディスクの健康状態は常に自動でチェックしている。

・なんかよく分からないけどデータ消失 => ハッキングなどで消失などのケース?サーバ1台で済めばマシだが、社内ネットワーク内のバックアップサーバにもrootで侵入されたら全てのデータを流出したうえ消失するリスクあり。

・火事や盗難などでファイルサーバが物理的になくなる => 無くなると、全てのデータを消失することになる。


現在でもちゃんとバックアップはしているものの、最後のほうのハッキングとか火事盗難などの災害が怖い。

会社内にバックアップがあっても、バックアップごと消失してしまうのはとても悔しいと思います。

そういうわけで、冒頭にあるイメージ図のような遠隔地にバックアップを置くプランで構築しました。


Amazon Glacier( http://aws.amazon.com/jp/glacier/ )などのクラウドにデータを置くという選択肢もアリなのですが、それなりのストレージ料金(Glacierは保存は安いが、取り出すときに莫大な料金。。。)がかかるのと本当に信用して良いの?という観点から自前のバックアップ専用サーバを作り、自宅に置きました。



ネットワーク負荷が低い深夜に自動的に暗号化して会社サーバから自宅サーバにデータを転送して、世代管理のバックアップを行います。
1年前に巻き戻すことも可能です。

これでデータを消失するのは会社と自宅が同時に壊滅したときくらいとなりました。

半径50kmくらいが蒸発する核攻撃を受けたときくらいってことです。

そこまでなってたらデータとかそういう問題じゃなくらい、みんな死んでますよね。


将来的にはこういうデータセンターを作る予定です。


posted by yoshiaki at 22:34 | 愛知 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちは、バッファローのwindows server搭載のテラステーション2台で本機とデータバックアップ用で保存して最後はNASでWindows serverのバックアップしてますよ。DNS構築して外部でバックアップもありかもって思ったんですが、CAMデータ転送中にエラーになるのが、怖いのでやめました
Posted by アムス製作所 at 2015年07月27日 22:10
アムス製作所さま


バックアップを二重化してるんですか?
すごいですね。

と言いますか、まだ起業されたばかりだった気がしましたがIT装備しすぎじゃないですか?



うちはDDNSを使って20km離れたところにバックアップしています。


釘バットを装備したITに詳しいテロリストが侵入してきたときに、ファイルサーバだけを選択破壊する可能性が捨て切れませんからね。


データ転送でのエラーは暗号化を復号化するときに確認されますので、気にしなくて良いと思いますよ。

Posted by yoshiaki at 2015年07月28日 13:19
パソコンはDOSから覚えてますし
よくファミコンソフト改造してました。バイク、車のフルコン、サブコンもカスタムしてましたしね。うちはデータ管理CAMとCAE使って加工してますので、サーバーは必須です。過去の加工データは全てサーバーに保存してます。検査データ、メール、見積り、会計データ全てサーバーに保存して増すので、バックアップ絶対です。
Posted by アムス製作所 at 2015年07月28日 20:52

アムス製作所さま


あんまり大事だ大事だというと、狙われてしまいますよ。。。(うちは遠隔地にバックアップ済みなので、もう大事だと言っても大丈夫)



うちも似たような状況で、データはサーバかクラウドのどちらかだけです。


社員さんのPCに入っているデータは会社のものはないですね。

なので各PCのストレージは256もあれば充分だったりします。


ITにとっても強そうですね。

CIO募集中ですw
Posted by yoshiaki at 2015年07月29日 12:47
中古PC9801からPC触ってたんで、マックのインターフェースが出た時は衝撃的でした。
Posted by アムス製作所 at 2015年07月29日 18:25

初めて所有したPCはもらい物のヒューレットパッカードの5インチフロッピーからDOSを立ち上げるヤツでしたが、まともに使えず。

高校生になってWin95のPentium 120MHz 16MBメモリ 1.6G HDDのIBM Aptivaを親に買ってもらいました。

非常に楽しい時期でした。
Posted by yoshiaki at 2015年08月03日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック