2015年05月03日

反省とこれから


先月に、非常に難易度高い仕事が2件あると書きましたが。

残念ながら完遂できずでした。

どちらも5軸機のストローク内には入りきらないので製品をズラしながら加工する羽目になるのと、GW前のただでさえ仕事量が多い時期だったため混乱の極みに。

忙しすぎて社内ケアが出来なくなったため、この仕事とは関係ないところで不良も続発しました。


仕事を途中で投げ出すなんてことは今までに1度もしたことがないのですが、大局的にエンドユーザーさんのことを考えると能力不足のうちがこの仕事を保持しつづけても良いことは何もないと判断して、お客さまに引き揚げていただきました。


引き揚げ先のお客さまの工場では、うちが苦労した部分も難なくこなして完成させたようで、加工プランや設備や体制も見せて頂いて非常に勉強になりました。


こんな要求レベルの高い仕事を、普通のこととして完成させられる会社があるんだな、と思いました。

たぶん大企業の一次あたりで仕事をしているところが、無茶ぶりレベルの仕事をいつもやってて強いんだと思います。



これからですが、お客さまと社員さんにだいぶ迷惑をかけてしまったので、この反省をふまえて体制を整え直します。

まず適当な見積もりで受注してしまわないようにします。

現在は私が見積もりをしていますが、たまに気が抜けているときにポンコツな見積もりを出すことがあります。


お客さまと対面や電話で話す時、私は話すのが得意ではないのでなるべく少ない言葉で済まそうとして言葉を選ぶのと、文書主義なのでFAXやメールなどで伝達するため、文章を推敲してから発信します。

これがなんだかアタマ良さそうという誤った印象をお客さまに与えるようです。

そして私が出したポンコツ見積もりに、ある一定の信頼感を与えてしまってウッカリ受注につながってしまうわけです。


この人バカそうという印象を与えても仕方が無いので、ポンコツ見積もりには「この見積は概算であるため、受注の際は事前連絡と調整を。。。」なり、「想定外の事態が有った場合は。。。」なりの注釈をつけておくべきと考えます。

幹部社員さんにも、少しずつ見積もり、値決めの業務に携わってもらおうと思います。

あとで現状問題構造ツリーを作って、よく考えたいと思います。



次に、リソース管理です。

2月ごろに3軸マシニングセンタを投入して少し余裕ができたかと思いきや、もう機械足りないかもと言われ始めました。

社内の生産技術的には荒加工のスピードが向上したり、プログラミングの効率化をはかったりなどで社員さんの成長に合わせてスピード感が上がっているのですが、それにも増して依頼数が増えています。

TOC的にはボトルネックのみを管理しろという感じなのですが、どの機械もそれぞれの特徴にあわせた仕事をしており、それぞれ満タンになってます。。。


内外作の仕分けをしっかりしたいのと、社内リソースの山積み管理をしたいのでERPなり生産管理システムなりを入れたほうが良いかもと考えています。

大きな会社でも情報システムを入れずに生産管理をしているのって、どうなってるんでしょうかね。。。

工場長のカンですかね。

わたしが知ってる大企業は声が大きい担当者の仕事はよく進むって感じでしたが。

posted by yoshiaki at 13:57 | 愛知 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえばこんなイベントがあるのですが知ってましたか、、うちからはこの前そちらに一緒に行った工場長を行かせる予定です。

 【e製造業の会6月例会セミナー】
 儲かるモノの流しかたセミナー!!
 〜TOC(S−DBR)実践者から学ぶ、受注生産現場革命!〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ザ・ゴール」でおなじみのTOCですが、今回は受注生産現場で
 お悩みの皆さんに特化した”儲かるモノの流しかたセミナー”です!
 納期遅れがしょっちゅう起こっているとか、リードタイムが長く
 かかりすぎているとか、とにかく生産現場をもっと効率よくしたい
 みなさんに最適のセミナーです。
 講師には、TOCを早くから導入され抜群の経営改善を実現し、
 盛和塾第世界大会で稲盛経営者賞を授賞されるなど実践者であり、
 TOCのDBR Trainer認定資格者でもあるサワダ製作所の澤田浩一さんに
 ご登壇頂きます。
 また、澤田さんからTOC(S−DBR)の導入を指導され、
 儲かっちゃた体験談を実践者の共伸技研・加藤克典さんに
 発表頂きます。
【セミナー内容】
 ・儲けるために考えないといけない「ものづくり」の3つのこと
 ・3つのことが決まったらモノを流すタイミングを考えよう
 ・生産形態によって異なるモノの流し方
 ・受注生産環境におけるモノの流し方
 ・TOCの導入事例〜(株)共伸技研の事例〜
【こんな貴方におススメ(^^)】
 ・リードタイムを短くするようなモノの流し方が知りたい
 ・注文が少ない日があったり、逆に多すぎる日があって、うまく対応できない
 ・納期遅れが慢性的に起こっている(あるいは顧客との納期調整が慢性的に起こっている)
 ・作業者を募集しても、なかなか集まらず、残った人数で効率的に工場を運営したい
 楽しみですね〜〜!
 ご参加心よりお待ちしています。
【開催日時】
 ◎日時:2015年6月9日(火)開場18時15分〜
  ・セミナー:18時30分〜20時30分
  
  ・懇親会:20時45分〜
【開催場所】
 ◎セミナー:大阪産業創造館 5F 研修室C
     住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
     電話:06-6264-9800(代)
     アクセス:http://www.sansokan.jp/map/
【主催・協力・定員】
 ◎主催:e製造業の会
 ◎協力:株式会社OBK、株式会社共伸技研
 ◎定員:30名
【講師プロフィール】
 澤田浩一(さわだ こういち)
 株式会社OBK 代表取締役
 株式会社サワダ製作所 代表取締役
 http://www.sawada-obk.com/
 精神科ソーシャルワーカーを経て、ソフトウエアハウス、
 外資系メーカーで経理・総務・人事などの業務に従事した後、
 2001年より液面計メーカー・潟Tワダ製作所を2代目として経営。
 経営の傍ら、ゴールドラット・スクール・ジャパンで
 ゴールドラット博士のTOC(制約理論)を学んだ後、
 中小企業向けにDBR(ドラム・バッファ・ロープ)、
 思考プロセスなどを用いて、社長の気持ちがわかる
 コンサルタントとしても活動を行い、工場の工程の安定化を行う支援、
 人事相談、目標設定支援などの活動を行う。
 ※TOC関連資格
  DBR Trainer
  MT(Manegement Tools)
  Basic Trainer, Jonah
【参加費用】
 ◎セミナー(e製造業の会会員): 無料
 ◎セミナー(一般)    : 5000円
 ◎懇親会 (現地で割り勘): 5000円くらい
 ※当日受付でお支払いください。
【お申し込み方法】
  以下のフォームに内容を明記の上、村上肇(factory@e-b2b.jp)まで
  メールでお送りください。
─────────────────────────────────
 件名:儲かるモノの流しかたセミナー!参加申込み
─────────────────────────────────
 内容:
 
    1)セミナーのみ参加
    2)セミナー&懇親会参加
    ↑必要な項目を残して他削除してください。 
    
    お名前:
    会社名:
    メール:
    
    コメント:
─────────────────────────────────
  送信先:factory@e-b2b.jp
─────────────────────────────────
 ご参加心よりお待ちいたしております。
 ありがとうございます。
Posted by まっどだいまる at 2015年05月06日 22:27
まっどだいまるさん


。。。これは!


わたしたぶんこのセミナーを聞く段階は過ぎてます。

社員さんに行ってもらおうかな。


Posted by yoshiaki at 2015年05月23日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック