2015年03月02日

火事


手仕上げ室の中で集じん機をつけて大量の6-4チタンの製品をベルトサンダーでバリ取り仕上げしてたら、なんか焦げ臭い。

どこかでゴミでも燃やしているのかと手仕上げ室を出て周りを見渡しても煙が上がっているところがない。
焦げ臭も無くなる。

手仕上げに戻るとやっぱり焦げ臭い。

なんだろうと思っていたら、集じん機からもくもくと黒煙が。。。!

あわててみんなを呼んで手仕上げ室から集じん機を引っ張りだしてもらい、消火活動しました。


IMG_4906.JPG


チタンの粉じんは燃えやすく、なかなか火が消えないので消火器2本使いました。


萌えた部分はフィルターだけで筐体やモーターは生きているようなので修理して使うか、前から欲しかったテーブルタイプ ( http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/shmd-1600p.htm ) に変更するか、ちょっと悩むところです。
posted by yoshiaki at 13:39 | 愛知 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
64チタンの空の部品は
お客さんが仕上げをします。
しないでと言われてます。
Posted by 花園 at 2015年03月02日 16:09
花園さん


手仕上げにも承認が必要な場合があって、承認取得すると出来るようになりますが、たぶんコダワリがあって渡したくないんでしょうかね。

Posted by yoshiaki at 2015年03月03日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック