2012年09月28日

デカいのやっつけました

201209281.jpg

A2017アルミ 厚み35mm 幅550 長さ2200くらい
重量 約110kgの材料から。

X軸ストローク1500、Y軸ストローク630の機械で加工しました。

写真のものと、若干形状違いでもう1枚の合計2枚をやっつけました。

けっこう大きなものですが、平面度0.2mm以内におさえてあります。


テーブルからはみ出すので、ずらしては位置決め、ずらしては位置決めで大変でした。
やっぱりストローク内にはいるもののほうがいいわ〜。


X、Y、Z軸の故障したすべてのサーボアンプを交換しながら頑張りました〜。


posted by yoshiaki at 00:19 | 愛知 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちも昔はよく2m以上のやってましたね〜

カバーはずしてずらして穴で芯拾って・・・

液晶製造関連の仕事だったんで、液晶が大型化するにしたがってだんだんと大きくなっていきました。

たしか最終的にS社の堺とか亀山に行ってたんだと思います。

現在はもちろん作ってませんけどね・・・
Posted by はがせんむ at 2012年09月28日 15:34
お疲れ様でした
故障とカブって大変でしたね
有難うございました
今後ともよろしくです
Posted by 板物はシマダ機工へ at 2012年09月29日 08:27

はがせんむさん


>カバーはずしてずらして穴で芯拾って・・・


うちはカバー外すのが大変過ぎるので、外さないで済むギリギリのサイズならやることにしてます。


液晶や半導体、残念です。。。

うちもロボドリルは半導体向けの投資だったんですよね〜。

Posted by ヨシア機 at 2012年10月08日 23:11

板物はシマダ機工へ さん


故障はツラかったです。

丸4日をロスしました。

そりゃ徹夜にもなるわ〜。

Posted by ヨシア機 at 2012年10月08日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック