2011年07月22日

どっちがいい?

あとでTP (thinking process)の雲を使って検証しようと思っています。


目下、悩み中のテーマ。


夜勤体制を整えてキャパシティを増やす vs 現在のキャパシティで対応できる分量の良い仕事だけを選んで受注する



非常に仕事量が多く、納期に追われて大変です。

価格は悪くないのと(見積価格でそのまま落ちるか自由に値段をつけさせてもらえる)、仕事が常にいっぱいで波があまり無いので増員しても良さそうと考えています。

日中は私も含めて3人で稼働していて、マシニング3台はずっと動いています。

夜は私ひとりが10時くらいまで残業する程度で、夜間ぶっとおしで自動運転しつづけることはあまりありません。


この夜の停止時間がもったいないので、2人ほど増員して夜勤をやったらどうだろう、と前から考えています。


増員した人が社のシステムに慣れて走れるようになれば、追加の設備投資をしないでキャパシティが2倍近くに増える感じでしょうか。


生産設備を増やして昼勤を増員する場合だと、大きな投資が必要で、なおかつ工具やCAM、事務機器の競合が発生します。

夜勤へ増員する場合だと競合は発生しにくいはずです。


夜勤なので人件費はだいぶ余分にかかりますが、まあそれは賄えると思います。


なにより、複数のお客さまが熱望しています。




もうひとつの選択肢は、「仕事を選んで良いものだけを受注する」です。

大量の機会損失が発生しますが、良いものだけを選ぶので利益率がハネ上がります。

ただ、これは大変にわがままな戦略です。


よほどのエキスパート職人であるか、年齢が50以上は行っていないと、なかなかそんなことは言えないよ、言えやしないよ。


お客さまが「請けちまった!なんとかしてくれ〜(泣)」と来るやつを助けないわけには行きませんし。

エキスパート職人のこでちゃんさんですら、こういうのは断れないみたいですしw


利益だけを見て仕事をうけるっていうのも、なんか会社の品位を疑われますよね。



いずれにしても、私が自社製品を設計開発するための時間を確保しないといけないので、人員増強はやむを得ないのかと。


人事評価のやり方と、まともなお給料制度の整備をしないといけません〜。


posted by yoshiaki at 21:21 | 愛知 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか難しいけどある意味うれしい悩みですね。

自分ならどうするだろう、、ヨシアキさんの立場にいたなら自分は人を増やすほうかな。あくまでも直感ですが、、。

ただ、今うちが動いている方向性はもう一つの選択肢ですが、、早く開発が動かないかな。
Posted by まっどだいまる at 2011年07月23日 10:56
まっどだいまるさん


弊社の場合、人がまだ少ないので、次に入ってくれる人の質がけっこう会社を大きく左右してしまうんですよね。。。


うちも開発指向です。


私に余裕ができれば、去年のような大ヒット商品を次々に開発していけるのですが。。。

Posted by ヨシア機 at 2011年07月23日 20:40
僕は夜勤やめといた方がイイと思います。
理由は、人間は原始の時代から昼活動して夜は寝るという体になっていると思うからです。これは何んの立場もないただの人としての意見なんで経営者として物事の判断基準はもっと別の次元に在ると理解しています。夜勤に従事する従業員は多めの給料と管理責任者からの監視が無いという開放感からもちろん納得してやっています。経営者はやって欲しい、従業員は納得している。これだけでビジネスパートナーとして平等な取引が成立しています。しかし夜勤に従事する者の体には少なからず何らかの不調が現れます。睡眠障害になればハルシオンを処方してもらえばイイですし、夜勤明けの帰りの車で居眠りして事故を起こせば労災とその他保険で事は丸く収まるでしょう。それ位の小さな出来事をどう判断するのかは経営者とただの人とでは異なるところだと思います。たとえ従業員が不満を言ってきても時間とリスクを金で買っているという立場の経営者からすれば折衝能力の無い職工を言いくるめる事は容易でしょう。こうなると金を払う側、金をもらう側の立場の違いで平等な話が出来なくなるという事があるかもしれません。こういう背景があり人間関係がギクシャクする人もいれば、体調不良を全く訴えず卒無くこなす人もいます。

僕は何の立場もないただの人としてこのような事を総合的に判断して夜勤をしない方が幸せだと思うんです。
Posted by けん at 2011年07月24日 09:17
けんさん


ブルジョワジー vs プロレタリアート

という状況を想像しているのでしたら、ちょっと違います。

こんなに骨折り損な人(私)はブルジョワジーとは呼べないですし。


けんさんの

・睡眠障害など体調不良のリスク
・不眠症による交通、その他事故
・人間関係がぎくしゃくする

というのは、私も予想している反対意見です。

けんさんのところでもまとばさんが夜勤をやってたようなので、間近で辛そうにしてるところをよく見てたからこそ言える意見だと思います。


ところで、何か対策をとることによって発生するであろう「悪いこと」をTOCの思考プロセス( http://www.bcm.co.jp/site/youkyu/youkyu281.html )では未来構造ツリーのネガティブブランチと呼びます。


TOCの思考プロセスという手法では、こういうネガティブブランチがある場合でも、win-winになる解決策(インジェクション)を提案することで、目的(追加の設備投資をしないでキャパシティアップする)を達成しつつだれからも不満が出ない(体調も良好で仕事がはかどって収入も増えるなどの)状態にできるという手順が確立されています。


インジェクションの例としては、「夜勤」ではなく「2勤(6時〜15時)と(14時〜23時)」にするなどでしょうか。
(未来構造ツリーをまだ作ってないので適当なインジェクションです)
たいていの場合、インジェクションを注入するとさらにネガティブブランチが出るので、これが出なくなるまでインジェクションを注入しつづけます。


社員さんの健康はもっとも尊重すべきものですから、いきあたりばったりで夜勤を導入するわけではありません。

もし夜勤をやる場合は事前に社員さんと相談して、たくさんのネガティブブランチを言ってもらい、未来構造ツリーでどういう状況になるかをいっしょに考えます。


そして単なる妥協案でもなく、押しつけでもない、win-winな解決策を見つける予定です。


まずその前に、記事の先頭にあるように「雲」( http://monoist.atmarkit.co.jp/fpro/articles/toctp/02/toctp02a.html )を使ってキャパシティアップをやるべきかどうかを検討しないといけませんね。

Posted by ヨシア機 at 2011年07月25日 18:09
ヨシア機さま。
本当に勉強家ですね!
見習う点が多いです。

私は全然こんなことに無頓着なので色々為になります。
結構皆さんそう思っているのでは?(笑


私の悩みは今のハンドルネーム(o_y_d)
を変えるか変えないかのどっちかで悩んでます(笑
キーボードが打ちづらい意見がでてまして・・・
比べると小さい悩みです(苦笑
Posted by o_y_d at 2011年07月26日 07:38
o_y_dさま


o_y_dさんの名前はコピペするというインジェクションを注入すれば、問題解決です。

わたしはハンドルネームを見た瞬間にコピペ決定しました。

あと、打ちづらいのはクッキングおやヂさんですね。



Posted by ヨシア機 at 2011年07月26日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック