2011年05月10日

続くDNCネタ

P1040517.JPG

いままで事務所でCAMやって、通信ソフトで送って、加工機のところに歩いて行ってNCプログラムを呼び出す、とやっていたのですが。

CAM作業中に加工状況が見えなくて不安だったので加工機の近くでCAMができるようにケーブル増やしました。


MC-5VAから事務所へ1本、20mケーブル
MC-5VAから操作パネル近辺へ1本、10mケーブル

MC-60VAEから事務所へ1本、20mケーブル
MC-60VAEから操作パネル近辺へ1本、10mケーブル

という構成です。


工場の壁にケーブル添わせるのと、事務所の天井裏に登ったので身体がホコリだらけになってしまいました。


もうDNC関連では、しばらく投資することはなさそう。。。


あとはこの体制で材料置き場にある大量の仕事の山をかたづけていくだけ!

posted by yoshiaki at 21:53 | 愛知 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうほぼ完璧といった感じでしょうか。そういえばノイズ対策はされましたか。ごくまれにMCから出る電波(ノイズ)でパソコンが逝かれたりデータが変になっていることがありますので、、まあワイヤーカットではないので問題は少ないと思うのですが。うちでは昔フライスから壁一枚置いたところにパソコンを置いていたら突然使えなくなって修理に出したらフライスからのノイズで壊れたらしいということがあったものですから。

そういえばヨシアキさんのブログを見るとインターネット詐欺の所の写真が悪さをして先頭のページからインターネット詐欺の記事のページへ飛んで行ってしまいます。そのうちでいいので修理願います。
Posted by まっどだいまる at 2011年05月11日 17:17
うちはDNC運転中の機械付近での溶接を避けるようにしています。

ケーブルが延びると対象領域が増えると思いますので注意してくださいね〜
Posted by オダ at 2011年05月11日 21:21
今度買われるんでしたら新しいオークマのMCではDNCは要らないようです。(2Gデータ超え対処で付けましたけど)
増設HDDも。(容量はナンボですか?って聞いたら知らんと言われました)
確かOSPのHDDが2Gで其処にプログラムデータを送るのにLANケーブルが必要ですので今回の引き回しの苦労は報われると思います。。(USBメモリーでもいいですけど不便)


ご参考までに(間違ってるかもしれません)
Posted by tohoo at 2011年05月11日 23:25
まっどだいまるさん


ノイズ。。。

まったく考えていませんでしたが、DNCのケーブルはアルミホイルで巻いたシ−ルド電線(UL2464)だそうです。

コネクタのところもなんか金属テープでノイズ保護してあると図面に書いてありますね。

いちおう特注ケーブルだけのことはありますね。


ブログの変なジャンプ、修正しました。
Posted by ヨシア機 at 2011年05月12日 13:02
オダさん


溶接エリアの上をケーブル通してるので、気を付けるようにします。

電磁的なノイズだけでなく、電圧変化も多そうですね。


めったに溶接しないんですけどね。

製缶モノをオシャカにして部品を交換するときに、近所の溶接屋さんがお休み場合くらい。。。

Posted by ヨシア機 at 2011年05月12日 13:06
tohooさん


いまどきの工作機械はFanuc以外はほとんどWindowsの上にのってるソフトウェアコントローラらしいですね。

普通の市販のUSB外付けHDDでHDD運転できると安上がりでしょうね。
オプションで売れなくなるからあまりメーカーはやりたがらないかもしれませんが。。。


今回わたしが引き回したケーブル、LANではなくて「RS-232C」ケーブルなんです。

古いMCを効率的に使うぞキャンペーンだったのです。


データ容量は良いところ2MByteでした。

2GByteを超えるようなデータ、たぶんいまの機械ではやることはないと思います。



そして次回買う機械、あまりオークマ機にこだわりはありません。

何を買うか、さっぱり方向性が定まりません。


Posted by ヨシア機 at 2011年05月12日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック