2010年12月01日

あとちょっとでできそう 薄っぺらい壁

ず〜っと設備が空かなくて、なかなかお試し加工ができませんでしたが、段取りのついでにちょっとだけ突っ込んでやってみました。

この試験です。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/168282014.html (自分のブログ)
http://blog.goo.ne.jp/o_y_d/e/54645c599206765094005debc82a194c (o_y_dさんのブログその1)
http://blog.goo.ne.jp/o_y_d/e/2b9fbf050fd7c68b9f85571358e2df7c (o_y_dさんのブログその2)
http://ameblo.jp/kanbutsu-fukuoka/entry-10709654646.html (関東物産 坂本さんのブログ)



CAMをやってて見ていなかったときに途中が破れてしまいましたが、けっこうイイところまでできました。

P1020843.JPGP1020842.JPG


やっぱ0.1oで20o高さっていうのは相当難しい。

写真では0.06oってなってますけど、場所によって厚みにバラつきがあります。

端のほうと真ん中あたりは少し薄く、端からちょっとのところは少し厚くなってます。

モードとか関係あるかな?

途中で破れてしまったところは、見てなかったので原因がよくわかりません。
なにかで引っ掛かけたようになってますが。。。


ヒマになったらもう1回くらい試験して、完全体をお見せできるようにしたいです。

たぶん今月末くらいかな。。。

posted by yoshiaki at 23:06 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

反りと残留応力 - その2
Excerpt: 「反りと残留応力」に因んで薄リブ加工への挑戦
Weblog: ものを削って過ごす
Tracked: 2012-04-14 18:59