2010年11月07日

道具づくり 続々

アングルヘッドの位置決めブロック、ようやく仕上げ加工実施。

P1020540.JPG


http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/165486195.html

1か月くらい前に荒加工して高周波焼き入れしておいたのですが、なかなかロボドリルが空かないので手つかずでした。

もうアングルヘッドを使わないと生産できない製品が来てしまったので、土曜日のキリがいいところで無理やり突っこんで加工。


アングルヘッドの位置決めボスが当たる場所をφ6ボールエンドミルでZ方向0.001o(せんぶんのいち)ピッチで仕上げていきました。

で、Z方向を0.0003o(まんぶんのさん)ずらしてゼロカットを2回実施してます。

ずらしてゼロカットするのはカスプつぶしのためですが、温度変化や振動、機械の繰り返し精度で0.0003なんてどうとでも変わってしまうので、ただの気休めです。


もっとテカテカに仕上がるかと思いましたが、伊右衛門の字の映り込みでわかるとおりあんましテカテカじゃありません。

ただの位置決めブロックなのでこの程度で良しとしますが、テカテカ倶楽部に出品するときはやっぱ研磨したほうが良さそうです。


金型とかを磨きレスにするっていうのはどれくらいのピッチで加工してるんでしょうね〜??

posted by yoshiaki at 23:56 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック