2010年10月08日

裁ばばんばばんばん判(サイ・アイ株式会社 サイアイ株式会社)

この事件で木曜日に裁判行ってきました。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/159853171.html

すぐ近くの簡易裁判所です。


少額訴訟の場合はテレビでよく見るような法廷っぽいところではなく、写真のような円テーブルを囲んでみんなで座って話し合いをする感じです。


被告の(自称)サイ・アイ株式会社 代表取締役 野崎 忠司さんは答弁書を出して、裁判には来ませんでした。

答弁書を出すと、裁判に来なくても出廷したものとして取り扱われるのです。

東京から75,600円のために愛知県に来るのはさすがにムリだったらしいです。

ただ、その答弁書が。。。意味がわからない(笑)


裁判が始まって私が訴状の陳述を行い、次に被告の答弁書を裁判官が読んで、そして困った顔。


誹謗中傷や「裁判にされて悔しい」ことが書いてありますが、答弁書のスタイルである「認める」「否認する」「不知である」という言葉で訴状に対して反論していないので、答弁書なのか日記なのか区別がつきません。

答弁書にくっついている証拠にも、「こう思う」と書いてあって証拠として取り扱えず。


で、ありえないことが起こりました。


裁判官が、原告のわたしに、被告の答弁書の中身を質問。


「これってどういうことを言っているの?」


・・・原告有利すぎです。


わたしの解釈で被告の答弁書を説明したら、被告は勝ちようがありません。
(そもそも被告は原告に加工を依頼して製品を受け取っているのに加工代金を支払わないだけなので、もともと勝ちようはありませんが。。。)



本来は被告が答弁書のみの提出で出廷しなかった場合は、新たな証拠の提出や新たな解釈をあたえる説明は禁止されています。

これは被告が知らない証拠や証言が当日に出たりして、裁判で一方的に不利にならないようにと定められた制度です。


でも裁判官は、あまりにも答弁書が難しすぎて(笑)わたしに聞くしかなかったようです。


判決は来週の木曜日です。

どうなることやら、です。

posted by yoshiaki at 22:22 | 愛知 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず、
“勝訴”の紙は作っといた方が良いですよ(笑
Posted by o_y_d at 2010年10月10日 04:59
o_y_dさん


こんな感じで作っておきますね。

    ∧∧つ ̄|
‐=≡ ( ゚Д)|勝|
‐=≡ | つ|訴|
-=≡〜/  0|_|
   (ノ ̄
Posted by ヨシア機 at 2010年10月11日 09:39

ずれる。。。。
Posted by ヨシア機 at 2010年10月11日 09:41
その通りです。
とりあえず、記者団に向かって走り出さないと!!。。。
って、すみません。
Posted by o_y_d at 2010年10月12日 04:21
o_y_dさん

記者いないっす。


なにせ、あまりにもくだらない裁判なので、裁判所からほかの事件が忙しいので判決を1か月後にずらしますね、と連絡があったくらいです。


たしかにくだらない事件w
Posted by ヨシア機 at 2010年10月13日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック