2010年07月23日

でかいプーリにちょっとの穴あけ

P1010787.JPG

うちの設備のストロークをほとんど使って、ちょっとだけの穴あけ仕事。


P1010788.JPG

歯山の位置を狙ってM4タップをしています。
鋳物の歯車で、穴位置がずれると歯を割ってしまいそう。
ベルトを外れなくするサイドリング用ですよね、たぶん。


一般的には治具を作って歯の位置を合わせてやるものだそうですが、わたしは図面通りに穴位置をプログラミングしたあと、歯の位置を拾ってNCの「座標回転」機能で角度を補正して加工しています。

これだと、ただぽんと置くだけで済みます。


穴あけだけですぐ終わる仕事ですが、やってる時間がないからって断ったのですが、誰もやりたがらない仕事でこまってるとのことだったのでやりました。


こういうちょっとずつの積み重ねで仕事が満タンになっていくんですよね。。。
posted by yoshiaki at 21:39 | 愛知 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん

わかります。

誰もやりたくない物ばかりやってくと
仕事増えてく。

確かにそうですが、

今回のようなタップ立てるだけ。
しかし段取り大変。
みんなやりたがらなく断る。
しかしタップ立てるだけ。

こう言う場合の自分。

「タップ立てるだけだし、値段付けられないな〜」

な弱気発言です。


ヨシア機さんはガッツリいけます?
Posted by ふうたろう at 2010年07月23日 22:08

ふうたろうさん


わたしも弱気派です。

ガッツリいくと足元見てぼったくりしたみたいで、なんかおとなしくて見栄っ張りな愛知県人には似合わないので、そちらで値段を付けてくださいと言います。

そして安いと

「あう〜ToT」

って顔をして、高いと

「わぁ!もっとイケるんじゃないですか?」

とはやしたてます。


そしてお互い満足な顔をして価格交渉成立です。


うちの場合は社員数がすくないので価格は安くてもできちゃうんですが、量が多いと困ります。


だから急ぎの一品モノが来やすいんですかね。

Posted by ヨシア機 at 2010年07月24日 09:33
お疲れ様です。
結構うちの会社もそうです。(笑
5軸に乗せる仕事は、でかい丸ものの端面に
タップとか、面削るだけとか。。
ちょっとした仕事なので正直値のつけようがありません。
またわたくし、おだてに弱く、
“お宅しかできませんからお願いします”とかの言葉に弱く(アホ)ついつい受けてしまいます。
本当はいいように使われているだけかも。。。と思ってしまいます。

ところで、チタンの仕入れなんですが、極力安いところって知りませんか?
Posted by o_y_d at 2010年07月24日 17:57

o_y_dさま


わたしもおだてによわいですw

「しまださんに断られたら、もう頼る人がいないToT」

って言われると

「もう、しょうがないなぁ 今回だけですよ(*´∀`*)」

ってなります。

そしてこれで深夜までというパターン。。。
やっぱみんな断るだけのことはあって難しいんですよね。。。


ふうたろうさんの会社とか、o_y_dさんの会社みたいに難しいのやってくれそうってところは似たような経験をもってるのですね〜。


チタンですが、ひそかに弊社は6Al-4V-Tiの切板を販売しています。

一般的には丸棒しかなく、板の状態で購入できるところは日本だとあまりないのでよろしければご利用ください。

Posted by ヨシア機 at 2010年07月24日 20:35
ヨシア機さま。
今度、チタン板、見積もりが来たらよろしくお願いします。
Posted by o_y_d at 2010年07月27日 04:49
o_y_dさま


量がたくさんあるとかなり安くなります。

毎月50kgくらいとか。


弊社がだいたいそんなもんを毎月使用しています。
Posted by ヨシア機 at 2010年07月30日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック