2010年06月23日

元祖 ロボドリル用の仕事

ロボドリルを2007年の12月に買いました。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/73650165.html


設置されたのは2008年の02月ですね。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/83045062.html


この設備、もともとは難削材にひたすら穴をあけるという仕事のため、「CNCボール盤」のつもりで買いました。


その後、その仕事の受注まで手間取ってるあいだにリーマンショックとかサブプライム問題がどうのとかで不景気になり、上記の仕事が立ち消えになっていました。


しかし、ロボドリルは使ってみると意外と高性能で、その仕事が消えても他の仕事で目いっぱい稼いでくれてます。


上記の仕事はもう無くてもいいかな、と思ってたんですが。


復活してきました。


元祖 ロボドリル用の仕事。


この仕事だけで設備を買ったくらいだから、なかなかに多大な利益を叩き出します。


が、今は自社製品の生産でフル稼働。。。


治具並べて夜間運転ってところかな。。。


posted by yoshiaki at 00:14 | 愛知 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの回りもロボドリル使っている人結構いますが、
「パワーが無い」
とかで文句言う人多いです。
やっぱり使い手ですよね〜

ナイスなコストだし
上手に使える人が使えば
最高なマシーンのように見えます。

ロボは今凄く売れてるみたいで、
昨年1年は止まってましたが、
今年はロボ部品の注文が多いです・・・

泣けてきます・・・
Posted by ふうたろう at 2010年06月24日 21:23
ふうたろうさん


パワーないのは確かです。
SUS304にM6タップをやろうとしたら主軸止まりました。

カタログに書いてあるスペックを大きく下回ってるような気がします。


ロボドリルは機械剛性も低いので、お金がたくさんあればマキノV33iあたりが欲しいところですが。。。

http://www.makino.co.jp/jp/product/tate/v33i.html


ウチの場合は使い手が良いというよりは、設備にあわせた仕事を受注しているだけという感じでしょうか。


現在のロボドリル生産はほとんどが中国向け
だそうです。


中国がすさまじい勢いで生産能力を身につけているところに脅威を感じます。


中国に工作機械を販売するのは政府のパワーで禁止してほしい。。。


自動車やらの消費財を売るのと、マザーマシンを売るのでは、その後の影響が格段に違いますよね。。。

Posted by ヨシア機 at 2010年06月25日 13:20
お疲れ様です。
ロボドリルは、実はすごいい、BT30のなかではいい機械ですよ。
意外と知られてません。
メーカーに近い人にきいたら、マシニングの類にいれたら、他のメーカーから色々あるみたいで。(F社のNC装置使っているところ)
名前を変えたとか(ロボドリル)。
ロボカットも実はワイヤ放電加工機ではないらしいですよ。
わたくしの工場にロボカットありますが、程よくよいです。

>中国に工作機械を販売するのは政府のパワーで禁止してほしい。。。
ほんとそう思います。
Posted by o_y_d at 2010年06月28日 11:32


o_y_dさん


なかなかいい機械なんですね。

制御装置はさすがに供給元だけあってか、31i-A5というFanucイチオシのコントローラがのってます。


ロボドリルの名前の由来がわかりました。
マシニングって名乗っちゃだめだったんですね。

わたしもその名前にだまされてボール盤だと思っていました。


いいの買っちゃったな〜って思ってます。


実はロボカットも欲しいです。


Posted by ヨシア機 at 2010年06月30日 06:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック