2009年12月17日

メモリを増設しま

持ってるノートワークステーションのメモリが1GBの2枚差しで2GBでした。

ワークステーションにしてはちょっとさびしいよね、ということで2GBの2枚組を買って4GBに増設しました。



使用しているOSがWindowsXP 32bit版なので認識できる容量は3.5GBまでです。

デュアルチャネル動作にはとくにメリットが無いみたいなので2GBを1枚買って3GBにするのもアリですが、まあ2枚で7000円だからケチる必要もなかろうと。


あまった0.5GBはRAM Diskユーティリティで高速ドライブとして使えるので無駄にはなりません。

http://buffalo.jp/products/catalog/memory/speedup/ramdisk.html


実際、IEやFirefoxのキャッシュとしてRAMの仮想ディスクを使うと、相当パフォーマンスが上がります。


頻繁にディスクに書き込みをするような処理がある場合は、良いですね。



で、メモリの交換ですが、ノートタイプのメモリを増設するのは人生初です。

どうせ裏側のフタを外したところにスロットがあるんでしょ、と思ってフタ外してみると、1枚だけしかメモリが見えない。


あれ〜?と思いながらとりあえず交換。

これの下に隠れてるのか?と思いながら覗いてみてもスロット見つからず。

不審に思いながらDELLのマニュルページを参照したら、キーボードの下にメインメモリがあるとのこと。

http://support.dell.com/support/edocs/systems/wsm4300/ja/sm_ja/memory.htm#wp1084976


・・・・まじすか!!


「キーボードを取り外します。」


ってサラっと書いてある。


メンドクサッ!


裏のメモリスロットは、増設スロット扱いってことみたいです。

メモリを2枚1セットで扱うっていう習慣があまりないころにバス設計し
たからメモリスロットへのアクセスがばらばらなのでしょうか。


結局、買ったもんはつけないといけないので、やりました。

200912171.jpg


ベキッ
メキョッ

ってほんとにこれでいいのかよ〜と不安になる音をさせながらカバーとキーボードを外しました。

中を見ると、やっぱりノートはすごい設計です。

なんかよくわからない銅の配管とか通ってます。
水冷では無かったはずだけど。。。


200912172.jpg


で、メモリ交換しました。


普通のデスクトップとはだいぶ違うんだな〜ということで記事になりました。
posted by yoshiaki at 16:40 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック