2009年08月11日

続 カンバン

200908111.jpg

削り出しでカンバンを作るにあたり、削る面積が大きいのとナンヤカンヤの色々な事情で2Dではうまく処理できず、ソリッドを起こして3D加工することにしました。

これがまたなかなか計算機パワーを必要とするらしく、事務所においてあったCAM用PCのスペックでは計算があんまし進みませんでした。


ためしに手持ちのWSの中では2番目に早いDELLのPrecisionで計算してみました。
4分の1くらいの時間で演算が終わるものの、なんか画面狭いし、キーボードも使いにくい。

200908112.jpg

本格的に加工するときは、キーボードとディスプレイをこれにつないで演算します。
なんかスマートさに欠けますが。。。


posted by yoshiaki at 19:18 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック