2009年06月24日

自社設計品の部品製作 開始

200906241.jpg

設計がひととおり完了し、モデルで動作検証もしたので部品を作り始めました。

ロボドリルで加工しています。

部品加工なら2D CAMでほとんどパス作りが出来るようになりました。

単品加工でのロボドリルは相変わらず使いにくいけど、まったくダメってわけでもないので練習がてら動かしています。

φ2とかのエンドミルでの加工でBT50機を使うのもばかばかしいし。


プラスチックで作ってる製品がライバルなので、重量で不利にならないようにやたらと肉抜きしました。

強度計算はせず、フィーリング設計で完成品を作ったあとに破壊試験をする予定です。


早く完成させてお客さんに見せたいです。
posted by yoshiaki at 21:33 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強度計算はせず、フィーリング設計

↑そういうの大好きです
ロボコン時には、よくやりました。
作製後弱そうだから補強しようかとかって。
Posted by ひでピン at 2009年06月25日 08:32
ひでピンさん


ひでピンさんってロボコン野郎だったんですね。

フィーリング設計=>問題事後対処は、聞くと不安になる産業分野でも余裕で幅を利かせているので、たぶんイイやりかたなんだと思います。

たまに芸術品みたいなのができることもありますしね!

Posted by yoshiaki at 2009年06月25日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック