2009年06月09日

e-Gov

200906091.jpg

労災/雇用保険の年度更新の時期です。

去年はわけのわからん書類は見たくもなかったので社会保険労務士にまかせましたが、今年は電子申請をつかって自分でやりました。

わたしは紙に数字を書き込むのはキライですが、DBのフォームに数字を入力するのは問題ありません。

複写紙とか見るとタメ息が出ます。

日本の政府はかなり電子化が進んでて、さまざまな申請がおてもとのPCで出来てしまいます。

電子申請のメリットは、入力時にチェック機能がはたらいて異常データをはじいてくれるから適正な申請ができることです。

あとで政府系機関がイッショーケンメー DBに入力する手間も省けるし、そのままオンライン振込みも出来るので、とにかく人間の移動がすくなくて済みます。

去年、社会保険労務士がミスって過払いしたところを発見したので、今年は還付金がいっぱい戻ってきます。

もう社会保険労務士なんて、呼ぶことはないでしょう〜。
posted by yoshiaki at 21:50 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世の中電子化が進んでますね。電算を超えてますか?? ウチの会社も大分電子化が進んできましたが、まだまだ紙ベースですわ。

何か経営者がやるようなことをしているので、そういうのを見ると社長っぽいですね。てか社長でしたね。

あと、訴訟とか色々手を出してますね。額は分かりませんが、額に限らずお金は怖いですので気を付けて下さい。

最後にカキコしてる時間がこんなんですが、会社からでは無いのでご安心下さい。
Posted by どら at 2009年06月10日 17:02
どらさん


うちも紙と電子のハイブリッドですよ〜。

ほとんどが電子化されてるけど、現場にもってく図面とか、設計前のラフスケッチ、パラパラマンガは紙のほうが便利でう。

あの電算ってレガシーシステムはそのままでもいいけど、対人間I/Fだけでも新設計すればいいのにね。


いろいろがんばるよ〜。
Posted by yoshiaki at 2009年06月10日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック