2009年05月30日

勉強会に行ってきた

200905291.jpg

「名古屋アジャイル勉強会」ってとこがやってくれた
『議論を描く技術 ファシリテーション・グラフィックを身につけよう』という勉強会に参加してきました。

>ちょっとした打ち合わせから、設計会議、進捗会議、顧客との仕様調整まで、
>開発の現場では様々な会議が行なわれています。
>そして多くの人が、会議の多くは非効率で退屈だと感じています。
>「議論が進まない、まとまらない」という課題を解決するために、
>板書技術「ファシリテーション・グラフィック(ファシグラ)」が有効です。
>ホワイトボードやコピー用紙に議論を「描いて」いくことで、会議を生産的で有意義なものにできるのです。

という感じのもの。

ものづくりの現場で「見える化」と言えば、モノのありかを表示をしたり、出来高をグラフにして一覧性を高めたりなどですが、ファシグラは議論を見える化してコミュニケーションの効果を高めようとするものです。

なにげに遅刻して導入の説明を聞けていないので、教科書で自習しないといけないんですが。

参加者がみなさんSEとかIT系のかたがたばかりで、鉄工所な人は私ひとりでとても珍獣な感じでした。
(「アジャイル勉強会」ていうぐらいだからソフトウェア業界なのはあたりまえ。。)

異業種の人と話すと、共通点や違うところが発見できて面白いものです。
posted by yoshiaki at 08:43 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか徹夜やら休日出勤やらで大変そうですが、体は壊してないですか?
徹夜とか三時起きとかだと学生時代以来の様な気がしますが、10ウン年振りでは??

多忙な中、勉強会とはさすが勉強家ですね。しかも内容はウチの会社に当てはまりまくりな感じで。自分たちも受けた方が良さそうな気がしますわ。
Posted by どら at 2009年05月30日 21:14
どらさん

たしかに徹夜はちょっと久しぶりだったかも。

でも成果がちゃんとでたし、やった甲斐がありました。

学生時代の徹夜はあんまり成果が。
いや、げふんごふん。


勉強はただ好きなだけ。
シュミでありますな。
Posted by yoshiaki at 2009年05月31日 22:41
成果が出たのは何よりですね。社長なら成果が出るまで連続徹夜をしそうですが。

学生時代の徹夜の効果は未知数ですよね。半分寝てるし、そのまま朝になった時にいつも『こんなんならいっそのことベッドで寝れば良かった!!』と思うこと数知れず…。

勉強についてはさすがシュミに挙げるだけありますね。社長勉強好きですからね。自分は社会勉強の方が好きです。なーんちって(ヤマケ○風)
Posted by どら at 2009年06月02日 23:29
な〜んちゃってっ!
ウハ!
ウハハハハ!

これが○マケン。
きみのはニセモノさ!


学生時代やサラリーマン時代にちゃんと人生の辛酸をなめておけばよかったんじゃないかな、と。

さいきん思うわけですよ。

いまにいたるまで、あんまり苦労をした記憶が〜。
Posted by yoshiaki at 2009年06月04日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック