2009年05月23日

六角穴 始めました

200905231.jpg200905232.jpg

六角穴はスロッター屋さんでやってもらう予定だったのですが、土日での対応不可とのことで、自社でやる方法を考えました。

写真のは HEX4 サイズです。


3時間で70箇所くらいしか出来ないので生産性は高くありませんが、ともかく出来るようになったこと自体が大躍進です。
posted by yoshiaki at 21:58 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
位相が関係なければ10秒くらいで突けるツールがあります。

ちょっと高いんで、簡単な構造なんで自作すれば十分使えると思います。
Posted by けん at 2009年05月24日 11:33
成功したんですね。
さすがです。
押ピンの焼入れは、自社内で?
Posted by こゆき at 2009年05月25日 06:17
けんさん

毎度すごく役に立つ情報をありがとうございます^^

そういや昔、たぶんそのツールの現物を見たことがあります。

ロックインサートを入れるためのセレーション穴をマシニングでやってました。

この構造って本体の傾き角度の精度によって刃物の大きさや最小加工径が変わっちゃいますよね。

六角穴は六角錐の刃物を使うと見せかけて、辺の長さが同じ三角形をすごく傾けて押し当てたり、五角形をちょっと傾けて押し当てたりでも良いんですかね?


こゆきさん

成功しました。
土曜日の朝までどうやってやろうか・・・と悩んでましたが、挽回しました(笑

押しピンというか切削工具は、φ8のエンドミルのシャンクぎりぎりあたりを成形して作りましたので、焼入れは不要でした。

うちはエンドミルを手研ぎして旋盤用やマシニング用の刃物つくることが多いです。

いずれにしても、こゆきさんのおっしゃった「自分でなんとかすればいい」のおかげでアタマが切り替わりました。

ありがとうございます。
Posted by yoshiaki at 2009年05月25日 07:00
>この構造って本体の傾き角度の精度によって刃物の大きさや最小加工径が変わっちゃいますよね。

刃物も自作出来るんで調節できますよね◎

傾きも2度以下くらいなんでCADで絵書いてそのまんま作れば狙い通りのもの出来そうですけどね〜◎

>六角穴は六角錐の刃物を使うと見せかけて、辺の長さが同じ三角形をすごく傾けて押し当てたり、五角形をちょっと傾けて押し当てたりでも良いんですかね?

認識が違うかもしれませんが刃物の強度に難有りのような気がします・・・。


僕は旋盤にホームセンタで売ってるダイヤのディスク付けて超硬で作りました。
何本か売れましたよ◎
Posted by けん at 2009年05月25日 21:47
けんさん

疲労のためコメント放置プレイで申し訳ありませんでした。。。

>認識が違うかもしれませんが刃物の強度に難有りのような気がします・・・。

ちゃんと原理を理解できているかどうか確認したかったので。。。

三角形とかだと、さすがに刃物が転がらずにすべるか、角が刺さってゴキって折れますね。
鈍角も必須事項かな。

>何本か売れましたよ◎

すごいス。
ダイヤはなんで使ったんですか?
Posted by yoshiaki at 2009年05月30日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック