2009年03月03日

高能率加工。でも迷った。

ここのところ納期に余裕があるので、社員さんをCAMに慣らそうと簡単な製品や、すでにプログラムが作ってあるリピート品でもCAMを使って生産してます。


慣れると、モデリングを含めても手打ちより早く加工が始められます。
(オークマの対話プログラミングは、手打ちのほうがマシと言っていいくらい使えない)

↓だいぶ前に作った製品。(下のほうのレール)
http://マシニング加工.jp/article/37422445.html

昔はラフィングエンドミルを使って荒加工、調質、仕上げ加工みたいな工程で、荒加工にけっこう時間かかってやってました。

2593.jpg

今回はMitsubishi APXとCAMをつかって

ぼえーっ、ぼえーっ

って言う音がするくらいのパスと加工条件でやったら、あっという間に終わりました。

200903031.jpg

プログラミングも即座に出来るし、加工も鬼速いのでとても能率がよいです。

でも、急いで新しい仕事を受注してこないといけないので、忙しい。。。
posted by yoshiaki at 21:26 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック