2009年02月26日

重たいのゴロゴロ

はじめ人間ギャートルズの石のお金みたいな材料がごろんごろん来て、重すぎてストック棚に入れられなかったの図。


200902261.jpg


ウチの旋盤で出来るギリギリサイズ、外径φ470の製品ばかりをもらいました。

でかいし形状もけっこう難しいので、ワタシの旋盤力量を上げるための課題製品として受注してみました。

熱いキリコでヤケドしないように、チップガードを工夫して加工したいと思います。



これとはぜんぜん別のお客さんの話なのですが、最近「在庫品」と発注伝票に書いてある、まとまった数の製品発注が続いてたので不思議に思って

「なんでこんなにいっぱい在庫を抱えるんですか?」

と聞いてみたら、

「不況だから、シマダさんとこの仕事が少なくて困ってるといけないと思って」

だそうです。

さらにその後、他の会社のかたと話をする機会があってそういうことがあったんですよ〜と話してたら

「最近、その会社にいろんなところがすごい安い見積もりをもって営業に行ってるらしいんだけど、全部断られてるらしいんだよね〜」

とのこと。

「いままで付き合ってくれてた外注さんとの信頼関係を大切にしたいから、値段が安いからって転注しない」

だそうです。


そこの会社、事務所や工場の照明の数を半分に減らして電気代を節約したり、残業ゼロにしたりとかで社内はけっこう切り詰めてるんですけど、外注に気を配るなんて、なんかずいぶん男気のあるハナシだなぁ。
posted by yoshiaki at 22:28 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック