2008年12月12日

ふたたび爪を研ぐ

200812121.jpg

ワシノの汎用旋盤、φ300の端面を加工すると中凹で平面度が0.035になっちゃいます。

平面度0.01以内の製品が今後も続くので、レベル修正をこころみました。

テストバーを喰わせてZ軸と主軸の平行度を測定すると300mm距離で0.02mm、中凹になる側に狂ってました。

主軸アタマを方向修正しようと思ったけど、ボルトが固すぎてまったく緩む気配なし。
しかたなく、レベル修正でベッドをねじってテストバーで0.002mm平行度にしました。

汎用旋盤のレベル出しは熟練者の仕事らしいですが、なにげにGoogleで検索したら出てきたのでそれを参考にしたw


これで平面度0.01以内にいくやろ〜と思ってテストカットしたら、また平面度0.035mm。


なんだこれ orz

また明日、考えてやりなおし。


ネクスツ揺れるハート

200812122.jpg

MSTのアングルヘッド。
BT30でクイックチェンジなタイプ。

5面加工機もどきなことを目指してます。

座標変換すると、タップもいける・・・んだよね?

とりあえずミリングができるだけでも相当オッケー。
posted by yoshiaki at 22:15 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
座標変換で横向けの固定サイクル使えるかどうかは、機械メーカーの設定しだいのようです。
だめなら、マクロで固定サイクル作りましょww
Posted by 雄鳥 at 2008年12月12日 22:46
ふむふむ、設定しだいとな。。。

ちょっとお試しで動かしてみます。

オークマ、気が利かないからな〜。
オプションになってる気がします。
Posted by yoshiaki at 2008年12月13日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック