2008年11月11日

予定通り、はまって〜る♪

製品はsuper confidentialなので治具の写真。。。

200811111.jpg

う〜ん。。。。。。。。。。難しい。

世の中にはレベルの高い人がいるらしく、見せてもらった不良品のサンプルがキレイでキレイで。。。
これが不良品かよ!って思いました。


わりと頑張って進めてきたプロジェクトなのですが、もう納期がヤバい。
そして技術の女神がまだ微笑まない。


どうすっかな〜。。。
ちょっと弱気な感じです。
posted by yoshiaki at 20:03 | 🌁 | Comment(8) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言われるとみたくなる!w
次お会いする時は持ってきて下さいね!


>ジグ
見た感じパチッとはめるんでしょうかね?
数物っぽいなぁ
Posted by rakkkyo at 2008年11月11日 22:27
たぶん真空ポンプで板を吸着して、、かな。がんばってくださいね。
Posted by まっどだいまる at 2008年11月12日 18:30
rakkkyoさん
数ものだけど、この治具には製品1個しかくっつきません。
1枚の板に、こんな形の窓をあけるのです。
下のほうに青いビニールついた残骸がころがってるのがくりぬかれたヤツ。

まっどだいまるさん
今回は真空ポンプ使わずにやってるんですけど、やっぱりうまく行かない。
Oリングがぁあああああああ。

入るスペースがないのです。
Posted by yoshiaki at 2008年11月12日 19:41
板厚1.5mmのA5083(焼きなまし材)に窓をいっぱいあけたら、すっげ反りました。

だれか助けて〜。。。

加工時にXY軸方向に拘束すると応力が抜けて伸びたときにそれがZ軸方向への変位となるようです。。。

Z軸方向の拘束のみでXY方向は拘束ナシ。。。やはりピタQか。ピタQなのか。


反っちゃったアルミ板を矯正する方法ってどなたかご存知ありませんか?

溶体化温度(204℃)近辺で定盤に置いとくとか?
Posted by yoshiaki at 2008年11月12日 21:20
よくわかってないのですが
プレステンパーっていうの聞いたことありますが、加工後温めて平面出す?

知った所は、最悪ハンドパワー
してました(笑
Posted by ひでピン at 2008年11月13日 15:19
今日、近所のアルミ板金屋さんに相談に行ったら「ハンドパワー」を教えてくれて、ウンザリしながら帰ってきました。

>溶体化温度(204℃)近辺で定盤に置いとくとか?

これの名前が分からなくて、検索できずに困ってたところにひでピンさんのコメント。

ktkr〜〜〜〜!!

おかげさまで大躍進しました。

保険が出来たので、これでバリバリ生産がすすむであります。
Posted by yoshiaki at 2008年11月13日 19:33
お役に立てたようで何よりです

「ktkr」の 意味わかんなくて
辞書調べました(笑


ふと思ったのは(勝手なイメージです)
極小径のボールで負荷かけないように
やっても同じですかね〜・・・。
Posted by ひでピン at 2008年11月13日 23:02
大躍進です。
ありがとうございます。

実は、加工前の素材の平面度と加工後の平面度を比較してみたら、加工で反ってたわけではなく、最初から反ってたということが分かりました。

加工のときは治具にはっつけちゃうので気づきませんでした。。。

ひずみの少ない加工方法を選択しても、プレステンパーは必須な工程のようです。
Posted by yoshiaki at 2008年11月14日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック