2008年10月07日

ギアボックス

200810071.jpg
200810073.jpg
CAMの設定確認用のスケープゴートとしてロボドリルで作ってみたギアボックスです。
設計もウチでやりました。超カンタンだけど。

φ10mmのスロウアウェイエンドミルで深さ39mmのポケットなので、ちょっぴりビビりました。
それ以外は難しいところほとんど無し。

ロボドリルでミリングとタップ、初めてやった〜。
いままでどんな仕事してたんだっちゅうハナシですが。。。


今日の午前中いっぱいかかって一所懸命ポストプロセッサ設定したので、CAMから吐き出されるNCプログラムはほぼ修正ナシでそのまま設備に食わせることができるようになりました。

ロボドリル、ようやく使える機械になってきましたv
posted by yoshiaki at 21:39 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック