2008年10月03日

チルトインデックスで位置決め5軸

200810031.jpg

エンジンヘッドの斜めにあいてるプラグホールのインタフェイスを設計変更するとかなんとかで、改修を依頼されました。
しかも図面ナシでとのことで、穴の真直と位置をひろうところからスタートです。

いつだったかにお世話になってるかたから頂いた三井精機のチルトインデックステーブルにて実施。
初めて使いますが、ジグボーラの人が使ってたのをチラ見したことがあるので大丈夫です。


φ15.00のバカ穴をφ15.100 J6(+0.006/-0.005)にボアアップするのですがバカ穴だけのことはあって口元はすでに公差をオーバーしてらっしゃいます。
取りしろが少ないのと、J6はかなり公差幅の小さい中間ばめなので他のインタフェイスとかじりつかないように、とっても慎重に穴の真直を出しました。0.006mmです。

穴の真直をひろった後に目盛りを読んでみたら、B軸(テーブル傾き軸)は29°ちょっとマイナスくらい、C軸(テーブル回転軸)は23°くらいというキリの悪い数字だったので心配になりましたが、仕方なしです。

てか、プラグ入りづらかったらもう、叩き込んでくれYO。

ボアアップは公差アウトしてるところの削り残りを見ると、うまくいったみたいです。

穴の70mm奥に70°の円錐シール面を作るという加工がありましたが、これは自分でドリルを研磨機で研いで作った工具でやりました。
シール面なので、テカテカに仕上がるように工具の逃げ面研磨をがんばりました。

こんな感じでけっこう手間ヒマかけてやりました。
ウチがもらう改修加工費は、たぶんこれを新製した会社よりも多いと思います。
posted by yoshiaki at 22:54 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます^^

追加工って、嫌ですよね><

最近、私の中で追加工はただ手間がかかるだけの製品になってしまってます。

苦労した分の加工費も貰えませんし・・・

そんな中で、当初の製作費より、改修加工費を多くもらえるyoshiaki様の、腕にただただ、感服でございまする^^

Posted by のりすけ at 2008年10月06日 09:53
他人が加工したやつはやっぱりやりたくないですよね〜。
オシャカにすると金額がヤバいです。

ってお客さんに断ったはずなのに、お客さんがウチにブツを置き忘れてったので、そのままやってしまったという。。。


>腕にただただ、感服でございまする

営業の腕ですか?
さすがに最近ちょっと高いよ〜!って言われてます。

加工の腕は経験年数2年未満の新人オペレータなので、みなさまの方が256倍も上だとちゃんとわかってます。
がんばります。
Posted by yoshiaki at 2008年10月06日 18:24
いえいえ^^
営業、加工の腕もさることながら、高いと言われても仕事が来る!!

そう言った状況に会社を持って行った、社長ヨシアキ様の手腕ですねー^^

むう、経験年数2年であの腕前ですか。

私の7年間ていったい・・・
Posted by のりすけ at 2008年10月07日 11:06
あ、すいません。
経験年数2年は、ほぼウソです。

父が鉄工所をやってたので、私は小学校5年生くらいで汎用旋盤と汎用フライス盤がひととおり使えました。
夏休みとか冬休みはずっとコーバでアルバイトしてましたし。

高校も機械工学科だし、就職した会社もバリバリ製造業だったのでずっとものづくりやってます。

M/Cのオペレータになったのが2年前ってだけですね〜。

高くても仕事が来るのはナゼなんでしょうね。
Posted by yoshiaki at 2008年10月07日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック