2008年07月20日

レールのようなもの

あまりにも仕事がたくさん来すぎて忙しく、ブログをなかなか更新できませんでした。

今日は日曜日ですが、送りが長くかかる仕事で時間がもったいないので読書しながら録りだめしたビデオをPCで見ながらおやつ食べながらCAMをやりながら加工してます。

0807201.jpg0807202.jpg

なんとなくレールのようなものを、四角い短冊材から削り出しです。
6種類を各1個ずつ。
材質SK3。難削材ではなく、ただの高炭素鋼です。
なんだか妙に取り代の多い材料をもらったので、パスが多いです。

等高線荒加工のみで、一発仕上げです。
使用工具は三菱APX3000のφ40 5枚刃のみで4.333mm切込み。

2DのCAMで加工しているのですが、なんか早送りで衝突するし、工具が鳴くような無理な加工もいっぱいするので難しかったです。

作り直したプログラムは加工前にCAM原点と製品原点が合ってるのを確認したら、もうあとは起動ボタン押してほっといても大丈夫。

金型の仕事でCAM慣れしたのがだいぶ効いてると思います。
posted by yoshiaki at 13:24 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック