2008年07月03日

とても小さい銅の2

0807021.jpg


不定期でたまに作る銅のミゾ堀りを久しぶりにやりました。

↓前回か前々回にやったやつ
http://マシニング加工.jp/article/43647800.html

今回はR1.5で幅3mmのミゾでした。
素直にR1.5のボールエンドミルで真ん中を走るとむしれるので、0.05mmほどオフセットしてダウンカットにしています。
板の端からミゾまでが0.5mmしかないのでエッジが切れないように少し気を使いました。面取りはしてはいけない感じです。
これを貼り合せて水を流すらしいですが、すごい漏れそうな予感がします。


最初のうちはMC-6VAでやってたのですが、こんなちっさいヤツにX1500ストロークはいらんよね、ということでロボドリルに引っ越しました。

ロボドリルはあんまし汎用の小間物加工には向かないと思ってたのですが、使ってみると別に普通でした。
むしろメモリカードDNCがとても便利で使いやすいです。
posted by yoshiaki at 00:38 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック