2016年08月30日

FlashからHTML5への波 ソーシャル問題解決 sekasuku は 最初からHTML5 を採用しています


ちょっと前にCacooのヌーラボさんが、「Good-Bye Flash ~ CacooはHTML5で生まれ変わります」という記事を書いていました。

ブラウザ上でグラフィックを書いたり、ゲームを動かしたり、動画を再生(有名ドコロではYouTube)するための標準的な技術として使われてきたFlashですが、そろそろセキュリティも甘いし時代遅れだよ、ということで色んなところがどんどんHTML5に乗り換えているようです。

ずっとFlashでシステム構築してきたものをHTML5に書き直す、というのは新たなものを作るわけじゃないので、精神的にも苦痛をともなう非常に大変な作業だと思います。

早めに対応しておかないと技術的に後塵を拝してしまうという、焦りから来る行動なのだと思います。

なにしろこのモバイル全盛の時代に、iPhoneやiPadなどではFlashが標準で動かないですからね。


弊社の sekasuku もブラウザ上で動的に論理ツリーのグラフィックを描きながら問題解決するというウェブアプリケーションなので、最初の開発時に手っ取り早いFlashを使って開発するか、それともプログラミングが大変そうだけど標準技術になりつつあるHTML5 + Javascriptで開発するかで迷いました。


迷ったときは難しいほうの道を選ぶと良いという教えがありますので、HTML5 + Javascriptを選択して以下のようになシステムを作りつつあります。



ログインしてから、左にあるタグリストで興味のある問題のキーワードをちょっと検索して、そのキーワードに関連するタグでさらに絞り込み、問題を開いて中身を動かしています。

ツリーをつなぐ動作とかも動画に入れればよかったなと、あとで気付きました。
興味があれば動画マニュアルをご覧ください。

ログイン無しでも見れる一般公開されているプロジェクトを開いて[動画で使い方を見る]を押すと動画マニュアルが出てきます。

http://sekasuku.com/project/180 [アメリカのハイウェイはなぜ道がデコボコなのか]


Javascriptにもグラフィックを描くためのフレームワークがあるので描画をイチから開発しているわけではありませんが、フレームワークに無い部品は自力でプログラミングして作っています。

ただ図を書くだけならアレですが、論理ツリーなのでAND条件やループ構造なども演算します。

作り始めてから思いましたが、けっこう大変だ、コレ。

私からこういう設計にしたいよ、こういう機能を盛り込みたいよ、とエンジニアさんにリクエストして、エンジニアさんにフレームワークを選んでもらったり、プログラミングしてもらいます。

たまに「やっぱすみません、ここやり直したいです」

と言ってせっかく作ってもらったところを破棄して、コード書き直すこともしばしばあります。


開発のやりかたやメンバーはまた後日の記事で紹介しようと思いますが、ちょっと面白い感じになっています。

とりあえずこれから主流になっていくであろうHTML5を使用しているのと、いまだに類似のアプリケーションを見かけないので、この分野のトップを走っているっぽい気がします。

GoogleAdwordsの担当さんが電話をかけてきて、どういうシステムなんですか?と聞かれたので軽く説明したら、けっこう面白がって「個人的に使ってみたいのと、ちょっとオフィスのみんなにも紹介しときます」と言っていました。

やっぱGoogleの中の人はちょっと変わってるなぁ、と思いました。

posted by yoshiaki at 22:30 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | sekasuku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

工場の吊り扉 修理完了


正面扉がとっても重たくて開け閉めが大変だったのですが、修理が完了して小指1本でも、とはいきませんがスイスイ扉の開け閉めができるようになりました。



6月の終わりくらいに工場のトビラが重いという記事を書いて、すぐに修理依頼してたのですがなかなか手ごわかったです。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/439285529.html

サビてまた動かなくなるのがイヤだと思って、業者さんにステンレス製の滑車を型番指定して依頼しておきました。
https://www.monotaro.com/g/00205323/


依頼した業者さんから、なにやら下請け、孫請け、ヒ孫請けへとどんどん流れていって、その都度なんどもおなじ質問が電話でかかってくるのでウンザリしました。
レールのサイズとか調べて資料もいっしょに送ってあったんですけどね。そもそも滑車を型番指定してますし。


話しているうちになんだか信用できなくなってきて「指定したステンレス製のヤツ以外を持ってきたら追い返しますからね」と念を押しておきました。


工事日当日、業者さんの持ってきたモノ確認しに行ったらやっぱり違うやつを持ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

一番安いヤツを持ってきてました。
https://www.monotaro.com/g/00138120/


「滑車なんて鋳物でもステンレスでも同じ!サビない!」と言っていましたけど、約束通りに追い返しました。やれやれ。
業者さんが持ってた指示書を見たら、私の指定した型番で手配するようにちゃんと書いてありましたので、理由は十分です。


いちおうその業者さんの言うことも聞きますよスタンスで、後日の工事の時にホントにサビないかどうか、比較のために持ってきてもらいました。

IMG_9634.JPG

左下がこれから交換するステンレス製の滑車、右上が間違えて?持ってきた一番安いヤツの滑車。

向こうで保管だったので、防錆油くらい塗っておくかと思ったんですけど。。。

まあいいです。面倒なのでツッコみません。



IMG_9639.JPG

これが27年間がんばってくれた、古い滑車を取り外したもの。

サビてますけど滑車自体の動きは悪くなくて、普通に動きました。

写真を見ると分かりますが、車輪の外側が削れています。

どうやらトビラの重量によってレールが傾いて、片輪走行で車輪外側がレールの内側を擦っていたようです。


00000306_00.jpg

ステンレスのやつはレールの傾きにも対応できるフレキシブルタイプだったので、レールが傾いてるなりに4輪均一に走って滑らかに動くようです。

。。。つまり鉄鋳物とステンレスは関係なくて、固定型かフレキシブルかがトビラが重たいか重たくないかを左右する要因だったようです。

でも妥協して追い返さずに鉄鋳物の固定型のヤツをつけてたら、新品に交換してもトビラが重いままで再工事になってたので、お互いのために良かったですね。


。。。まあ最初から言ったとおりにしてくれるのが、一番ですね。


吊りトビラが重たいのを修理したい人はたくさんいると思いますので、ご参考になれば幸いであります。

posted by yoshiaki at 23:25 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

「Misocaの急成長を作ったウェブマーケティングの秘密の話」のセミナーに行ってきました


これ。

https://misoca.doorkeeper.jp/events/50655


IMG_0205.PNG


Misocaさんは名古屋でフリーランス、個人事業主をターゲットにした「請求書作成サービス」を展開している急成長のIT企業です。

https://www.misoca.jp/


「名古屋だから味噌カ(ツ)」的なノリのミソカではなくて、大みそかとかのミソカです。

月末のことを「ミソカ」といって、12月のはスーパー月末なので大みそかなんですね。

月末(ミソカ)に締めて請求書を作ったりするところから、サービス名が決まったと聞きました。

ちなみ弥生会計の弥生は3月のことで、3月決算の会社が多いから「弥生」になったとか。


なにげに弥生とMisocaはグループ会社になってました。

https://www.misoca.jp/press/862

名前の決め方も近いし、良いんじゃないでしょうか。


私はかなり当初から弥生販売と弥生会計を使っており、Misocaさんのサービスを使っていないのでサービス内容の説明が出来ないのですが、昨日のセミナーで会ったスタッフの皆さんがとても良い人たちだったので、信頼できる良いサービスだと思います。

機能説明のページはここ
https://www.misoca.jp/tour

180円/通 で請求書の郵送までしてくれるらしいです。切手代とか、印刷費用とか、全部コミ。
(Misocaさんは、すごく儲からなさそう。私だったらプレミアムサービスも作りたいです。)


ウェブマーケティングの話をなかなか包み隠さず教えていただいて、たいへん勉強になりました。


どういう施策をとったら上手く行って、どういうキャンペーンが失敗したとか、登録率をあげるためのA/Bテストの具体例とか。

代表取締役の豊吉(とよし)さんが、泣きながら歯を食いしばって(?)ひたすらプレスリリースをとにかく送りまくったメールボックスの図とか、想像できて笑いました。

すごいコツコツと正統派の作業を積み重ねてやっているんだなぁ、というのが印象的でした。

これからも要注目の会社だと思います。

Misocaのみなさん、たいへん有意義なセミナーを行なっていただいてありがとうございました。



あ、この勉強会に参加した理由は、わたしのウェブサービスの http://sekasuku.com を盛り上げるためです。
念のため。

posted by yoshiaki at 11:46 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | sekasuku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

TOC思考プロセスのツリーがWebで作れるsekasukuがさらに使いやすく!



ログインしてちょっと話しているだけで勝手に論理的思考になって、ナウなヤングにばかうけな問題解決システム、sekasukuが使いやすくなりました。


Image3.jpg


http://sekasuku.com/project/138


上の画像だと、「人生何があるか分からない」 したがって 「35年ローンとか組む気にならない」

と十分条件のつなぎ方で読む約束なのですが、なぜか矢印線の向きを逆につないでしまう人が多かったので矢印線の横に「したがって」と表示して読みやすくなるように仕様変更しました。


以下はプレスリリース

http://press.sekasuku.com/2016/08/22/21


いまは対立解消図の矢印線を逆に解釈してしまう人が多いようなので、対立解消図にも 「〜のためには」と表示されるようにしたいと思います。


注:

現在のsekasukuはかなりアーリーアダプター向けのシステムです。
プラス、弊社の社員のように、すばやく習得できるような賢い人向けです。

web06.png

初期のうちのユーザには、のちほど「〜番目のイノベーター」とか、「〜番目のアーリーアダプター」のような称号タグをシステムから付与しますので、レイトマジョリティの人たちに「わたしsekasukuのイノベーターなんだー」とでも言って自慢してあげてください。

posted by yoshiaki at 10:06 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | sekasuku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

HILLTOP(ヒルトップ)株式会社 | 京都宇治の試作屋さん に見学に行ってきました


3、4ヶ月くらい前に、丘の上さんに見学行かない?とまっどだいまるさんからお誘いがありまして、見学にうかがいました。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/436146677.html#comment

まっどだいまるさん、ありがとうございました。
とても勉強になり、帰りのクルマで社員さんたちといろいろマネしようと話しました。


見学に行ってきたところは、ここです。

HILLTOP株式会社さま http://hilltop21.co.jp/

ホームページに女子がけっこう顔出してますね。。。




このTV局は「人がいない工場?」「NCプログラマがすべて!」とかだいぶ勘違いしているようですけど。
そんなわけが無かろう。



製品や図面を写さなければ写真撮影が自由と言われたので、少し撮らせてもらいました。

IMG_9504.JPG  IMG_9506.JPG


アルミの加工に特化していて、特急モノ大好き!と言っていました。
「私たちが作り上げてきたシステムであれば、特急モノでも対応できるんです」と自信をもって言っていました。


なにしろ社内にアルマイト設備を持っています。

IMG_9508.JPG

アルマイトで下請けはせず、自分たちで加工したもののために使うそうです。
午前に受注、午後に加工完了、というスピード感で特急加工したものを大名商売のアルマイト屋さんに持っていって
「あー、急いで3日ね」
「そこをなんとか!」
とやってるのがイヤになって、アルマイト社内に持たへん?、よし持とう!となったそうです。

アルミに特化したからこその設備投資と言えますね。


機械加工に関しても面白くて、わりと新人さんでもNCプログラムが作れるように工具データベースやITシステムを充実させていて、経営者側がオシャカをちゃんと許容しています。

NCプログラムをミスって製品をオシャカにしたら、データベースにフィードバックをかけて、今回と、今後似たようなものが来てもオシャカ再発防止するんだ、と言ってました。

うちも似たようなものですが、失敗許容率がけっこう違うな、と思いました。

アルミの小物で複雑加工のものは材料費が安くて付加価値が高くて、再製作しやすいという利点があるから、そのフィールドの特性をうまく会社のシステムに活かしてる感じでした。


カフェテリアも充実。

IMG_9512.JPG  IMG_9509.JPG

これはなかなか儲かってますな!
posted by yoshiaki at 10:27 | 愛知 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

エアコンがよく効くように


いままで10馬力のコンプレッサ(レンタルのヤツ)を工場の屋内に置いていたのですが、先日導入した屋外の20馬力のコンプレッサに切り替えました。

IMG_9477.JPG


これで急に工場内のエアコンが良く効くようになりました。

涼しい涼しい。


10馬力のコンプレッサは排気が何℃なのか分かりませんが、なかなか熱くて、エアコンの冷風を吸い込んで熱風に変換して吐き出すので、エアコンが常にMAXパワーなのにあんまり涼しくありませんでした。


コンプレッサを屋外に出すというのは良い選択でした。
20馬力のやつは、排気温度が85℃のようです。


ドライヤも付けてよかったです。
今まではカマタテクナスのウェルエアというのをつけてエア内の水分と油分を除去していました。

http://www.kamatatecnas.co.jp/

もちろんこれはこのまま使い続けるので良いのですが、これだけで水分除去をすると機械の近くでドレンが出てくるのでバケツ置いておかないといけないんですよね。

たまに一杯になってるの忘れて溢れたり。

ドライヤで予め水分をある程度とっておくと、工場内の管理がラクです。


オイルフィルタもつけたので、とても清浄なエアが出るようになりました。

http://www.kuroda-inter.co.jp/products/?id=1288252193-206774&ca=7&p=1


これで光学スケールが入ってるDMG DMU80が調子良くなると思います。


とりあえず涼しくて快適です。

posted by yoshiaki at 12:31 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

じわり。。。じわり。。。 TOC思考プロセスのツリー作成と議論がWEBでできるsekasuku


毎日じわり。。。じわり。。。と少しずつsekasukuのユーザが増えています。

TOC思考プロセスについて何も知識がない人がsekasukuにログインすると、なにをすれば良いのか分からないという話もチラホラ聞きます。

いまはまだ開発中でアーリーアダプター向けのシステムなので、全くの素人ユーザには、やさしくないのは確かです。
TOC思考プロセスが使える人を増やしていかないと、システムとしては成立しないと考えています。

http://sekasuku.com/project/55

(問題の半分は問題解決手法のTOC思考プロセスが知名度が低いってことなんですけど。。。)


と、思っていたのですが、弊社の社員さんのなかでいちばんの新人さんが全くの無知識でsekasukuにログインし、「日本ではサッカーよりも野球が人気」という問題解決プロジェクトをふつうに作っていました。

http://sekasuku.com/project/167

サッカー好きの社員さんとしては、野球ばかりTVで放送するのが許せんらしいです。
その理由がなぜなのかを現状問題構造ツリーで分析してくれました。

私としてはべつにサッカーも野球もどっちも見ないから良いんですけど、こういう問題にも使えるんだなということが分かって面白かったです。


まったくの無知識な状態から、私が作った動画マニュアルを見ただけで現状問題構造ツリーを作り始めたのですが、非常にうまくツリーが出来ていて、動画マニュアルはけっこう役にたつんだということを証明してくれました。

↓これ
https://youtu.be/It5y_q3gB5o


いちばん下の原因で「歴史が浅い」というのはどうしようもないことなので、歴史が浅くてもみんながサッカー好きになる画期的な解決策を、こんどは対立解消図で考えてくれないかな、と思います。

Jリーグの協会?とかにアイデアを教えてあげれば、神として崇められるのでは。

posted by yoshiaki at 17:57 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

20馬力のクロダ ロータリベーンコンプレッサを導入しました


コンプレッサ置き場に設置しました。

IMG_9428.JPG

重量430kgで、フォークリフトが坂道なかなか登ってくれないので設置が大変でした!


20馬力のコンプレッサ、30馬力用のドライヤ、230Lタンクの3点セットで買いました。
吐出量が2,000 l/minで、いまどきのスクリュー式コンプレッサと比べるとちょっと少なめですかね。

ロータリベーン式は構造的に長寿命で15年くらいは余裕でもつそうなので、それが目当てでした。
イギリス製らしいです。

http://www.kuroda-inter.co.jp/rotary/


CF55F8D3-1622-47B3-9B2D-13383FAAFBE3.JPG

モーターとコンプレッサが縦置きレイアウトなのが気に入ったので、このモデルにしました。

http://www.kuroda-inter.co.jp/products/?id=1322054603-019340&ca=4&p=1

20馬力もあれば、エアーでキリコ吹き飛ばしながら加工したり、Vortexチューブで冷却しながら加工したり、ブローバックの掃除機をガンガン使ってもエア切れしなくなると思います。



今回コンプレッサを買ったのは、10馬力のやつをぶっ壊したからではないのです。

もともと20馬力のコンプレッサを買おうと思っていて、10馬力と20馬力を2台持ちにしようとして20馬力のコンプレッサを発注し、コンプレッサ置き場を作りかけていました。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/440607384.html

20馬力のコンプレッサを発注した2日後に10馬力のコンプレッサが大破轟沈。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/439322646.html

仕方がないので、コンプレッサをレンタルさせていただいたという流れでした。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/439389756.html
posted by yoshiaki at 12:42 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

自社製品を買っていただけました チップソーホルダー



自社製品のチップソーホルダーを買っていただけました!
ありがとうございます!

IMG_9405.PNG


企画開発、販売までぜんぶ手掛けた社員さんが、たいへん喜んでおります。


https://shimadakiko.thebase.in/items/3964329



販促用の動画が分かりにくいにも関わらず、想像力を発揮していただいてありがとうございます。


弊社の社内でも使っていますが、とても高効率で金太郎あめ工法が出来るので快適です。


5軸だとボールエンドミルとかでビーバーみたいに削ってノッチ作れるんですけど、時間かかるんですよね。

1814f7d8acfcca04a0d2ce39ebc32858.png


これをチェーンソーみたいに切ってノッチを作るという工法です。(斜め切断はしないけど)

zba1-7.jpg

「製品を加工しては切り飛ばし、Z原点を下げて製品を加工しては切り飛ばし」、という金太郎あめ工法は、高速爆儲けサイクルの製品を加工する際に、わたしが何となくやり始めたものです。


ロボドリルとかで良くやっていたので、過去にサイドカッタについて記事にしてます。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/165486195.html
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/165828801.html


社員さんたちが入社してきた時には既にずっとやってた工法なので、こういうものだと思って定常的にやっているようですが、他社さんではやってるのを見たことが無いです。

とても便利なのでぜひやってみてください。

そして市販のメタルソーアーバでやってみて、やりにくさを実感してみてください。

うちのやつを使ってみると、不満がぜんぶ解消されてて使いやすいのが分かるはずです。


ご注文はこちらからどうぞ!

https://shimadakiko.thebase.in/items/3964329


posted by yoshiaki at 13:39 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

初めてプレスリリースというものを書いてみました ソーシャル問題解決 sekasuku webでTOC思考プロセス


シマダ機工有限会社(機械部品製造業)は、「WebでTOC思考プロセスのツリーを作成してグラフィカルに議論と問題解決ができるソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』」のβ版を公開し、ユーザ登録の受付を開始しました。

■ソーシャル問題解決システム『sekasuku』サービス概要

従来のQ&Aマッチングサービスやキーワード検索などでは解決することができないような難しい問題を、TOC思考プロセスという問題解決の専用ツールと、トーキングスティックという議論をコントロールする仕組みを使うことで、効果的に問題解決できるようにしたオンラインマッチングサービスです。


tree.jpg   base.jpg


■本サービスは、以下の様なユーザをターゲットとしています。

・従来のQ&Aマッチングサービスやキーワード検索では問題が解決できない個人ユーザ。従来Q&Aサービスと同様に質問を投げかけると、TOC思考プロセスに基づいた効果的な解決方法を教えてもらうことができます。

・会議室でホワイトボードを使って経営会議、営業会議をしている企業ユーザ。ホワイトボード面積の制限なしで、会議室に集合しなくてもTOC思考プロセスを使った効果的なオンライン会議ができます。

・社会問題や政治問題の解決に興味を持つユーザ。社会問題の構造と解決方法を理解しやすいTOC思考プロセスのツリーでインフォグラフィック様に表現し、シェアして共通認識にできます。政治家のマニフェストが社会問題の解決に効果があるかを検証できます。


議論した内容はクラウド上のサーバに保存されるため、インターネット環境があればどこからでも議論や管理が可能で、シェア、コンテンツ化が容易にできます。

一般のSNSと同様、公開範囲を設定するプライバシー管理の機能があります。
サービスの登録は無料です。将来的にお礼ポイントや広告による収入を予定しています。
開発途中ではありますが弊社社内での問題解決に効果をあげており、一般ユーザの利益に資する可能性が有るためβ版としてユーザ募集をします。


■開発の経緯

弊社のような製造業では生産工程の改善や経営の改善などでよく使われる「TOC思考プロセス」ですが、この問題解決手法で分析する場合はコンサルタントと一緒にホワイトボードや模造紙に付箋を貼って分析することが多いです。問題が多くなってくると付箋やそれをつなぐ線がゴチャゴチャして問題解決がめんどくさくなってきます。広い会議室にみんなが集まって分析するというのもイベントっぽくて良いのですが、Webで出来たら良いなというのが開発動機です。社会問題もみんなで解決できたら面白いかと思って「ソーシャル問題解決」というSNSのスタイルにしました。sekasukuという名前は、社会問題を解決してsekaいをsukuおうという中二病的なアレです。


■サービス内容

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』
URL: http://sekasuku.com
受付開始日:2016年08月01日
正式オープン:未定
開発・運営:シマダ機工有限会社



■プレスリリース記事へのリンク

http://press.sekasuku.com/2016/08/03/5
posted by yoshiaki at 11:03 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | sekasuku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

新商品 チップソーホルダー


新商品、発売しました。

https://shimadakiko.thebase.in/items/3964329

0ea73f1fcade049b58c9722172ef7331.jpg






動画は3軸機のヤツですけど、弊社では5軸で丸棒から製品を削りだしたあとの切断とかで良く使います。
パズルピースを作るとか、なかなか面白いセンスですね。

丸棒や長めの角材から削りだしては切断、Z原点を下げて同じものを削りだしては切断、という高速爆儲けサイクルのときに使うお助けツールです。


高額な超硬ソリッドのメタルソーの代わりに、安いディスクグラインダー用の超硬チップソーを工作機械で使えるようにしたホルダで、うかつにうっかりよく割ってしまうメタルソー代が浮きます。

メタルソー下が5mmの薄型なので、バイスのギリギリまで使えて材料のつかみシロが少なく出来ます。


諸元
ホルダ材質: プリハードン鋼 黒染処理済
シャンク径: φ20mm
全長: 124mm
フランジ径: φ30mm
メタルソー下突き出し: 5mm
チップソーは付属しませんが、販売ページにおすすめチップソーのリンクがあります



ぜひ購入をお願いします!!

https://shimadakiko.thebase.in/items/3964329

posted by yoshiaki at 11:16 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

懐かしのPW6000グッズ


会社の本棚を整理していた社員さんが、なんか本棚からタイルが出てきましたと言って持ってきてくれました。


IMG_9356.JPG


あ、これは幻の。。。。PW6000エンジングッズ!


すごく中途半端で幻に終わってしまったPW6000。

「コストを下げる」を主眼において大切なモノを見失ってしまったPW6000。

どのみちCFM56やV2500の市場に入っていくのは無理だったPW6000。

けっこう立ち上げに苦労させられたのに、100基未満しか売れてないっぽいPW6000。


大きな会社でも大失敗することは、普通にあるんですよね。
それでも会社が傾かないP&Wはすごい。
さすがB-29のエンジンを作ってた会社。(8月になると、なんかチクチク言いたい気分)


なんか貴重なグッズになりそうだから、大事にしまっておこう。

posted by yoshiaki at 09:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする