2009年07月30日

トランスフォーマー 2、3号機

200907301.jpg


開発コードが「トランスフォーマー」て定着してしまった今日この頃、みなさま如何お過ごしでしょうか。

2号機と3号機をつくりました。

写真の1番上は1号機です。

2、3号機は1号機と比較して、もっとも弱い部分の強度を約1.7倍にして、重量は1.2倍っていう感じの仕様です。


主に断面二次モーメントを上げるようにココロがけて設計変更しましたが、それを加味しても想像してたよりは重たくなりませんでした。


生産性設計により、だいぶ作りやすくもなりました。

作るときにいちばん苦労したところは、組み立て中で手が離せないときに蚊に刺されるのをガマンしないといけなかったことです。

あとで思いっきり叩いて、吸われた血をぜんぶ手のひらで取り戻しました。


なんか他にも設計したいわぁ〜。


posted by yoshiaki at 20:49 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

平面度

まえからやってる汎用旋盤で0.01mmの平面度の加工。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/111621280.html


今日、取引先で3次元測定器をもっているところに平面度を測ってもらいに行ってきたのですが、そこで衝撃的な事実を教えてもらいました。


中凹みになるってのは、メーカー出荷時にわざとそういう風に調整してあるんだそうな。

フランジなどを作ったときに、中凸だと定盤の上でフラフラして印象が悪いからだそうです。


ホントかよ、と思ってアマダワシノに電話して聞いたらバッチリ事実でした。

調整の仕方も聞いたら教えてくれました。
主軸アタマを振ってやるんだそうです。

アタマを振って平面度を出すように調整すると、短い軸を加工したときに少しテーパができるはずですが、せいぜいh7やg6程度の公差だからイケる。


あのアホみたいに固いボルトをゆるめなきゃイカンのが難点だが。。。


ヨシ、やるか。
posted by yoshiaki at 22:54 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

すっごい機械みてきました

今日は取引先の「オープンハウス」というイベントに呼ばれたので行ってきました。


先代の時代からから長年取引をさせていただいてますが、初訪問です。
なんじゃそら、と言われるかもしれませんが、ホントです。


出血大サービスで現場から事務所から完成した機械の試運転まで、ガンガンに見せていただきました。

ぃゃ〜、デカイのが動いてると、まことに壮観です。
ズダダダダダ〜っ!って感じです。
" ダ "は毎分250回くらいのペースで発音お願いします。


こういうのを見ると見ないとでは、部品を作るときの気合もだいぶ違ってきますからね〜。


部品加工に関しては提案が出来そうなところもあるので、ビジネスチャンス拡大にも役立ったかな〜。

posted by yoshiaki at 21:14 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

飛行試験は延期します

200907272.jpg

本当は6月中に飛ばすハズだったんですが、ウィングボックス上部に強度上の問題が見つかりまして、飛ばせませんでした。

エンジン自体はなんとか飛ぶ程度の性能は持ってるんですけど燃費悪いし、重いし、機体もファスナーの不良とかストとかで目くらまししながら張り子のトラをまるで飛ぶかのように見せかけて迷走しています。


あ、ラジコン飛行機の話です。


初心者用のヤツです。
3台あるように見えるのは目の錯覚ではなく、3台あります。

1台落っことして壊したので、知人から2台を部品取り用としてもらいました。

プロポは3つもいらんのだが。

エレベーター(尾翼の上下に動くやつ)のないやつで、エルロン(主翼の上下に動くやつ)とプロペラのON/OFFで機体が上昇するタイプなので、これがじつはかえって難しい。
ラダー(尾翼の左右に動く舵)をきるたびに高度が落ちるので、狭いところで飛ばすとなかなか高度がとれないんです。


初心者はどうせコントロールできないから、チャンネル少ないプロポにしとけーって発想がね、いかんとおもうんですよ。

ジョイスティックでコントロールできるようにしてくれ〜!!
(高橋名人の16連射ボタンはいりません)


だれかラジコン飛行機ウマいひと、教えてください。
お願いします。
3機全滅はイヤです。

すっごいラジコンヘリのアクロバット動画
posted by yoshiaki at 23:33 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトレイバー

200907271.jpg.JPG

旧自宅に放置してあったマンガ。パトレイバー。

ココネが寝てて遊んでくれないので、なんか最終巻の22巻だけ読も〜って手に取ったら面白くて、22,21,20,19・・・と繰り下がって読んでます。

う〜ん、やっぱりこれは人型ロボットマンガの名作だ。

ガンダム好きの人には申し訳ないけど、もう、パトレイバーを読んだらガンダムなんて「坊やだからさ」と言いたくなります。


でも人間が格闘ロボットの中に乗って操縦するなんて発想、いつまで続けるんでしょう。。。

格闘で10G越えの機動をしたくても、人間が中にいたら邪魔やんね?


なんか、ウチでも「機体」と呼べるようなもの、作りたいな〜。
posted by yoshiaki at 21:34 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

トランスフォーマーを量産しかけ

200907251.jpg

設計はしたものの、微妙に設備が空かなくて手付かずだったトランスフォーマーをやり始めました。

生産性設計をほどこしたおかげで、前回よりも格段にやりやすくなりました。

土曜日だったから電話もなくて、はかどりました〜。


ひとまず2台分だけ作ってみて、ぼちぼち量産準備にかかります。
posted by yoshiaki at 19:12 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

結局サービス呼んだ

200907231.jpg200907232.jpg


ベッドに給油するための樹脂パイプラインが硬化してて、パキパキ割れます。

もうすでに何本か割れてるところがあって給油できていないので、オークマサービスを呼んで直してもらうことに。

いままで油切れした状態でベッド摺動してたのね。。。

そのほかにも、いろいろダメなところがありました。

Z軸のボールネジと刃物台を接続してるボルトが緩んでてバックラッシュがとても大きかったり、内径バイトを取り付けるところの芯がそれぞれけっこうずれてたり。

すごい時間かかったけど、サービスに来てもらって良かった。
なにげに20時30分現在、まだ作業中。

請求書が怖ぇえええ!
2人来てるし!
posted by yoshiaki at 20:37 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

NC旋盤の分解調整

200907222.jpg


NC旋盤 Okuma LB-15。

刃物台がちょっとずれてて、製品の深穴加工をやろうとすると刃物のハラがカジるというトラブルを抱えていたので調整することに。

サドルの位置決めだけでは調整しきれず、カミソリ調整にまで手を出し始めました。


LB15のテレスコカバーを開けるのは初めてのことです。

ベッドをみると、ちっこい機械のワリには広くてしっかりした摺動面でなんかイイよね〜と思いました。


まあソレはさておき、はやく調整終えないと納期が。

posted by yoshiaki at 22:23 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難削材のfraisage

200907221.jpg


何回かやってるA286のfraisage加工。
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/pages/user/search/?keyword=A286&vs=http%3A%2F%2Fxn--qckn4dud5e146u9qq.jp%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS


「フライス」ってフランス語なんですよね〜。
むかしフランス語圏に行ったときに、フライスしるぶぷれ!て言われて驚愕した覚えがあります。


ニッケルいっぱい入った材料の加工は楽しいね〜。
posted by yoshiaki at 21:46 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

ヘンタイ

ヘンタイの森へようこそ。

今日、製品を出荷したらお客さんに「こんなヘンタイ的な加工、よくやりますね〜」と言われました。

。。。自分で発注しといて。


加工しながら、自分でもちょっとヘンタイかな?と思ってたんですが、やっぱりそうだったん。


でも人によって反応はさまざまです。
社員Yさんは私のヘンタイぶりを良く知っているので、いまさら驚きません。
親父Kさんは、どこがどのように難しくて、自分ではとても出来ないことを知っているので驚き、「わんぱくでも良い、たくましく育って欲しい」と言います。
新人Mさんは何がなんだかわかんないので、まったく驚きません。


たぶん新人がいちばんの大物。

posted by yoshiaki at 23:52 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミスミ

昔、金型屋さんの現場に見学に行ったときに、ミスミの超硬エンドミルとか、ボールエンドミルとかが置いてありました。

当時の私はソリッドエンドミルはOSG派だったので、「なんじゃこのわけのわからんエンドミルは〜」とか思ってたんですが。

最近、自分でもミスミのエンドミルを使うようになってきました。

理由は、売れ筋のヤツを選べば、ものすごく安いから。
R3の超硬ボールエンドミルが、1360円とか。
中途半端なサイズだと、普通の価格です。


性能はまあ、ぼちぼちでんな〜ぐらいです。


費用対効果は非常に良いですね〜。
posted by yoshiaki at 22:01 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

疲労感

3連休。

うちもカレンダーでは3連休の予定だったのですが、ムリでした。

疲れたのでアイスクリームがおいしいです。
posted by yoshiaki at 20:57 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

プランジ加工をしてみたよ



はじめて動画をアップしてみました。
横向きになってるのを直すことができないです〜。


荒加工で肉がたくさんあるときに普通のミリング加工をするとエンドミルのアキシアルレーキのせいで製品が浮き上がってくるので、プランジで治具に押し込むという姑息な方法で加工してみました。


中心底刃のないφ10スローアウェイエンドミルでニブル切削してます。


ロボドリルみたいなヨワッチイ機械でも、プランジなら結構な重切削ができます。

底刃で荒加工、横刃で仕上げ加工と刃物の摩耗も分けられるのでオトクです!
posted by yoshiaki at 00:25 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

長尺モノ

200907171.jpg


やたらと忙しくなってきたので、親父を投入して長尺モノの加工をしてもらいました。

とても簡単なので新人のトレーニング教材に使ってたのですが、納期が迫ってきたので。。。

X軸のストローク1520mmに対し、製品は1760mmなので1回ズラして加工する必要ありでした。


こんなに簡単なのに、なんでか知らんけど親父は加工条件を間違えまくりでザグリ用エンドミルを溶かして焼きつかせてた。

ほぼ新品のエンドミル。。。
posted by yoshiaki at 22:37 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

ビョーキ

ロボドリルで加工するとき、CAMなしではぜんぜんプログラミングできません。

手打ちでプログラムすると、行ENDコードの「;」を忘れまくりです。
改行コード入れてるんだから、そこは察してよ!

穴1個あけるのでも、わざわざCAMを立ち上げて。。。

まえはCAM使いを目指していたんですが、いまはもう、CAM病(やまい)です。
たぶん不治。


ところで、ちょっと前に作ったトランスフォーマー。

あれはあれで商品として今後も作っていくのですが、あれを見たかたが弊社の設計能力を高く評価してくださって、他の機械部品の設計改善や製作をお手伝いすることになりました。

実は、そういう仕事スタイルを目指してたんです!!

お客様から「アドバイスちょうだい」って言われるとすごくウレシイっす。

お客様「安くしてほしいんだけど」

私「このままだと作りにくいので、機能はこのままで設計を変えても良いですか?組み図などでインターフェイスと周りのクリアランスを教えてください」

お客様「OK。あとは任せます。」

みたいな感じで、新規開発だけでなく、VEなんかも承っておりま〜す。
posted by yoshiaki at 23:22 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちっさい板金モノが出来つつ

200907162.jpg

またモザイクかけちゃってますけど。。。


ちっちゃいけど、ラジアスエンドミルのR0.3の部分で隅Rをスジ彫りしたりとかナンヤカンヤで時間がかかるので加工時間は20分くらいあります。

3Dモデルでさんざん見てるのに、出来上がった現物を見ると改めて「こいつはプレスじゃムリだわ〜」と感じました。


でも削り出しもイヤなので、ぜひとも量産しないで欲しいです。


板厚0.5±0.05mmは部分的にしか測定できないっす。
切断して断面を測ればいいのだろうか。。。
posted by yoshiaki at 22:22 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ちょい苦しい

お中元ピンガーの効果もあってか、仕事が集まってきました。
ストック棚がいろんなもので溢れてます。

200907161.jpg

難しいのもあるけど、通常レベルのもののほうが多いです。

でもまだ新人さんにはムリなので、ちょっと苦しい。
教育用に設備を1台、占有しちゃってるし。


通常レベルのを任せておけるようになれば、難しいヤツに私が集中できるようになるので会社の限界能力が上がるはずです。


なるべく急いで新人鍛えます。


それにしても今日は来客が多かった〜。
posted by yoshiaki at 22:17 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

お中元を持って

お出かけしてきました。

まあ、様子を見に行きたいところは手で持って行くという感じです。

私はこれを「お中元ピンガー」と呼んでいます。
潜水艦が周囲の探査のために、コーンという音探を打つことをpingっていうのですが、それにならっての命名。


で、午前中で4社くらい回ってきたのですが、なかなか興味深い状態になっていました。


景気の影響を受けてないところを発見! これで2社目!
業種的には不況じゃないということが予想外で、ノーチェックでした。


お中元のお礼?として仕事をくれたところもありました。
難削材の加工なので、もらいやすかったっす。


去年の夏に最高益を出してたところ(なにげにウチの主力だった)は、ガラガラだったり。



なんやかんやで顔を思い出してもらったし、なるべくウチにあった仕事を見つけてくれると皆さんおっしゃってくれました。


お出かけもたまには良いけど、手持ちの仕事をさっさと片付けないとちょっとヤバくなってきた。
posted by yoshiaki at 21:55 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

板金を削り出す

クリティカルパーツなので、写真の一部にモザイクかけました。

200907131.jpg

φ13くらい、高さ23くらいで板厚0.5mmの変な形のSUS304板金モノ。
試作プレス屋さんがイヤがってやってくれなかったので、マシニングで削り出しです。

難しいところは肉厚が薄めなのと、深堀りなところです。
φ3首下長25のロングネックラジアスエンドミルで加工だよ、と数日前にも書いたかも。

CAM任せなので別に自分は大したことしてないのですが、吐き出されたNCプログラムが14,008行(308kByte)もあって、ちょっと仕事した感が楽しめます。



CAMに付属のシミュレータが優秀なので食い込みや衝突は心配なしで、ロボドリルにいきなり本ちゃん材料を載せ、ドライランとか無しでふつうに加工してみました。


シンプルな3軸加工なので演算にツマリもなく、出来た製品もぼちぼち。
製品が小さいので、板厚0.5mmっていっても剛性はけっこうあるみたいです。
posted by yoshiaki at 19:59 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

鋳物の6面削を勉強中

旋盤のほうはテスト加工が一段落して、その結果に基づいて工具手配をしたので、それが来るまで社員Yさんにはマシニングの仕事を引き続きやってもらうことに。

旋盤もマシニングもできるってのは、やっぱいいですね。
いろいろやってもらえる。

なんか社員について自慢できるって、すごいウレシイ( *´艸`)ウシシ


で、新人さんに鋳物の6面削のトレーニングをしてもらってます。

200907091.jpg

直角度の高い6面削はいろいろなものの基本ですからね。
がんばっておくれ。



わたしの方に新人さんをつけなかったのは、説明を聞いてもよく分からないであろう、シビアな加工をしていたから。。。

なんか変な部品の量産サプライヤに成るためサンプル品を提出することになって、ちゃんぴょんパーツを作っているところです。

提出数は1個ですが、1個目からちゃんぴょんはちょっと厳しいのでいくつか作ることになると思います。

ここは頑張りどころ。
posted by yoshiaki at 21:38 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

旋盤を

200907081.jpg200907082.jpg

頑張り中ですね。


社員Yさんがやってた旋盤加工品は今日やっと出荷して、そしてもう次のロットの発注予定をいただきました。

いまの世の中、旋盤がアツいんですか?

うち、マシニング加工.comなのにな〜。
posted by yoshiaki at 21:17 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

タナバータ

やばぃ、ロマンちっくなことがなんもなかった(笑


微妙にいそがしくなってきましたが、難しいものばかりで悩んでます。

プレスで深絞りして作るようなものを、誰もプレスで作ってくれないからマシニングで削りだしてつくることになり。

φ3首下25のロングネックエンドミルでSUS304の丸棒をチマチマ深堀り削りして、板厚0.5mmのキャップみたいなのを作るとか、そんなんです。


難しいのと簡単なのをセットで見積もりして、セットじゃないと受注しませんよ〜と言ってるのに、簡単なのはヨソ様で、難しいのだけコチラに持込まれるとか。。。



こういうのは人が増えても、捌けていかないんですよね。


すこし空を見上げて何かがこぼれないようにしないと。
posted by yoshiaki at 22:08 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

あなたが孔明か

たしか2週間前に、社員Yさんは始めてNC旋盤をさわったんだとおもったんだけど。。。

もう新人に教え始めています。


200907061.jpg

おぬしが平成の孔明だったか!

わたしも教えてもらいに行けばいいですか?ヽ(゚∀゚)ノ dj!


いまはこんなの作ってます。

200907062.jpg

POMという樹脂で、すごく肉が薄いのを作ります。

初めてやる材料なので、機械的性質や摩擦係数などをネットで調べ、かるくネガのチップで削ってみて焼きつくかどうかを調査したのちにドライカットで削ろうということになりました。

とほぼ決まったところで先代社長(わたしの父)が「超硬の刃物で加工すると熱をもって焼きつくから、ピンピンに研いだハイスの刃物でやらないとダメ!」と怪しげな都市伝説を語りましたが、それはスルーして当初の予定通り加工してもらいました。

我が社では

超硬=>熱を持つ
ハイス=>熱を持たない

という物理的な現象の説明を伴わない意見は、どんなに長年の経験をつんだ偉い人の意見でもバカにします。

刃先がシャープでない => 塑性変形熱が大きく、キリコが溶融して焼きつく

と説明し、

「刃物材質は超硬でもハイスでもなんでもいいけど、刃先をシャープにしたまえ。」

と言われれば誰もが納得し、時にはハイスでシャープな刃物を作り始めることもあります。


我が社にとって技術とは、長年の経験に培われた熟練工の感覚ではありません。

そんなものはどうでもよくて、莫大な詰め込み知識をバックボーンに思考実験を繰り返し、仮説をもとにリアルでピンポイント検証し、結果を整理することなくネットワーク接続から取り出し、論理的に他者に説明できることを我が社では良しとします。

ちょっとさわって0.001mmの段差が検知できる熟練工、とかNHKでたまにやってるけど、光学で誰でも視認できるものを、なぜ触って検知する必要がある?

段差は検知できるが、勾配は0.010mmですら検知できまい?

おまえはどうやってその検知のしかたを他者に説明する?

NHKの記者は煙にまけても、○$#※?>&!!

などと熟練工がどーのこーのな特集を見るたびにツッコミをいれてる、ちょっとだけ「坊やだからさ」なところをもっているしまだなのでした〜。(今日のわんこ風)


そんな能力を要求されるので、うちの社員さんは大変なんだ♪
posted by yoshiaki at 23:07 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろあった

金曜日に「まっどだいまる」さんと「ひでピン」さんがきました。

サプライズ来社のつもりだったらしいですが、予想してましたよ。。。

あんまり時間が無かったようで、ほとんど我が社の秘密は漏れずに済みました。


土曜日は「クッキングおやヂ」さんが極上のスイーツとともにやってきました。

おいしかったです。ありがとうございます。

なんか機嫌が良かったせいか、ちょっとだけ我が社の秘密を漏らしてしまいました。
たいしたことではないですけど。

先週はとても気忙しかったため、ミヒャエル・エンデの「モモ」が読みたくなったので買って読みました。



浮浪児で遺跡のスキマ部屋に住んでいる、誰に対してもオープンな女の子が、時間貯蓄銀行の時間どろぼうと戦うっていう童話形式のお話です。

対象年齢が小学生高学年と書いてあるものの、エンデを「通貨研究家」として捉えて読むとこのお話の深奥にあるエンデが語りたかった別のストーリーが浮かび上がってきます。

http://rothschild.ehoh.net/material/animation_03.html

最近、ロスチャイルドが面白い。
posted by yoshiaki at 00:33 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

ヤシマ作戦

なんか金曜ロードショーでエヴァやってたので見ました。

むかしの普通バージョンでも私がもっとも好きな戦闘シーンに「ヤシマ作戦」があります。

日本中の電力を1丁のライフルに集めて、そのエネルギーを使って「ビーム」を作り、超長距離射撃で目標を撃破するという作戦です。(見たことない人向けの説明)

この映画版、せっかくリビルドして製作しているのに、14年前につくったもの(外注製作で製作元が気に入らなかったからリビルドしたらしい)とくらべても迫力に劣る気がしました。

ちょっと期待してたのに、残念。
3Dグラフィックつかってかっこよくリアルに仕上げればいいってもんじゃないと思うのです。


魂なぐり書きで魅せてほしかったな〜。
posted by yoshiaki at 23:19 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

新人キタ

200907013.jpg

ながいこと待ち望んだ新人がようやく来ました。

しばらくは、なにかと忙しくなりそうです。
posted by yoshiaki at 22:42 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多能工化

いままで社員Yさんは旋盤をまったく使ったことがなくて、旋盤仕事が出来ませんでした。

しかし、ここ最近は旋盤仕事の比率が高くなってきたので、使えるようになってもらわないと困ります。

ってことでスパルタな雰囲気のもと、ほとんど何も教えずに製品を作りなさいという指令だけでやってもらいました。

で、出来てる製品がこっち。

200907011.jpg

なかなか良く出来てると思います。

いつもはけっこうていねいに教えるわたしですが、なぜほとんど教えなかったかというと、わたしもあんまり旋盤が得意ではないから
(*゚ー゚)

「旋盤そのもの」については教えず、「切削の理論(物理)」と、「思考のプロセス」にしたがえば、問題なく扱えるはずと説明して、あとは放置プレイです。

最初は困惑こそしていたものの、なんだかんだで出来るようになってきました。

200907012.jpg

そこそこ基礎が身についてきたってことなのかな〜。


あとは独立心を身に着けて、周りを引きずり回すくらいになってくれれば最終形態ですね。
posted by yoshiaki at 22:10 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。