2016年08月26日

「Misocaの急成長を作ったウェブマーケティングの秘密の話」のセミナーに行ってきました


これ。

https://misoca.doorkeeper.jp/events/50655


IMG_0205.PNG


Misocaさんは名古屋でフリーランス、個人事業主をターゲットにした「請求書作成サービス」を展開している急成長のIT企業です。

https://www.misoca.jp/


「名古屋だから味噌カ(ツ)」的なノリのミソカではなくて、大みそかとかのミソカです。

月末のことを「ミソカ」といって、12月のはスーパー月末なので大みそかなんですね。

月末(ミソカ)に締めて請求書を作ったりするところから、サービス名が決まったと聞きました。

ちなみ弥生会計の弥生は3月のことで、3月決算の会社が多いから「弥生」になったとか。


なにげに弥生とMisocaはグループ会社になってました。

https://www.misoca.jp/press/862

名前の決め方も近いし、良いんじゃないでしょうか。


私はかなり当初から弥生販売と弥生会計を使っており、Misocaさんのサービスを使っていないのでサービス内容の説明が出来ないのですが、昨日のセミナーで会ったスタッフの皆さんがとても良い人たちだったので、信頼できる良いサービスだと思います。

機能説明のページはここ
https://www.misoca.jp/tour

180円/通 で請求書の郵送までしてくれるらしいです。切手代とか、印刷費用とか、全部コミ。
(Misocaさんは、すごく儲からなさそう。私だったらプレミアムサービスも作りたいです。)


ウェブマーケティングの話をなかなか包み隠さず教えていただいて、たいへん勉強になりました。


どういう施策をとったら上手く行って、どういうキャンペーンが失敗したとか、登録率をあげるためのA/Bテストの具体例とか。

代表取締役の豊吉(とよし)さんが、泣きながら歯を食いしばって(?)ひたすらプレスリリースをとにかく送りまくったメールボックスの図とか、想像できて笑いました。

すごいコツコツと正統派の作業を積み重ねてやっているんだなぁ、というのが印象的でした。

これからも要注目の会社だと思います。

Misocaのみなさん、たいへん有意義なセミナーを行なっていただいてありがとうございました。



あ、この勉強会に参加した理由は、わたしのウェブサービスの http://sekasuku.com を盛り上げるためです。
念のため。

posted by yoshiaki at 11:46 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月23日

TOC思考プロセスのツリーがWebで作れるsekasukuがさらに使いやすく!



ログインしてちょっと話しているだけで勝手に論理的思考になって、ナウなヤングにばかうけな問題解決システム、sekasukuが使いやすくなりました。


Image3.jpg


http://sekasuku.com/project/138


上の画像だと、「人生何があるか分からない」 したがって 「35年ローンとか組む気にならない」

と十分条件のつなぎ方で読む約束なのですが、なぜか矢印線の向きを逆につないでしまう人が多かったので矢印線の横に「したがって」と表示して読みやすくなるように仕様変更しました。


以下はプレスリリース

http://press.sekasuku.com/2016/08/22/%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%80%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C/



いまは対立解消図の矢印線を逆に解釈してしまう人が多いようなので、対立解消図にも 「〜のためには」と表示されるようにしたいと思います。


注:

現在のsekasukuはかなりアーリーアダプター向けのシステムです。
プラス、弊社の社員のように、すばやく習得できるような賢い人向けです。

web06.png

初期のうちのユーザには、のちほど「〜番目のイノベーター」とか、「〜番目のアーリーアダプター」のような称号タグをシステムから付与しますので、レイトマジョリティの人たちに「わたしsekasukuのイノベーターなんだー」とでも言って自慢してあげてください。

posted by yoshiaki at 10:06 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作事例

2016年08月22日

HILLTOP(ヒルトップ)株式会社 | 京都宇治の試作屋さん に見学に行ってきました


3、4ヶ月くらい前に、丘の上さんに見学行かない?とまっどだいまるさんからお誘いがありまして、見学にうかがいました。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/436146677.html#comment

まっどだいまるさん、ありがとうございました。
とても勉強になり、帰りのクルマで社員さんたちといろいろマネしようと話しました。


見学に行ってきたところは、ここです。

HILLTOP株式会社さま http://hilltop21.co.jp/

ホームページに女子がけっこう顔出してますね。。。




このTV局は「人がいない工場?」「NCプログラマがすべて!」とかだいぶ勘違いしているようですけど。
そんなわけが無かろう。



製品や図面を写さなければ写真撮影が自由と言われたので、少し撮らせてもらいました。

IMG_9504.JPG  IMG_9506.JPG


アルミの加工に特化していて、特急モノ大好き!と言っていました。
「私たちが作り上げてきたシステムであれば、特急モノでも対応できるんです」と自信をもって言っていました。


なにしろ社内にアルマイト設備を持っています。

IMG_9508.JPG

アルマイトで下請けはせず、自分たちで加工したもののために使うそうです。
午前に受注、午後に加工完了、というスピード感で特急加工したものを大名商売のアルマイト屋さんに持っていって
「あー、急いで3日ね」
「そこをなんとか!」
とやってるのがイヤになって、アルマイト社内に持たへん?、よし持とう!となったそうです。

アルミに特化したからこその設備投資と言えますね。


機械加工に関しても面白くて、わりと新人さんでもNCプログラムが作れるように工具データベースやITシステムを充実させていて、経営者側がオシャカをちゃんと許容しています。

NCプログラムをミスって製品をオシャカにしたら、データベースにフィードバックをかけて、今回と、今後似たようなものが来てもオシャカ再発防止するんだ、と言ってました。

うちも似たようなものですが、失敗許容率がけっこう違うな、と思いました。

アルミの小物で複雑加工のものは材料費が安くて付加価値が高くて、再製作しやすいという利点があるから、そのフィールドの特性をうまく会社のシステムに活かしてる感じでした。


カフェテリアも充実。

IMG_9512.JPG  IMG_9509.JPG

これはなかなか儲かってますな!
posted by yoshiaki at 10:27 | 愛知 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事状況

2016年08月16日

エアコンがよく効くように


いままで10馬力のコンプレッサ(レンタルのヤツ)を工場の屋内に置いていたのですが、先日導入した屋外の20馬力のコンプレッサに切り替えました。

IMG_9477.JPG


これで急に工場内のエアコンが良く効くようになりました。

涼しい涼しい。


10馬力のコンプレッサは排気が何℃なのか分かりませんが、なかなか熱くて、エアコンの冷風を吸い込んで熱風に変換して吐き出すので、エアコンが常にMAXパワーなのにあんまり涼しくありませんでした。


コンプレッサを屋外に出すというのは良い選択でした。
20馬力のやつは、排気温度が85℃のようです。


ドライヤも付けてよかったです。
今まではカマタテクナスのウェルエアというのをつけてエア内の水分と油分を除去していました。

http://www.kamatatecnas.co.jp/

もちろんこれはこのまま使い続けるので良いのですが、これだけで水分除去をすると機械の近くでドレンが出てくるのでバケツ置いておかないといけないんですよね。

たまに一杯になってるの忘れて溢れたり。

ドライヤで予め水分をある程度とっておくと、工場内の管理がラクです。


オイルフィルタもつけたので、とても清浄なエアが出るようになりました。

http://www.kuroda-inter.co.jp/products/?id=1288252193-206774&ca=7&p=1


これで光学スケールが入ってるDMG DMU80が調子良くなると思います。


とりあえず涼しくて快適です。

posted by yoshiaki at 12:31 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事状況