2019年08月21日

お仕事くださいシステム 2019年08月21日版


今週も「お仕事くださいシステム」を更新します。


コメント 2019-08-21 115128.png


お見積りご依頼はトップページからが便利です。




8月末の納期物件は、もう難しい状況です。
9月前半の納期物件は、要相談ですが、対応可能です。
9月後半の納期物件は、予定があまりありませんので、ぜひお仕事のご依頼をお願いいたします。




シマダ機工[マシニング加工.com]は、お客さまが機械部品を外注から調達するストレスをWin-Winで無くす<外注>です。


sekasuku_project445_2019-08-21-1735.png



設備投資や人材育成をしないで利益をあげたい会社さま、社内が仕事で溢れかえっている会社さま、ぜひ、シマダ機工[マシニング加工.com]の採用をご検討ください。











posted by yoshiaki at 13:03 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

お仕事くださいシステム 2019年08月07日版


今週も「お仕事くださいシステム」を更新します。


コメント 2019-08-07 095507.png


お見積りご依頼はトップページからが便利です。



8月中はけっこういっぱいになっていますが、9月の後半以降はまだ予定があまりありませんので、ぜひお仕事のご依頼をお願いいたします。






以下、当社HPより引用

================================================================

シマダ機工 [マシニング加工.com]でも<外注>をよく使っていますが、<外注>から「これは出来ない」、「価格が合わない」、「納期に間に合わない」、「CADは読めないので鮮明な紙図面がほしい」と言われてストレスを感じることが多いです。

小規模な取り引きでもストレスを感じるので、大きな取引量のお客さまが<外注>を使うときのストレスは相当なものだと思います。

お客さまと<外注>では会社組織が違っており、 " お客さまが儲かれば外注は儲からず、外注が儲かればお客さまは儲からず " の利害不一致関係になっています。これが<外注>が怠慢に見えてしまい、ストレスが発生する要因の1つになっています。

<外注>はお客さまと利害を一致させて、お客さまに儲けつづけてもらわなければ自分も仕事が無くなることは明白なのに、きちんと意識していないと分からなくなってしまいます。

お客さまは 「しっかりとした仕事をして社会に貢献していきたい」 と思っているにもかかわらず、<怠慢な外注>に毎日の仕事を邪魔されています。

================================================================





シマダ機工[マシニング加工.com]はTOC (制約理論)という問題解決ツールを背景にして、お客さまが機械部品を外注から調達するストレスをWin-Winで無くす<外注>です。



今までお取り引きのない会社さまも、ぜひ、シマダ機工[マシニング加工.com]の採用をご検討ください。











posted by yoshiaki at 10:09 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

お仕事くださいシステム 2019年08月01日版

お久しぶりに「お仕事くださいシステム」を更新します。


コメント 2019-08-01 154354.png





お見積りご依頼はトップページからが便利です。





おかげさまで大変たくさんのお引き合いをいただいております。

シマダ機工は

お客さまが機械部品を外注から調達するストレスをWin-Winで無くそう

という気概をもって以下のような体制で仕事をしています。





お客さまのお役に立てる自負があるので、困っているお客さまを見かけると「何とか手伝うことはできないか」と考えるのですが、社内の加工設備だけでは対応しきれないこともしばしばあります。


社内にある設備でやることにこだわって出来ることに制限をかけてしまうと、解決できたはずの問題にも制限をかけてしまうことになります。



シマダ機工はわけあって生産技術の能力が高い(と自負しています)ので、技術サポート、スケジュールと品質などの管理体制はシマダ機工がしっかりと面倒をみて、協力会社さまと連携してお客さまの部品調達をお手伝いするという感じで行きます!



引き続きよろしくお願いいたします。
posted by yoshiaki at 15:49 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

M56ピッチ2の右ねじと左ねじをスレッドミルで








大きいネジの話は、たびたび話題にしてますね。



M48ネジきり
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/282661840.html

これはtwitterにアップしてある写真と同じ製品(ねじサイズ違い)を旋盤でやったときの記事ですね。
四角いものを四つ爪チャックでつかんでネジ切りです。



M36 P4.0のネジ切り
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/414655905.html

タップ有るならタップで加工せーよと言われそうですが、タップホルダーがM30までしか対応してないのとHSK A63主軸のビルトイン主軸のマシニングではトルク不足なので、、、。




手砥ぎなプラネットタップ
http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/211937876.html

これは手研ぎの工具と手編集NCプログラムで欲しい製品を無理やり作るという荒業です。
こういう話は最近はあまり来てくれませんね。






今回のは右ねじと左ねじを両方加工していたのですが、1本のスレッドミルで両方とも出来ちゃうし、CAMでサクサクプログラム作れるのでラクですね。


汎用旋盤でやるってことは、もう無いでしょうね。





posted by yoshiaki at 06:30 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 製作事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする