2018年12月31日

今年もありがとうございました 2018年



シマダ機工は 2018年12月28日(金) から 2019年01月06日(日) までお正月休みをいただいております。


お客さま、社員さんとそのご家族のみなさま、協力会社のみなさま、おヨメさま、わたしの家族のみなさま、関係者さま、今年も1年ありがとうございました。



恒例の、去年の締めのあいさつ記事も紹介しておきます。

http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/456075567.html




2018年は本当にいろいろあって「会社経営ってたいへん〜」と思いましたが、なんとか乗り越えたという感じがします。

片足がまだ乗り越えてないような感じですが。


今年は補助金の申請、社員の求人採用、社員の退職、経営システムの再構築など、経営者としての仕事のボリュームが非常に多かったため、わたしがかなりバタついていました。


ブログ記事もあまり更新できず、楽しみにされている方には申し訳なく思います。


またほとんど加工の現場にいなくて事務所にこもっていたので、ちょっと社員さんとのコミュニケーションが不足してて「社長っていつもなにやってるんだろう?」状態になっていたように思います。


来年の2019年はコミュニケーションはしっかりとりつつ、社員さんにはもっと権限を移譲していくようにこちらに従って( http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/437618022.html )組織化を進めたいと思います。



私自身は機械設備を担当して加工することがほぼなくなってしまいましたが、昔のブログのように加工の技術とかの話題も復活させたいですね。



社員さんの加工しているところを後ろから隠し撮りするか、社員さんにもブログを運用してもらおうかと思います。




さて、恒例の書き初め振り返りをしましょう。


2018年の年初の書き初めは 初心 と書いていました。


IMG_4569.JPG


2018年はあんまり 初心 という感じではなかった気がします。

「落ち着け」とか「信念に従え」とかが似合ってたかも。

2019年の書き初めには 初心 はすごく向いてそうな予感がします。





今年は事務所でのイノベーションがたくさん見られた年でした。


シマダ機工はマニアックな加工技術は無いものの、マシニング加工についての基本はしっかり押さえられていて、技術力は高めだと思います。


ただ、お客さまはいつも最高の製品が欲しいと言っているわけではなくて、お客さまのほうでしっかりと部品が機能すれば良いので「リーズナブルな製品」(適切な品質のものを、適切な価格で、適切なタイミングで)を求めています。(と信じています)


「いいもん作ってりゃ、なんとかなる」という技術至上主義では、お客さまが求めている状況に到達するのは、なかなか難しいです。


したがって、シマダ機工は何年も前から

「流出不良をどうやって無くすか」

「どうやって価格設定するか」

「どうやって混乱なく納期に間に合わせるか」

など、現場も事務所も社員みんなで激論をかわして、組織運営や生産管理など、加工技術に比べるとあんまりブログ映えしない話題のマネジメント分野に注力して改善を図ってきました。


その結果として、こういうものを導入したりしてます。

「事務所がCIC(戦闘指揮所)みたいになりました」 http://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/456404134.html


ソフトウェア自体はかなりクセがあって使いにくいですが、弊社の優秀な情報技師たちによって上手く運用されて、お客さまにご迷惑をかけることが少なくなりました。

また社内に抱えている仕事量がリソースグラフで誰にでもパッと分かるように見える化されたので、納期に間に合わせるための無理な残業も無くなり、良い仕事ができるようになりました。




情報技師の仕事は、会社を良くするために超重要。


そんなことが実感できた年でした。





私のライフワークの、世界を救う sekasuku ( https://sekasuku.com ) プロジェクトはシマダ機工が忙しすぎたため、サービス開発に割いているよりはユーザとして問題を解決するために使っている時間のほうが長くなっていました。(それはそれで良かった)

はやくPMFを達成して、皆さんに恩返しがしたいと思います。



では、今年もありがとうございました。


みなさま良いお年をお過ごしください。



posted by yoshiaki at 21:38 | 愛知 ☁ | Comment(2) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

シマダ機工[マシニング加工.com]通信



先日、 「 シマダ機工[マシニング加工.com]通信 11月号 」 というメールマガジンを配信してみました。


今まで弊社やわたし(嶋田)個人とメールのやり取りをされていて、アドレス帳からいかにもこれは違うだろという人を除いてから一斉配信ソフトを使って配信という、ちょっとスパム気味なやつです。


InkedIMG_0930_LI.jpg



添付ファイルなどはつけずに読んで欲しい資料へのリンクを貼るタイプで、メールサーバの負荷的には親切な感じにしておきました。



いちおう閉鎖的なコミュニティなので、ブログでは内容を伏せさせていだだきます。


閉鎖的なコミュニティなのでブログには書かないような私的なことも書かせていただき、だいぶ好意的に受け止めていただいたようで、励ましのお便りも何件かいただきました。


ありがとうございます。



このメールマガジンを送った意図としては「うちのこと、忘れないでね」ということと、昔にちょっと仕事をしてみたけど当時では弊社が至らないことが多くて継続顧客とならなかったところに、弊社もアップグレードしました〜というのを知ってほしかったからです。



今後も月に1回以上は配信していこうと思います。


もし読みたいよ、というかたがいらっしゃいましたら、


sales アットマーク shimadakiko.com


にお名前とコメントを添えてメールを送っていただけましたら、審査して配信リストに加えさせていただきたいと思います。






posted by yoshiaki at 13:06 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

5軸を操作できるオペレータの増強計画



弊社に1台しかない5軸マシニングセンタ、DMG DMU 80T。


かなり使いにくい機械ではありますが、されど5軸なので仕事が集中してボトルネックになりやすい設備です。


「ボトルネック」


よく使われる言葉ですが、これほど理解されずにまことしやかに使われる言葉もあまりない。

ただしいボトルネックと、その正しい解消方法はこちらです。


TOC思考プロセスとの出会い編 (3) シマダ、会社でTOCを使うってよ




というわけで、

 2.ボトルネックを「徹底活用する」 


を実行するために使える人を増やそうと複数人のトレーニングを開始しました。

いちおう全員がひと通りさわれるようにしていきたいです。


DtKavs6VYAALkkB.jpg



操作パネルの使いにくさ、エラーメッセージの多さにトホホ感がありますが、「ハイデンハイン、ドイツ人の気骨とはこういうものだ!」と体育会系で身体に覚え込ませます。


わたしも3年ぶりくらいに触りましたが、操作方法をあんまり覚えていませんでした。

あまりの使いにくさから、3年前に書き記しておいた秘伝のマニュアルを読みながら「どうやるんだっけ?」と言いつつ、最近触った社員さんに使い方を教えてもらいつつ、初学者に教えていくという謎なトレーニングとなりました。


ちゃんと理解して動かせるようになるには1ヶ月くらいはかかるかな。。。。




機械が古くてあんまり良い動きはしないので、5軸ぜんぶを同時に動かすような加工はしないで控えめに。






横型の5軸マシニングセンタが欲しいな。。。







posted by yoshiaki at 18:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

白銅さんからAMS4911の 6Al-4V-Ti (64チタン)の 切板 が買えるようになるみたい



白銅さんからチラシがFAXで届いてました。


20181114121247304.pdf



うちは良く64チタンを加工するのですが、お客さん支給の材料がピッタリしかくれないので不良にしたときは再支給してもらうのがとても負担だったので助かります。

いままでは 丸棒 は取り扱いが有ったのですが 切板 は海外から輸入しないといけなかったんですよね。
AMS 4911の規格というのも航空のほうにそのまま使えそうなのでポイント高いです。




AMS 5662のInco718丸棒も取り扱いが始まるようです。

丸254mmまであるようなので、これはなかなか。




posted by yoshiaki at 13:45 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 仕事状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする